Mellowの時々パソコン

いつもパソコンの仕事があるわけじゃないので、色々なテーマで書いてます(^_^;)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

暖かくなったので、少々遠出して長柄町のずっと奥の「かなうち」という、評判のお蕎麦屋さんに行ってきました。 片田舎の普通の民家という感じです

イメージ 1

玄関を入った所。山形県のそば粉を使っているそうです。1日25食の限定販売。
イメージ 2


立派な天然木の座卓が3〜4個と、少々場違いの白い欧風のダイニングテーブルがありました。

板蕎麦と天ぷらを注文しましたが、サービスだということで先ず蕨のお料理等が出てきました。
イメージ 3

写真が暗くて判り難いですが、山形で採れたという蕨の一本漬けと煮物。
お茶は山形産のえごま茶。上のほうにちょこっと映っているのは、地元の高菜漬けと蕎麦のフライ。
どれも普段は食べられないような贅沢な食材です。
店主の蕎麦職人の方が、テーブルまで挨拶に来ました。山形訛りの、大人しくて謙虚そうな方です。

注文した板蕎麦と天ぷらです。十割蕎麦です
イメージ 4

天ぷらはルッコラとタラの芽と菜花とカボチャ。こだわりを感じる取り合わせです。
小さめだけど海老天も2つ入っていました。
十割蕎麦なのに最後まで艶やかで美味しかったです

昼間だけの営業で、水・木・金が定休日。 予約必須です。0475-35-1988



帰りがけに、夫の用事でリソル生命の森に寄りました。
トリニティの前にそびえる早咲きの桜。見事です!

イメージ 6


梅はもう殆ど終わっていましたが、正面玄関前の紅白の梅はまだ綺麗でした。
イメージ 5


この記事に

開く コメント(4)[NEW]

近所の河津桜

近所の空き地に河津桜を発見!
歩いて5分程度の場所なのに、今まで気が付かなかった・・・
何年前からあるのだろうか。小さめだけど姿がいい木が数本ありました。

イメージ 1

ソメイヨシノとはまた違った、ソフトな感じの花びらが青空に映えてとても綺麗

イメージ 4


イメージ 2

少々遅咲きなのかな?9分咲きくらいでした。また明日も見に行きたいです
でもこのところ風が強いから、明日はどうかな・・・?
河津桜の名所には行けませんでしたが、ともかく近所で花見ができてラッキーです


立派な河津桜の足元にも及びませんが、我が家の枝垂れ梅もやっと咲きました

イメージ 3

この記事に

開く コメント(4)

大学の同窓会

毎年この時期に、千葉県在住の卒業生の同窓会が開かれます。全年齢対象です。
今年は役員からも解放されて、気楽に参加できました

講演者は歴史学者の山岸良二先生。「世界一受けたい授業」等、多数のテレビ番組にも出演されています。 「日露戦争と習志野をめぐる人々」というテーマで、秋山好古、大山巌、山川(大山)捨松等の興味深いお話をしてくださいました。
イメージ 1

大山巌・捨松夫妻が、英語で日常会話をしていたという事実には驚きました。それぞれの出身地の鹿児島弁と会津弁を理解するのが難しかったからだそうです。

あと、ロシア兵の俘虜(捕虜)たちが、日本で手厚く扱われていたということも意外でした。
こういった手厚い処遇は第一次大戦中のドイツ兵俘虜に対しても同様で、神戸の俘虜収容所にいたユーハイム氏はそのまま日本に残り、有名なバームクーヘンの製造販売を行うことになります。
捕虜という呼び方はせず、敬意をもって俘虜と呼んでいたそうで、第二次世界大戦中の日本とは随分違いますね。

講演後に思い切って、以前から気になっていた明石元二郎についてお尋ねしてみました。
日露戦争時に、ロシアの反政府グループに多額の資金援助等をして、ロシア政府を内面から揺るがして、戦争を日本に有利になるよう画策した人です。第一次ロシア革命(血の日曜日事件)を引き起こした人とも言われているようです。
山岸先生によれば、「ロシアに負けない戦い」をするために、明石氏の「スパイ活動」以外にも、金子堅太郎がハーバードの同窓だったルーズベルト大統領に和平の仲介を依頼したり、高橋是清が戦費調達のため英国に国債の発行に行ったりと、戦地以外の裏側で色々な工作をしていたということで、驚くばかりでした。

私の拙い質問に丁寧に答えてくださって、感謝です! 一緒に写真も撮って頂きました
イメージ 2


この日は船橋の民俗芸能「ばか面おどり」も披露されて、とても楽しい時間を過ごしました
イメージ 3

イメージ 4

津田沼の銀座アスターのお料理もとても美味しかったですが、食べるのに夢中で写真は無しです

この記事に

開く コメント(2)

昨晩はクラシックギタリスト岡本拓也さんのギターリサイタルでした。
会場の浦安コンサートホールは満席!当日券を買えなくて、スゴスゴ帰る方も。

イメージ 1

イメージ 2

今回もギターと身体が一体となった、自然な流れるような演奏に感動しました
以前より力強さも増してまた一段とパワーアップ!
ギターって難しい楽器でアラも目立ちやすいけど、本当にサラッと弾いてしまいます。

プログラム最後の曲「黒いオルフェ」は凄かった!この曲を岡本さんのCDで初めて聴いた時は度肝を抜かれました こんな難しい曲、生じゃ弾かないだろうと思っていたけど、ナマ黒いオルフェはCDよりもずっと力強くて疾走感があってよかったです!

いつも弾くバッハのBWV998は完璧! 武満徹編曲の「星の世界」も聴けてよかった!
あと印象に残ったのがバリオスのワルツ。ウィーンに7年もいただけあって、ワルツのリズムがもう絶妙!ともかくどの曲もよかったです!本当に最高のギタリストです。

終演後のサイン会は長蛇の列
イメージ 3

イメージ 5

私のことは覚えていてくださいましたが、サインを貰うのが精一杯で、一緒に写真という訳にはいきませんでした。
仕方がないから岡本さんの師匠の篠原正志先生と写真を撮って頂きました
イメージ 4

私も若い頃、数年だけ篠原先生にギターを教えて頂いていました。もう何十年も経っているのにこうしてお目にかかれて、岡本さんのことも知ることができて、本当に嬉しいです。


黒いオルフェ他の演奏動画です。YouTubeの番組「ギターはおしゃべり」で放映されたものです


岡本さんのHPに、他の演奏動画も沢山アップされています。

この記事に

開く コメント(0)

前の記事ですが、初めて人様の記事の「転載」ボタンをクリックして、転載させて頂きました。

このブログのプロフィールページ(自己紹介文)やコメント欄に、絵文字を入れられないものか色々検索したら、その方法を書いた記事を見つけました。
随分前に書かれた記事のようですが、情報をありがとうございました!
Yahoo!ブログもサービスを終了するというし、こちらを利用できる限り色々と試して、楽しみたいと思います。


ところで、話は全く変わりますが、Yahoo!繋がりで書かせて頂きます。
実は私、14年前にYahoo!のIDを乗っ取られ、ヤフオクに私の名前で、数万円の商品が10点出品されてしまったことがありました
登録情報ページでメールアドレスも変えられてしまっていたので、入札や落札のメールも入ってきませんでした。
気づいた時にはもう「犯人」の口座に代金を振り込まれた方も何人かいて、もうパニック状態になりました。
Yahoo!にはフォームから連絡したけど直ぐには反応がなくて。。。
すぐに千葉南警察に行ったけど、私に直接の被害はなかったから被害届は出せなかった。
でも事情は聴いてもらえて、Yahoo!にも電話連絡してくれました。

警察が通報してもYahoo!はオークションを停止するくらいしかしてくれなくて、対応が悪かったです。
乗っ取り犯が振込先に指定していた銀行に電話して、口座を停止するよう依頼したのも私。

でも不思議なことに、振り込みをしてしまった方々から私への執拗なクレームは殆ど無かったです。
勿論、落札された方々とオークション画面でそれなりのやり取りはしましたが。。。
一度だけ他県の警察から電話が掛かってきて、数分事情を聴かれた程度。
結局私の被害は全くなし。犯人が捕まったのかどうかも判りません。
今思い出してもキツネにつままれた感じす。

今でもこうしたID乗っ取り事件はあるようなので、ヤフオクをされている方、どうぞお気をつけください。
ご自分の登録情報は時々確認したほうがいいです。
同様の被害に遭われた方の記事も見つけました。

2005年に起きたことで、もう殆ど思い出すことも無かったですが、最近ちょっとしたネットのトラブルに巻き込まれてこのYahoo!ID乗っ取り事件を思い出した次第です。
実は、ブログのプロフィール欄に絵文字やアニ文字が入力できるかどうか調べたのも、そのネットトラブルがキッカケでした

この記事に

開く コメント(2)

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事