Mellowの時々パソコン

いつもパソコンの仕事があるわけじゃないので、色々なテーマで書いてます(^_^;)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ピアニスト外山啓介さんが弾くバッハのパルティータ6番をまた聴きたいと思い、表参道カワイのサロンコンサートに行ってきました。
さすが表参道!オシャレなショールームです
イメージ 1


座席数は僅か140席程度。チケットぴあの発売日にパソコンに貼り付いて取りました!
開演前、素敵な螺旋階段は地下フロアまで長蛇の列。200人くらいはいたかも。
イメージ 2


演奏は、パデレフスキのノクターンと武満徹の楽曲をいつものように情感を込めて演奏した後、いよいよバッハのパルティータ6番。
冒頭のトッカータの入りから非常に力強くて、ちょっとビックリした
その後も複雑な音符を一音一音しっかり打鍵して、しかもスピードが速い!表現も豊か。
私が好きな3曲目のコランテは凄くリズミカルで、自然にこちらの身体も動きそう。
2月にトッパンホールで聴いた時より、また一層力強く情熱的でした。まるで神技!
また何処かでこの曲を弾いてくれないかな・・・何処へでも行きますよ!

休憩の後は大曲をもう一曲。何とショパンのピアノソナタ第3番まで演奏されました。
こちらもデビューCDのものよりはずっと力強い演奏で、バッハのパルティータ6番を極めた影響が出ているのかな・・・な〜んて勝手な想像をしてしまいました。
ともかく外山さんの力強さを感じたコンサートで、また一層この方にハマりそうです
因みに使用されたピアノはいつものスタンウェイではなくて、Shigeru Kawaiでした。

ところで、休憩時間の終了間際にトイレに行って、もう始まっちゃうかなと、アタフタと出てきたら、なんとそこに外山さんご本人が!
思わず「ああっ!」と下品な声を発したら、ニコッと笑ってくださいました。
ホールじゃなくてお店だから、トイレが一つしかなくて、お客さんたちが済んだ頃合いを見計らって行かれたのでしょうね。スタッフの方が2名くらい付いていました。
でもこんな風にご本人に出くわすなんて、やっぱり私は何かモッテます!

サイン会では、初めてプレゼントを渡してみました!
今治タオルのハンカチが2枚。アマゾンで買って、簡単にラッピングして紙袋に。
イメージ 3

ピアノ柄はいいにしても、猫模様のハンカチは女性っぽかったかなと後悔しています(~_~;)
因みに、この日ステージで使っていたのは白無地でした。
コアなファンばかり集まったのか、プレゼントも次から次へ差し出されていて、一人一人に丁寧にお礼を言っていました。

「パルティータに感動しました。また何処かで是非弾いてください。」と申し上げたら、ありがとうございます。と答えてくださいました。(トイレで出会った女です、とは言わなかった


昨晩はもう一つ不思議なことがありました。
終演後に80代くらいの女性が、私がご自分の友人にソックリだと言ってきました。
鍋島元子様というチェンバロ奏者で、20年前に今の私の年齢くらいで亡くなられたそうで、生き返ったと思うくらい似ていると仰ってくださいました。

帰宅後にネットで調べてみました motoko-nabeshima-profile  
似てるっちゃ似てるかな。。。
有名な鍋島氏の子孫で、母方の曽祖父はあの西郷隆盛の弟の従道だそうです。こんな高貴な方に似ているなんて光栄です。これからの人生、益々真面目に生きないといけないですね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事