TOP 記事

すべて表示

今後、殆どブログを更新できなくなります。週末は更新しようと思いますが。ブロ友さんの所にも行かれなくなるし、もう購読をやめる人達も出てきます。

イメージ 1


画像は、ドイツのグーグルで Mac で画像検索した結果なのですが、私の Mac の4つのブラウザのうちの3つの検索窓に打ち込んだ時の検索エンジンが、日本やアメリカのグーグルから、ドイツのグーグルに変わりました。

その理由は、オペラとグーグル・クロムでは、当然の結果だと分かったのですが、問題ありなのは、使っていない世界唯一の欠陥ブラウザのサファリの検索エンジンがドイツのグーグルに変わったことです。

で、上の画像のページをまだ読んでいないのですが、有料だけど、Mac のデータのオンライン・バックアップができるそうで、それは、絶対に、アップルが薦めている欠陥技術の iCloud と、タイムマシン・バックアップよりはるかに良いはずで、あとで、その記事を読んで、まず、フリー・トライアルを試そうと思います。

記事が殆ど書けなくなる最大の理由も、相変わらず私の iMac が欠陥を出し続け、しかも、アップルの手違いで、私の再修理の依頼が何回も勝手にキャンセルになったり、ヤマトにちゃんと連絡していなかったので、アップルに修理に出せなかったりしたからです。

実は、私が最初に買った iMac は、その前に使っていた友達のお下がりだった初代 iMac のキーボードに液体をかけて私が壊し、アップル・ジャパンに電話したら「もう、替えの部品がありません。」と言われたので(良心的な日産・日立・パナソニックだったら、それだけの年数が経っていても、絶対に、替えの部品を用意しています。DENON でも。)、

「では、また、iMac をください」と言ったのですが、

「初期不良が出て修理した iMac  が一台あり、それならかなりお安くできます。」と言われ、電機会社勤務経験があった私は、初期不良というのは、電気製品ではどうしてもなくすことができないものだということを電気工学科出身の有能な人でも言っていたので、

「では、それをください」

となったのですが、3年間のアップルケアが切れた後で、全く使えない機能があり、要するに、アップル・ジャパンはちゃんと修理していなかった物を売った。ということです。

今後、私の iMac を再修理に出しますが、最終リハ(← こういうありえないバカな Mac の漢字変換は、訂正せず晒しておきます。尚、最近、ブログを書いていて、正しい漢字変換を決定しても、その後、間違った変換となって、アップされることが多々あり、それも、ヤフーが悪いのではなく、私の iMac の欠陥のせいのはずです。

ユーチューブに、昨年10月以降、どのブラウザでも、マトモに動画がアップできない。この iMac を買って以来、三年以上、Gメールとエキサイト・ジャパン・メールに私の数多くの他のメルアドから試験送信したものが一切届かない。

アメリカのヤフーとヤフー・ジャパンの連絡先にしてある Gメールに、アメリカと日本のヤフーのパスワード変更の時のお知らせメールが、このMacを買って以来、一切、届かない。

outlook と、イギリスのヤフーと、英語版の AOL メールが不安定で送受信んできないことがある。

そんな事は、私の iMac だけに決まっていて、マイクロソフトとソフトバンクの両方が「うちの顧客に迷惑をかけさせるな。」と言って、アップル・ジャパンに苦情を言うと言いました。

それでも、無責任極まりないアップル・ジャパンは反省しないでしょう。昨年11月には、英語で文字チャットしたアメリカのアップルのスタッフが、アップル・ジャパンのアドバイザーが酷すぎるのに呆れて、私に謝罪し、「アップル・ジャパンを叱りつける」と言ってくれましたが、今でも、顧客に対して失礼、かつ、Mac のアプリのことにも無知なスペシャリストの態度は変わっていないので、アップル・ジャパンが社内で、そのことを握りつぶし、実際に、アップルの顧客と電話で話すアドバイザー達に反省を促していないに決まっています。

尚、最近、アップル・ジャパンがそれほどひどいと思わなかったアメリカのアップルの上位の相談員が、私に対し、文字チャットで、

「日本の近くの他の国に修理に出すというオプションがあります。」

とまで言いましたよ!


で、私が「そうすると、日数が長くかかるのではないですか?」

と質問したけど、「そんな事はありません。」と言われたので、明日、国際電話で、アメリカのアップルの人と、それについて話す予定です。

それによっては、国外で iMac の再修理をしてもらいます。国外でも無料だったら、絶対に、国外で再修理してもらいます。

また、修理前から複数の警察署と弁護士から「アップルを消費者庁に訴えるように。」と言われていますが、アップルの不具合のせいで、それができません。

当然、訴えます!!!

余りに悪質ですから。


コンピュータの知識、エレクトロニクスの知識があって、アップルケアのスペシャリストが嘘を言っても、それを見抜けて、「嘘を言うな」と言える私のようなタイプの人以外は、少なくとも日本ではアップル製品は買ってはいけないし、買うなら、アメリカのアマゾンから輸入し、何かあったら、英語でアメリカのアップルのスタッフに相談する事です。

アメリカのアマゾンでは、私と同じ iMac が5万円も安く売られていて、10ドル以上買ったら送料無料。

しかも、クリスマス前には更に値下がりになる可能性があるし、アメリカのアップルは、3年間のアップルケアの期限が切れても、文字チャットで無料で相談を受けます。

それに、アメリカのアップルは、日本と違って、修理の人が家まで来るそうです。

とにかく、初代 iMac とウィンドウズ・マシンは、天と地ほど差があったけど、その後、特に、この iMac から、Mac の方は退化し、改悪が多く、反対に、ウィンドウズマシンは長足の進歩を遂げています。

しかし、ウィンドウズの OS の欠陥のせいで、どんなに性能が良いスピーカーを搭載しても、iMac ほど音質がよくならない。とヨドバシカメラの店員さんが言っていましたけど、イギリスに帰国する直前に会ったリアルの知り合いのイギリス人のウィンドウズのノートパソコンは、ノーパソとは信じられないほど良い音質でしたよ。

ローリング・ストーンズを聞かせてくれましたが。

iPad も買ってはいけません!

ドイツは、インターネット・ラジオ、インターネット・テレビに関してアメリカの遥か先を行っている国ですが、そのドイツの開局が新しく音質が良いインターネット・ラジオを iOS にだけダウンロード出来るアプリで、iPad で聞いていたら「iPad がクラッシュした」と、そのサイトにドイツ語で書いていた人がいます!

インターネット・ラジオを聞いていてクラッシュするタブレット!? 聞いたこともないわ!

結論は、アメリカの会社のアップルが「インターナショナル」と言いながら、ドイツの技術について行っていない。むしろ、退化していて、今や、ドイツ語圏の市場を放棄している状態。

ここまで来ると、もう、職務放棄です。


尚、5人か、それ以上のスペシャリストが、悪びれもせず、しゃあしゃあと
「あなたの iMac は、再修理に出しても直りません。」と言いましたが、私がすでに相談した弁護士は「アップルが再修理を受け付けると言うのなら、再修理を頼む以外無い。しかし、それでも直らなかったら訴えられる。」と言っています。

その後、スペシャリスト二人に「再修理に出しても直らなかったら、アップルは、どう責任を取るのですか?」と訊いたところ「新品と交換になります。」と言いましたが、その後、複数のスペシャリストが、それを否定しています。

でも、私、「新品になります」と言ったのを録音してあるんですよ。

アップルケアを話す時には、必ず、録音することを強くお勧めします。

アップル製品とアップルの悪質さに泣き寝入りしている日本人が多いと、ある法律家から聞きました。

とにかく、アップル製品を買うなら、アメリカから輸入すべきです。関税がかかる可能性もありますが、それでも、日本で買うよりずっと安いはずです。

アメリカのアマゾンで買った iMac を日本の配送させたら関税がつくかどうか、経産省に問い合わせします。

iPhone のような世界最低のスマホは、私は持ちません!

音質が良く、辞書アプリがついているから iMac を買っているのですが、その辞書も、オックスフォード大が作ったドイツ語ー英語辞典、スペイン語ー英語、フランス語ー英語、イタリア語ー英語辞典、全て、基本的な単語をひいてみた結果、その単語自体が載ってなかったり、デタラメが書いてありました。

英和辞典は、紙の辞書で廃刊になっていないものとしては最も良いものが入っているようですが、私は、普通の英和辞典自体、ひく事が、今、基本的に無いので。

ただし、私が教えていた初級者以外の英語のグループ・レッスンテキストが間違いだらけで、ひどい時には、1時間のレッスンの半分を間違いの訂正に費やしていたほどで、そういう間違いを指摘する為に、念のために Mac の英和辞典を使いましたよ。

しかし、Mac 搭載の独英辞典なんかより、私が前から利用しているオンラインのいくつかの独英辞典の方がずっと良いです。それらは、日本人のドイツ語学習者のほぼ全員が利用しているドイツの会社がやっている辞書よりずっと良いです。オーストリア・ドイツ語では、この単語には、こういう意味まで載っています。という意味まで載っている辞書があるくらいですから。

とにかく、今後は、これまでのように頻繁に記事を更新できなくなると思います。Mac の不具合が治っても、フェイスブックでドイツ人とじゃれている時が、今、一番楽しく、その次が、イギリス人とじゃれている時。なので、特に、もう、ブロともさんのところには、もう、殆ど行かれなくなります。

以上、よろしくお願いいたします。

この記事も日時投稿でアップするので、指定した以外のトンでもない時間にネットに現れる可能性があります。

決して、ヤフーの不具合ではありません。ソフトバンクとヤフー・ジャパンが認めています!

購読をやめるのは、お気に入りや友達になっている人でも、間違ったことばかり書いて、私が描くコメが、全て、そういう間違いを訂正する為のコメにしかならない人達で、一人は医師で、なんと、英語の仮定法が何か知らず、私が間違いを指摘し、更に、日本語のウィキペディアと、もう一つ、私が書いた事が正しいことを証明しているリンクを張っても「自分は間違っていない」と主張した人他、それと、ブロともさんで、明らかにウツなのに、心療内科に行って、かつ、石に自分がどう言う状態かちゃんと伝えないので、医師が治療を間違い、いつまでたってもウツが改善されないので、私が精神科に行くように複数回内緒でゲストブックに書き込んでもそれを「精神科なんて人聞きが悪い」と言う低知性の人などです。

その他の最新記事

すべて表示

画像は、東ドイツのロックの伝説というタイトルなんですけど、東西ドイツが統一され、東ドイツという国が無くなってから25年以上経ちますが、いまだに、こういう風に東ドイツのロックバンドやソロのロッカーが出演するライブが開かれるんですよ ...すべて表示すべて表示

画像は、期待の新人マリナ・マークスです。 今日は、ベテラン勢はおいておいて、若い人、デビューが遅かったけど売れるようになった人等をとりあげます。 まずは、期待の新人若手女性歌手のマリナ・マークス。昨年12月に ...すべて表示すべて表示

画像は、現代のライトアップされたブランデンブルグ門ですが、このブランデンブルグ門の近くをベルリンの壁が通っていて、このブランデンブルグ門は東ベルリン側だったんですよ。 今日は、1978年の東ベルリン各地の様子を収めた ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事