ここから本文です
日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
降り積もる深雪(みゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄々しき人もかくあれ

書庫神社のお話

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



すめらぎいやさか。

少欲知足とは、文字の如く「欲を少なくして、足るを知る」ことです。
足るを知らず、今に満足できず、森羅万象に感謝せず、嫉み、喧嘩、闘争ばかり繰り返しています。
物質が豊かになればなるほど人の心は豊かになれず荒んでいきます。
満たされれば満たされるほど、また新しい欲を生み、そんな欲は人に「不平不満・愚痴・文句・悪口」を言わせ、欲があるから、人は不満をいい、心が乱れ、世の中は乱れていきます。
かっての日本人はとりわけ明治以前の日本人は心が豊かでした。
欲を少なくし、今持っているものに満足し感謝し、生活していました。
世界屈指といわれた大都市「江戸」は数次の大火に遭いながらも人々はすぐ立ち上がり歩きました。当時の江戸は世界一と言われた治安と識字率に比例するように繁栄を極め、二百数十年に及ぶ泰平の世の中が続いたことは皆さんご存じでしょう。
筆者をはじめ現在を生きる現代日本人は大小に関わらずテレビや戦後の影響をうけています。テレビの時代劇を見て育った今の日本人は、西洋の文物が流入する以前の江戸時代は、いたるところに悪代官や悪徳商人がいて、民衆はしいたげられ、街角では辻斬り、盗賊、放火などが行われてた野蛮な犯罪の多い時代、暗黒な時代というイメージをもっているかもしれませんが、よく調べてみると、それはまったくのフィクションで、実際にはとても平和な時代で、本当の意味においても幸せな時代であったのです。
わが国では元禄三年当時になる1690年から1692年にかけて日本に滞在したケンペル(ドイツ人)は、「この民は、習俗、道徳、技芸、立居振舞いの点で世界のどの国民にも立ちまさり、国内交易は繁盛し、肥沃な田畠に恵まれ、頑健強壮な肉体と豪胆な気象を持ち、生活必需品はありあまるほどに豊富であり、国内には不断の平和が続き、かくて世界でも稀に見るほどの幸福な国民である」と記しています。
たとえば、花魁も現代の日本人の感覚では花魁は高級娼婦のように言われていますが、読み書きソロバン、あらゆる稽古事を身につけた人間性の良い女性はトップを極めました。二十五歳を越えると花魁は卒業しなければならないしきたりがあります。
躾、教養がある花魁は武家の妻や大名の妻になった女性もいます。
これらも今日語られることもありません。
今日の貨幣経済ではなく、米経済が物流の根幹を担っていたこともあり、蓄財
できないシステムもさることながら、当時の日本人は人としての「教養、見識」が今日の日本人と比肩できないほど豊かでしたした。
なぜならば、江戸の民は、いろいろな物を欲しがらず、現在の状態で満足し、欲望を全て、消してしまうのではなく、欲張らないで、与えられた現実を素直に受け入れ生活していました。
我々日本人は太古の昔より連綿と繋がる「やまとのこころ」を失わず明治以降の白人支配の価値観を捨て、「日本人が日本に帰る」秋がきています。


イメージ 1



イメージ 2


天皇彌榮(すめらぎいやさか)
拙ブログへお越しくださり感謝をもうしあげます。


日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
わが国は春夏秋冬の眺めの”美しい国”です。
山や川や海のきれいな国です。このよい国に私たちは生まれました。
戦前まで我々の先人はわが国をこのように形容しました。
四季の移りかわりに敏感に反応しながら生活のいとなみを続けてきた私たちの祖先は、農耕民族として太陽や雨などをはじめ、自然の恵みは、何よりも大切にしました。
自然界に起こる様々な現象、天変地異、それを神さまの仕業として畏(おそ)れ敬(うやま)ったことに信仰の始まりがあります。そして自然をつかさどる神々は、私たちの生活のすべてに関わる神として、人々に崇(あが)められるようになったのです。


【延喜式神名帳】佐地神社 丹波国 氷上郡鎮座 
【現社名】佐地神社
【住所】兵庫県丹波市青垣町小倉575
北緯35度15分1秒、東経134度59分11秒

【祭神】天宇受売命
主祭神の天宇受売命(あめのうずめのみことト)は、「岩戸隠れ」のくだりなどに登場する芸能の女神。
【例祭】10月8日 例大祭
【社格】旧県社 
【由緒】和銅3年(710)7月坂上田村磨神勅を奉じ社殿造営
    明和4年(1767)4月9日造営
    明治5年2月郷社
    明治45年3月31日神饌幣帛料供進社指定
    大正11年11月県社
【関係氏族】
【鎮座地】当初鎮座の地不詳
 その後現在の地に
【祭祀対象】
【祭祀】江戸時代は「神樂大明神」「志牟良大明神」と称していた
【社殿】本殿流造銅板
    拝殿・社務所
【境内社】 

イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14




イメージ 16




イメージ 15



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22




イメージ 23



イメージ 24



イメージ 25



イメージ 26



イメージ 27



我々の祖先は皇室を中心として実に素晴らしい国づくり、地域づくりをしてこられました。現在の日本人には考えも及ばないものです。
祖先が残してきたすべてのもの、文化、慣習を時代につなぐことが不遜になってしまった現代日本人に一番求められています。
神道にはキリスト教、イスラム教などのように教典や、教義、絶対神はありません。しかし、日本全国津々浦々に神社があり、異なる神を崇め、祀っています。他の地域の神を貶(けな)したり、除外することなく日本人は共存共栄をはかり「和」を尊んできました。
穢れを嫌い、寛大、正直、なこころは連綿と受け継がれてきたものです。
穢れなきこころ、清きこころ、明るいこころは、過去、現在、未来、清明心は継承されていきます。
何も足さず、何も変えず、ありのままを後世に伝えて行く、民族の魂を・・
日本のこころが神社にあります。

天皇彌榮(すめらぎいやさか)
イメージ 1






イメージ 5






イメージ 2






イメージ 3



天皇彌榮(すめらぎゐやさか)
拙ブログへを越しくださり感謝をまうしあげます。


日夲よゐ國、きよゐ國。 世界に一つの辰淋◆
わが國は春夏秋冬の眺めの”美しゐ國”です。
山や川や海のきれゐな國です。此よゐ國に私たちは生まれました。
戰前まで我ゝの先人はわが國を此やうに形容しました。
四季の移りかわりに敏感に反應しながら生活のゐとなみを續けてきた私たちの祖先は、農耕民族として太陽や雨などをはじめ、自然の惠みは、何よりも大切にしました。
自然界に起こる樣ゝな現象、天變地異、それを辰気泙了填箸箸靴動據覆鬚宗砲豬鼻覆Δ笋沺砲弔燭海箸某仰の始まりがあります。而して自然をつかさどる叩気蓮∋笋燭舛寮験茲里垢戮討柾陲錣譖辰箸靴董⊃諭気某髻覆△)められるやうになつたのです。



イメージ 4





イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8





イメージ 9





イメージ 10





イメージ 11





イメージ 12





イメージ 13





イメージ 14





イメージ 15





イメージ 28





イメージ 16





イメージ 17





イメージ 18





イメージ 19





イメージ 20





イメージ 21




イメージ 22





イメージ 23





イメージ 24





イメージ 25





イメージ 26







イメージ 27

我ゝの祖先は皇室を中心として實に素召蕕靴靨△鼎り、地域づくりをしてこられました。現在の日夲人には考へも及ばなゐものです。
祖先が殘してきたすべてのもの、文化、慣習を時代につなぐことが不遜になつてしまつた現代日夲人に一番求められてゐます。
弾擦砲牢霪超機▲陬好薀犇気覆匹里笋Δ剖掬気筺教義、絶對辰呂△蠅泙擦鵝J擦掘日夲全國津ゝ浦ゝに端劼あり、異なる辰鮨鬚瓠≪つてゐます。他の地域の辰鳰福覆韻福砲靴燭蝓⊇外することなく日夲人は共存共榮をはかり「和」を尊んできました。
ハロウヰンで騷ゐでも新嘗祭を知らず、クリスマスんゐ傾注しても日夲地辰鮹里蕕覆陝
日夲人が日夲の文化を知らず、建國の理念を知らなゐ、そんな日夲人でよゐのでせうか?
穢れを嫌ゐ、寛大、正直、なこころは聯綿と受け繼がれてきたものです。
穢れなきこころ、罎こころ、明るゐこころは、過去、現在、未來、飜誠瓦繼承されてゐきます。
何も足さず、何も變ゑず、ありのまゞを後世に傳ゑて行く、民族の魂を・・


天皇彌榮(すめらぎゐやさか)






イメージ 1






イメージ 24



天皇彌榮(すめらぎいやさか)
拙ブログへお越しくださり感謝をもうしあげます。


日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
わが国は春夏秋冬の眺めの”美しい国”です。
山や川や海のきれいな国です。このよい国に私たちは生まれました。
戦前まで我々の先人はわが国をこのように形容しました。
四季の移りかわりに敏感に反応しながら生活のいとなみを続けてきた私たちの祖先は、農耕民族として太陽や雨などをはじめ、自然の恵みは、何よりも大切にしました。
自然界に起こる様々な現象、天変地異、それを神さまの仕業として畏(おそ)れ敬(うやま)ったことに信仰の始まりがあります。そして自然をつかさどる神々は、私たちの生活のすべてに関わる神として、人々に崇(あが)められるようになったのです。



イメージ 2



所在地   姫路市豊富町神谷2012
主祭神    応神天皇                   
由 緒
  当社は古の「陰山の里」豊富町東部に位置し、岩屋地区の氏宮、主祭神は誉田別命、脇神に大年神、 建御雷之男神が祀られている。当神社についての古文書(由緒)は、見当たらないが、古老の説として伝えられている内容は、古くから豊富町神谷字五明山側の丘陵地に鎮座されていたが、天保中期、降り続く大雨により山の地肌が崩落し、本殿は倒壊した。当時、村民は打ち続く天災で、神社の再建もおぼつかなく放置せざるを得なきころ、見かねて加西郡中野村三宅忠蔵氏が大工民部大夫藤原治兵衛家基氏の協力を得て、私財を投じて現在地に移設建立。天保15年(1844)甲辰9月吉日。三宅忠蔵氏は加西郡中野村の住人であったが、現在その土地には生家がなく、浄土宗南帝山清慶寺住職は、忠蔵なる人物を評して曰く、「当人は大地主で、生来慈悲心篤く又、神仙に対する信仰心も深く、生前残した功績は目覚しいものがある。当山もその一つで、特に岩屋付近にも私有地が多くあったと記録されている」と。
崇敬心篤い人々によって維持されてきました。築後103年、老朽化に伴い、昭和22年(1947)丁亥5月3日神域を拡張して改築、平成18年新築。付近に姫路セントラルパーク(娯楽施設)があります。



イメージ 25





イメージ 3




イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8





イメージ 9




イメージ 10






イメージ 11





イメージ 12





イメージ 13





イメージ 14





イメージ 15





イメージ 16





イメージ 17





イメージ 18





イメージ 19




イメージ 20





イメージ 21




イメージ 22





イメージ 23



我々の祖先は皇室を中心として実に素晴らしい国づくり、地域づくりをしてこられました。現在の日本人には考えも及ばないものです。
祖先が残してきたすべてのもの、文化、慣習を時代につなぐことが不遜になってしまった現代日本人に一番求められています。
神道にはキリスト教、イスラム教などのように教典や、教義、絶対神はありません。しかし、日本全国津々浦々に神社があり、異なる神を崇め、祀っています。他の地域の神を貶(けな)したり、除外することなく日本人は共存共栄をはかり「和」を尊んできました。
穢れを嫌い、寛大、正直、なこころは連綿と受け継がれてきたものです。
穢れなきこころ、清きこころ、明るいこころは、過去、現在、未来、清明心は継承されていきます。
何も足さず、何も変えず、ありのままを後世に伝えて行く、民族の魂を・・


天皇彌榮(すめらぎいやさか)

播磨乃國「河上神社」

イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5


天皇彌榮(すめらぎいやさか)
拙ブログにご来訪くださり感謝を申し上げます。

日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
わが国は春夏秋冬の眺めの”美しい国”です。
山や川や海のきれいな国です。このよい国に私たちは生まれました。
戦前まで我々の先人はわが国をこのように形容しました。
四季の移りかわりに敏感に反応しながら生活のいとなみを続けてきた私たちの祖先は、農耕民族として太陽や雨などをはじめ、自然の恵みは、何よりも大切にしました。
自然界に起こる様々な現象、天変地異、それを神さまの仕業として畏(おそ)れ敬(うやま)ったことに信仰の始まりがあります。そして自然をつかさどる神々は、私たちの生活のすべてに関わる神として、人々に崇(あが)められるようになったのです。
神社こそがわが国柄を表し、我々の祖先の生き様を今日に伝えるものと筆者は確信します。
幾十代もの我々の祖先と同じ神を祀り、神事を継承し、変わることのない鎮守の森は祖先と同じ景色を見ているのです。
我々の祖先の「清明心」は神社に詣で、そのこころを子孫にもうしおくってきた精華といっても過言ではないでしょう。

今回ご紹介させていただく河上神社は兵庫県のほぼ中央、兵庫県加西市畑鎮まります。
創建、由緒は不明ですが、拙記事、播磨乃國「ゆるぎ岩」播磨乃國「高峰神社」 
とほとんど隣接しており、往古の昔より信仰を集めていたことがわかります。河上神社は、稲荷社として大昔から勝負の神様として祭られてきました。河上神社には、たくさんの赤い鳥居をくぐって境内に入ると二つの名高い巨岩があります。一つはご神体となっている岩で、京都伏見稲荷神社とともに巨岩がご神体になっていることで有名です。もう一つは、境内にある鏡岩と呼ばれる岩です。その名のとおり、まわりの景色が、岩の表面に鏡のように映るという不思議な岩です。なお、横から光が入らないように手をかざしてのぞき込むのがポイントです。筆者ものぞきこんできましたが、周囲の景色が映りこんでいました。


イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8







イメージ 9





イメージ 10






イメージ 11





イメージ 12
巨石がご神体です。




イメージ 13
鏡石





イメージ 14
鏡石





イメージ 15





イメージ 16





イメージ 17

我々の祖先は皇室を中心として実に素晴らしい国づくり、地域づくりをしてこられました。現在の日本人には考えも及ばないものです。
祖先が残してきたすべてのもの、文化、慣習を時代につなぐことが不遜になってしまった現代日本人に一番求められています。
神道にはキリスト教、イスラム教などのように教典や、教義、絶対神はありません。しかし、日本全国津々浦々に神社があり、異なる神を崇め、祀っています。他の地域の神を貶(けな)したり、除外することなく日本人は共存共栄をはかり「和」を尊んできました。
穢れを嫌い、寛大、正直、なこころは連綿と受け継がれてきたものです。
穢れなきこころ、清きこころ、明るいこころは、過去、現在、未来、清明心は継承されていきます。
何も足さず、何も変えず、ありのままを後世に伝えて行く、民族の魂を・・
日本のこころが神社にあります。

天皇彌榮(すめらぎいやさか)





イメージ 18
所在地地図

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事