Z旗

各員一層奮励努力せよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

『瑞泉寺』の『山門』前で写真撮影を一旦、止め、『本堂』に向かいました。
ここで『本堂』に向かわず、『本堂』裏にある『庭』を観に行きました。

〜以下『るるぶ鎌倉 '07〜'08』から抜粋〜
本堂裏に岩盤を巧みに削り、天女洞、池、中島など、庭の約束事を全て備えた夢窓疎石作と伝えられる池泉式庭園がある。かつては草木に埋もれていたが、昭和44年に古図面を基に復元。

この庭園、京都にある寺院の庭園とは少し趣きが違います。

そして最後に『本堂』へ(画像1枚目)。
画像でもわかりますが、左側は多分、梅ですよね。
梅の時期に来れば、また紅葉とは一味違った『瑞泉寺』の魅力を味わえるかも知れません。

『瑞泉寺』には1時間位いましたが、相当楽しめましたよ。
これで拝観料¥100-は安い!
これは帰って来て知ったのですが、『瑞泉寺』は別名『花の寺』として有名らしいです。

『瑞泉寺』を後にして、本日最後の目的地は『覚園寺』です。
まずは『鎌倉宮』まで戻ります。
そして今度は『鎌倉宮』に向かって左の道を歩いていきます。
約10分で『覚園寺』に到着です。

『覚園寺』の詳細は割愛。

紅葉を楽しむには若干遅かったですね〜。
終わりかけていました(画像2枚目)。
この『覚園寺』、後で『るるぶ』を見たら『拝観料¥300-、参拝の目安60分』って書いてあるんですよ。
わたくし、お金も払ってませんし(わたくしの後から来た人達も払ってませんでした)、参拝に60分も必要ないと思ったのですが・・・。
もしかして、奥があったのかな〜?
ちょっと謎です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事