Mellowの時々パソコン

いつもパソコンの仕事があるわけじゃないので、色々なテーマで書いてます(^_^;)

コンサート

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

昨日4/13は、タレガ・ギターカルテットの演奏を聴きに東京・春・音楽祭2019へ。
世界的なギタリスト朴葵姫(パク・キュヒ)が率いるカルテットで、岡本拓也さんもそのメンバーです。

会場は、上野公園内の旧東京音楽学校奏楽堂。昨年リニューアルオープンしたそうです。
重要文化財で、日本最古の音楽ホールだそうです。美しい建造物です!

イメージ 1


2階の音楽ホール。かつて瀧廉太郎さんもピアノを演奏されたという、由緒ある舞台です。

イメージ 3


タレガ・ギターカルテットは、4人全員がオーストリアやフランスでの留学経験があり、それぞれ世界各国の大きなコンクールでの実績もある実力派揃い。皆さんいつもはソロで活躍されています。
リーダー(?)の朴葵姫(パク・キュヒ)さんはとても可愛らしくて、日本でも人気があります。
あと私が好きな岡本拓也さんと、松田弦さん、徳永真一郎さん。

イメージ 4


昨日はギターカルテットということで、4重奏ばかりでした。セビリヤの理髪師とかカルメン組曲とか、4本のギターあちこちから色々な音が出てきて面白かったです。
実力派揃いだから演奏のブレも一切なし。でもやっぱりギターは独奏のほうがいいかなぁ・・・

最後にタレガ・ギターセレクションということで、タレガの曲を4人が1曲ずつ弾きました。
岡本拓也さんはラグリマを弾いたけど、今まで聴いたことないような曲想、独特の間の取り方で、感動でした! 朴葵姫(パク・キュヒ)さんはお得意のアルハンブラの思い出を演奏。これが聴けただけでもよかったかな。


入口付近には、どういう訳か酒樽が3つ 東京・春・音楽祭15年目を記念して造られて、中は空だそうです。
イメージ 2




こちらは先日ブログ記事にも書いた、岡本拓也さんの3/2の帰国記念リサイタルの演奏動画。
バッハのBWV998 プレリュード・フーガ・アレグロ。 本当に、完璧な演奏です!



昨晩はクラシックギタリスト岡本拓也さんのギターリサイタルでした。
会場の浦安コンサートホールは満席!当日券を買えなくて、スゴスゴ帰る方も。

イメージ 1

イメージ 2

今回もギターと身体が一体となった、自然な流れるような演奏に感動しました
以前より力強さも増してまた一段とパワーアップ!
ギターって難しい楽器でアラも目立ちやすいけど、本当にサラッと弾いてしまいます。

プログラム最後の曲「黒いオルフェ」は凄かった!この曲を岡本さんのCDで初めて聴いた時は度肝を抜かれました こんな難しい曲、生じゃ弾かないだろうと思っていたけど、ナマ黒いオルフェはCDよりもずっと力強くて疾走感があってよかったです!

いつも弾くバッハのBWV998は完璧! 武満徹編曲の「星の世界」も聴けてよかった!
あと印象に残ったのがバリオスのワルツ。ウィーンに7年もいただけあって、ワルツのリズムがもう絶妙!ともかくどの曲もよかったです!本当に最高のギタリストです。

終演後のサイン会は長蛇の列
イメージ 3

イメージ 5

私のことは覚えていてくださいましたが、サインを貰うのが精一杯で、一緒に写真という訳にはいきませんでした。
仕方がないから岡本さんの師匠の篠原正志先生と写真を撮って頂きました
イメージ 4

私も若い頃、数年だけ篠原先生にギターを教えて頂いていました。もう何十年も経っているのにこうしてお目にかかれて、岡本さんのことも知ることができて、本当に嬉しいです。


黒いオルフェ他の演奏動画です。YouTubeの番組「ギターはおしゃべり」で放映されたものです


岡本さんのHPに、他の演奏動画も沢山アップされています。

昨日はまた外山啓介さんのピアノを聴きに行ってきました。
外山さんは毎年この時期にトッパンホールで、コアなファン向け(?)に、一般にはあまり馴染みのない曲を披露されています。

イメージ 1


このホールの座席数は500くらいかな。勿論完売。
そして、何と私の席は最前列の左から2番目で、楽屋のドアの真ん前!
外山さんが出てくる度にドキドキしてました でも目は合わなかった。。。

コンサート開始前に座席から撮った写真。リアルです!
イメージ 2


武満徹とかブラームスの知らない曲ばかりでしたが、いつもの美しくて伸びがある、そして力強い演奏に魅了されました
最前列だから指先からそのまま生音が聴こえて来る感じで、よかったです!

圧巻だったのはバッハのパルティータ6番!超難曲でしかも曲が長い。
寸分の狂いもなく、しかもバッハの曲なのに外山さんらしい情感も込めて、素晴らしかった!
この人、指が何本あるのだろうか?・・・という感じでした。
この曲ではペダルはあまり使ってなかったかな? 本当に力強い生音という感じでした。
時折左足のかかとでトントンリズムを取っていたかな? 最前列だと色々見えます

パルティータ6番を弾き終わった時は、いつものハニカンダような笑顔でお辞儀してたけど、
楽屋に引き上げる足取りはかなり疲れたように見えた・・・

全ての演奏が終わって、アンコールの前にはけっこう長くお話しもされました。
「皆さんとこの場で時間を共有させていただいたことに感謝します。」とか、「このトッパンホールは正に音楽をやる場。練習中は判らなかったことが、この場で弾いてみて判ったりもする。今日の曲目は自分でも演奏するのが大変だった。これからも勉強していきたい。。。」というようなことをお話しされました。
才能溢れる方なのにとても謙虚!


終演後は今年もサイン会に並びました。 サントリーホールみたいに大きい会場じゃないから、和気藹藹とした感じのサイン会でした。 出待ち?をしているような女性たちもいます。
イメージ 3

今年こそは何か話そう!と、意を決して「デビュー以来ずっとファンです!」と言ってみました。
「それはありがとうございます!」と仰ってくださったから、すかさず
「軽井沢の、天皇皇后両陛下がご臨席された演奏会にも行きましたよ!」と言ったら、
「そーですか!もう随分前のことですよね〜」と返してくださって、もう殆どフレンド状態?

人生長く生きていると、色々と面白いこともあるものですね! 面倒なことも多いけど・・・


この日買ったCDは「組曲 宿命」。でもサインは12年前に買ったデビューCDにしていただきました。
イメージ 4

デビュー当時は22歳くらいかな。随分感じは変わったけど、今も充分可愛らしいです

雪はそれ程でもなかったので、駅前のジュエリーショップのミニコンサートに行ってきました。
隔月に1度開かれています。今回は主催者の西野智也さんによるピアノコンサート。
こちらのショップには、100年以上前のスタンウェイのアップライトピアノがあります

イメージ 1

今回は調律したばかりということで、一層深みのある音色になっていました。
シューベルトの即興曲が歌うようでよかったです! このピアノは早弾きの曲よりもゆったりした曲のほうが合うような感じがしました。


ところで、最近このピアノの発売当時のカタログを見つかったそうで、演奏者の方がタブレットで見せてくれました。シリアルナンバーが同じで、紛れもなくこのピアノです
イメージ 2

当時の発売価格は800ドル。現在の日本の貨幣価値に直すと1600万円だそうです。

それにしても、このような由緒あるピアノが、何故こんな片田舎のジュエリーショップにあるのだろうか?
お店の方によると、オーナーの知り合いの、調律師のお宅の物置に眠っていたそうです。
十数年前にそれ程高くない価格で買い取って、多少のリメイクをして、お店に飾ったそうです。
その調律師の物置に来る前は、どういう歴史を辿ったのかは謎です。

発売時は、多分アメリカか何処かの高い地位の方が買われたのでしょうね。
そして、いつどんな経緯で日本に来たのだろうか? 最後は何故物置に?
ファミリーヒストリーじゃないけど、調べることができたら小説が書けそうですね。

お店の入り口には「調律募金」の缶が置いてあります。
イメージ 3
今日もワンコインだけ入れてきました

次回は3/9(土)午後2時から、サックスとピアノの演奏です。1時間程度。
近くの方もそうでない方も、是非お越しください。
因みに、私はこちらのお店で宝石を買ったことはないです(笑)。ご安心を。
ジュエリーショップ エクラドール JR外房線 土気駅前 043-295-8324

昨晩は、思い切ってサントリーホールに行ってきました。
夜遅くなるので躊躇していましたが、どうしても外山さんのピアノが聴きたくて数日前にチケットを購入。

イメージ 1

今回は芸大の同級生、チェリストの辻本玲さんとのジョイントコンサート。
前半はエルガーのチェロ協奏曲で、私にはちょっと退屈だったかな・・・

後半開始前の休憩時間に、スタンウェイのピアノがステージ上に!
座席はステージ真横の2階席だったのですが、こっそり撮っちゃいました

イメージ 2

オーケストラが席に着いて、いよいよ外山さんの登場! 相変わらずの長身のイケメンで、会場内が一気に華やいだ感じ

曲目はショパンのピアノ協奏曲第1番。 この日も外山さんらしい情感がこもった、美しく、そして力強い演奏に魅了されました 音に伸びがあるし歯切れもいい。独特の揺らしというか節回しがイイ!

演奏中は背中しか見えませんでしたが、時折鍵盤いっぱいに広がる大きい手が見えました。
一生懸命弾いてる・・・という感じは全くなくて、何だか天が作り上げた音の世界の中に外山さんがいるような、不思議な感覚を味わった時間でした。

演奏後はステージ上から挨拶もされて、いつものはにかんだような笑顔が可愛かったです
次は2週間後のトッパンホールでのリサイタル。こちらは何か月も前にチケットを買いました。何があっても行きます!



ところで、この日はコンサートに行く前に、三ノ輪の娘の所に寄りました。
通りがかりの小学校の梅の木に、赤い花がチラホラ咲いていました
イメージ 3


娘は仕事で留守でしたが、気になった台所や水回り等の掃除をして、料理も少し持参しました
イメージ 4

先日作った柚子ジャムも置いてきました

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事