ここから本文です
日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
降り積もる深雪(みゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄々しき人もかくあれ

書庫全体表示

イメージ 1
1月12日、平安時代の貴族社会の成人儀礼にのっとり新成人を祝う「成人加冠式」が國學院大學で行われた。



(動画は昨年のものです)


すめらぎいやさか。
拙ブログヘお越しくださり感謝を申しあげます。

平成最後の成人式より一週間が過ぎました。新成人の方々は大人の仲間入りをし、地域社会の一員として決意も新たにされていることでしょう。
冒頭の画像は平安時代の貴族社会の成人儀礼にのっとり新成人を祝う「成人加冠式」のものです。
國學院大學は明治15年創立、有栖川宮幟仁親王は、初代総裁として就かれました。皆さんご存じのように明治維新後、わが国のなすべきことは、世界の先進国に追いつくことでした。欧米諸国の思想、文化、体制の多くを導入しましたが、しかし、導入が急ぐあまり、欧化万能の風潮が日本全土を覆い、日本古来の思想・文物が顧みられない状態となりました。わが国が独立を全うし、国家の発展を将来に期するためには、思想も文化も体制も、単に欧風の模倣でなく、わが国の歴史・民族性に基づくものでなければならないという気運が興り、國學院大學の母体である皇典講究所は、このような反省の気運を背景として創立されました。教育勅語が渙発されたこともこの欧米万能の風潮に明治天皇が日本人の精神、人の道を示されたものです。

國學院大學「成人加冠式」についてシブヤ新聞さまが詳しく報じられていますので以下に引用します。

国学院大学ならではの行事で成人を祝いたい」という学生の発案で2007年に始まり、神職の養成を目的にしている同大神道文学部主催で毎年1月に行っている同行事。今年は新成人の男子27人、女子27人の計54人の学生が、卒業生の神主たちから寄付された衣冠や狩衣(以上男子)、斎服や正服(同女子)などの装束姿で参列した。


 式の中心となる「加冠之儀」では、加冠役である教職員が学生の頭部に冠や烏帽子(えぼし、以上男子)、釵子(さいし)や額当(ぬかあて、同女子)と呼ばれる装飾具を着装。成人の装束を完全に身にまとった姿となった学生たちが校内の神殿に移動し、誓詞を奏上し玉串を拝礼した。「祝賀之儀」では、ボランティアの在学生たちによる神楽舞などが披露された。

 同学部の和田有司さんと宮川周子さんは「神職を目指している」ことから、神道の行事である同式の「機会を逃したくない」と参加を決めたという。式を終え、「大人への一歩を歩めたという気持ち。今回着た衣装は身分を与えられなければ着ることができないので、貴重な経験となった。より神職になることへの憧れが強まった」と宮川さんは振り返る。

 5月に元号が変わることから、平成最後の成人となる。和田さんは「偶然ではあるが、こうして平成最後に新成人となったのは非常にうれしい。また違う元号になるので、新しい気持ちですがすがしく生きていきたい」と話した。

 大人の仲間入りとなるが、「人をだまさない。お金を盗まない。嘘をつかない。人を悲しませない。こういった親から学んだことを今後も守っていきたい」(和田さん)、「助け合いの心を忘れず、新成人として頼られる存在になれるように、少しずつ大人に近づいていけたら」(宮川さん)と誓いを立てた。
わが国は世界最古の歴史を誇り、世界最古にして、最長の皇室をいただく比類なき國です。日本に住みながら自国の歴史や文化を知らない方々が増えています。先人の文化に触れることは、自らのルーツを知ることです。学業に励み、先人を顕彰している成人の方々もいることは頼もしくおもいます。


  • ご卒業おめでとうございます。
    素晴らしい言葉です。
    「人をだまさない。お金を盗まない。嘘をつかない。人を悲しませない。こういった親から学んだことを今後も守っていきたい」

    この言葉は隣国では正反対な所業です。

    散位 アナリスト杢兵衛

    2019/1/20(日) 午後 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    さすが國學院です。

    ナイス

    保守の会会長 松山昭彦

    2019/1/22(火) 午前 9:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事