MELON COP10 レポートブログ

環境団体MELONでは、10/22〜10/30でCOP10の開催される愛知・名古屋に行ってきます。現地の様子をお伝えします!

COP10の成果

COP10の結果が農林水産省からプレス発表されていました。
 
主な成果のいくつかをピックアップします。
 
 ○新戦略計画・愛知目標(ポスト2010年目標(2011-2020年))
意欲的な目標を求めるEUと、実現可能性を重んじる途上国との間で、最終的には非公式閣僚会合での意見も踏まえて、妥協が図られ
「2020年までに生態系が強靱で基礎的なサービスを提供できるよう、生物多様性の損失を止めるために、実効的かつ緊急の行動を起こす」
との趣旨の文言となった。
又、最後まで調整が続いた保護地域については陸域17%、海域10%となるなど、20の個別目標が合意された。
中長期目標(「自然との共生」)については、「2050年までに、生態系サービスを維持し、健全な地球を維持し全ての人に必要な利益を提供しつつ、生物多様性が評価され、保全され、回復され、賢明に利用される。」ことが合意され「愛知目標」として採択された。
 
⇒2020年までに行動することを「実効的」かつ「緊急」とかなり強い言い方で言っています。
個別の20の目標の具体的な内容が気になるところ。
 
○多様な主体との協力
ビジネスと生物多様性について、締約国によるビジネスと生物多様性の連携活動の推進の招請、民間部門による具体的な参画の奨励、国レベル・地域レベルでのビジネスと生物多様性イニシアティブや国際的な連携をイニシアティブ間で図るためのグローバルプラットフォームの設置の奨励等が採択された。 また、2011年から2020年までを対象とする、地方自治体の生物多様性に関する行動計画を承認するとともに、締約国や他の政府機関に対し、同計画の実施を奨励した。
 
⇒宮城でも「生物多様性」の行動計画を作ることが求められますね。
 
成果はまとめられてはいますが、全文を見てみなければわからない部分もあり、また難しい言葉も多いため、よく分かりません・・・
12月に報告会を開催いたしますが、その時に専門家に解説いただいてからMELONとしてどのように行動を起こすか考えていきたいと思います。
 
【廣重】
 

エコパルなごや

最終日の30日の動きで書き漏れていたものがありました。
30日には「名古屋市環境学習センター エコパルなごや」に行ってきました!
イメージ 1
 
ビルの13階にある施設です。
平成7年に開館した名古屋市環境局の公所で、15年にリニューアルオープンした施設だそうです。
ちなみに、このリニューアルには宝くじの売上金が使われたそう。
とても立派な設備を備えていました。
 
 
イメージ 2
 
 
 
3000冊の書籍、パソコンで検索可能、環境情報コーナーのパソコンではインターネットを自由に使え、ビデオライブラリーではビデオを見ることもできます。
また、自然の映像と共に合成写真の記念写真を撮ることができるアースドームもあります。
 
イメージ 3
 
 
 
ワークショップができる部屋もあります!
会議をしたりいろいろな使い方ができるそうです。
 
いくつかプログラムもあり、この場所を使って定期的に講座も行っているそうですよ。
 
 
 
一番の目玉はこの設備!↓
イメージ 4
バーチャルスタジオと言って、タッチパネルの画面が机に備えられ、大画面で映像が流れます。
この設備を用いて、開発したプログラムを実施しています。
たとえば、大画面に出てくるマスコットキャラクターの「コパ」がクイズを出して、その答えを画面に書くわけです。
すると、その答えが大画面に映し出される仕組みです。
さらにコパから答えについてまた質問が来るなど対話もできるプログラムなのです。
う〜〜ん、すごい……!!
 
「環境学習」や「環境」をメインとしている施設でここまでの設備を備えているところはありません。
事務所の一画を情報コーナーにしているところはありますが、
仙台のこどもたちが「ここに来れば楽しくて面白い環境の学習ができる!」という核となる施設があるとどんなに良いかと感じました。
ともすれば「ハコモノ」と批判を浴びることもあるかもしれませんが、それをどれだけ活用できる場にできるかは工夫次第。さまざまな可能性を秘めたセンターだと感じました。
 
みやぎ環境税の使い方で参考にしてみてはいかがですか…?
 
【廣重】
イメージ 124日に小林さんもご紹介していましたが、私もオアシス21というショッピングモールで行なわれているオーガニックの朝市に行きました。
仙台で言うと泉プレミアムアウトレット的でもっと交通の便を良くしたような施設です。
仙台でも勾当台公園などで市場が開かれ、まちなかecoマルシェもあるので、参考にできることがないかと思いいろいろお話を伺いました。

・ 場所について
ちょうどこのオアシス21の社長の奥さまとお知り合いだったことから開催することができるようになったそうです。人のネットワークが活用されていますね。こんな若者が行きかうような場所でできるのはとてもいいですよね!オーガニックに敏感な若者はいま増えていますから。
 
・ 「ノーレジ袋」宣言の徹底
買い物袋持参を呼び掛けるだけでなく、忘れた方用に本部にはスタッフが持ち寄ったレジ袋や紙袋が用意されているそうです。
そして参加者にも使っていないレジ袋や紙袋をお持ちくださいと呼びかけています。
簡単なことかもしれませんが、ノーレジ袋が徹底されていますね〜
・ 有機就農相談窓口
有機農業を始めたいと思っている方の相談窓口をこの朝市でしているそうです!実際に生産している方から気軽に話を聞けます。
さらに、中には相談に訪れた若者に出店者の農家を紹介し、そこで研修を受けて、有機農業をはじめ、この朝市で出店した方もいるそうです。
作る人、食べる人をつなぐだけでなく、あらたな人材もつなぐ場となっていました。
イメージ 2
 
・ 朝市村新聞
毎週土曜日の午前中に開催している朝市なのですが、毎回「今日の朝市村新聞」として、情報を発信しています。たとえば、「玉ねぎ定植応援隊募集!」や「栄養士のおすすめメニュー」(にんじんの葉を使ったおいしいメニュー4つ!も)、「ボランティアスタッフ募集」、「今日の生産者一覧」(場所と名前、作っているものが載っている他、今回参加していない方の次回参加予定日まで書いてありました!)です。
市場はその場で野菜を買っておいしかった、で終わってしまうこともあるのではないかと思います。
そんな時に小さな冊子で役立つ情報を入れた冊子を配布すると興味を持った人はさらにリピーターになってくれますよね。この農家のこの野菜がおいしい、とか。
ただ、毎回作る事務局は大変だと思います。それだけこの市場にやりがいを感じているということでしょうね。
 
飛行機で帰らなければならないため、野菜が買えないことが残念でしかたありませんでしたが、とても発見の多い朝市でした!

(廣重)
イメージ 12日目の夜には、MELONからの第1班小林さん・布田さんがお世話になったふろしき研究会会員で3Rマイスターの浜口美穂さんと、一緒に活動をしているみなさんやお友達の方と食事をしました。
突然参加してしまってすみません。
「バオバブ」という玄米菜食のカフェで多国籍な料理をいただきました。
中のおひとりがオーナーをしているカフェなのですが、打ち合わせをしたり気軽に集まったりと活動の大切な場となっているそうです。
いつでも気軽に訪れることができて、そこに行けばだれか知っている方がいるような場所、そしてそこでおしゃべりをすることでまた環が広がっていくような場所になっているのが素敵ですね。

みなさんさまざまな活動をしていらっしゃるそうですが、グリーンコンシューマーの活動もしています。イメージ 2
いろいろ資料をいただきましたが、その中でとても興味深かったのが、「環境にやさしい買い物マップ」です。
地域ごとに、グリーンコンシューマーの方々が町を歩き、エコなお店を調べていき、それを地域のマップと共に紹介している冊子です。

名古屋市は埋立地が足りなくなる!ということから1999年に「ごみ非常事態宣言」を発行したことからさまざまな環境の取り組みが活性化しました。
それから名古屋市では3Rに取り組んだそうですが、今では特にごみを元から減らすため3Rの「リサイクル」を除いた『2R』に力を入れて取り組んでいます。宮城・仙台もぜひ参考にしたいですね。
買い物マップは名古屋市中心部だけではありません。すでに7地区で買い物マップをまとめて発行しています。自分の身近な地域がまとまっていると、気になりますよね。
お店の特徴や提供していることなど分かりやすくまとまっており、また主婦の目線が活かされたマップになっていました。
仙台にもぜひほしいところです!
 
いろいろなお話を聞きながら、みなさん本当に楽しそうに活動をしていることを実感しました。
(廣重)

COP10国際会議場番外編

イメージ 1
 
国際会議場内のゴミステーションです。
 
会場の外のゴミステーションと同じ分別の種類だと思います。
 
海外の方にも分かるように日本語・英語・絵で書かれていました。
 
これで本当に分かるのかな・・・と心配になりました。
 
係の方が立っていた様子もなかったですね
 
(廣重)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事