月曜ロードショー&LUDOVICOTECHNIQUE

FUKUOKA 自主映画上映会 LUDOVICO TEQUENICH 公式

月曜ロードショー

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 Fantastic Film Festival 
福岡傑力珍怪映画祭2016
January/Saturday30Th 1Night Only
Open 19:30 at IAF SHOP* (YAKUIN)
R-15+ 
意味を考える前に、まずは唱えてほしい。
けつりきちんかい
けつりきちんかい
けつりきちんかい

傑力珍怪映画祭は娯楽映画の復権を掲げる。

1月30日 IAF shop*
『福岡傑力珍怪映画祭2016』午後7時半開場です。
上映作品
『大拳銃』 大畑創
『魔眼』 伊藤淳
『灰土警部の事件簿 人喰い山』 にいやなおゆき
『地獄に堕ちたシェイクスピア』 間野ハヤト

500円と飲み物注文、15歳未満禁止です。

この記事に

開く コメント(1)

http://iafshop.tumblr.com
イメージ 1


傑力珍怪告知 

『魔眼』 https://www.youtube.com/watch?v=M4G_kc4rGUY『大拳銃』https://www.youtube.com/watch?v=G4F0s1NL1-Q『灰土警部の事件簿 人喰山』https://www.youtube.com/watch?v=vlttRuCTc-A『地獄に堕ちたシェイクスピア』予告動画なし自らをシェイクスピアと名乗るオッサンが、町のパンスケ集団に 袋だたきにされ、迷い込んだのは虚構でも現実でもない世界 だった!現代と第二次大戦が交錯し、もんぺガールズ達が歌い踊る! あなたの煩悩を直撃する、人情悲喜劇オペレッタ!!!twitter連携

この記事に

開く コメント(0)

動く映画

映画の宣伝です。
「月曜ロードショー」は、2009年、cafe&bar gigiが渡辺通の春吉公園向かい、現在BarAmbientの場所にあった頃、
深夜に相談を受けたのがきっかけで始まりました。
当初企画案がグダグダであったために、結果的に乗っ取ることになったようなものですが、
いろいろ手探りで上映してました。
その時のキャッチコピーは、『自称世界一小さな映画祭』で、
料金は投げ銭、これに初期上映のみ投票制を取り入れてました。

当時の口上的なもの。
”サァサァお立会い、

御用とお急ぎで無い方はゆっくりと、

御用とお急ぎの方もそれなりに、

聞いておいで、

見ておいで、

片目は半額孕み女は二倍だなんて言わないよ、

お代は観てのお帰り、それも気持でいいんだ。

ここに集めましたるは、

全国より寄せられた、

映像絡繰り、

動かぬ物が動き、

命あるものが映写幕に封じ込めらたる、

その奇跡。

サアサアとくとご覧あれ。


再起動したLUDOVICO TECHNIQUEの第三弾
『福岡傑力珍怪映画祭2016』
初の固定料金年齢制限導入です。
現在、自前のプロジェクター購入に向けて動いてます、そうすれば上映の自由度も上がるはずです。
音響と映写幕があれば独立上映も可能なわけですよね。
現在新規上映作品の募集はしてませんが、上映予定が2016年分終了した際には、移動上映も考えてみたいところです。

この記事に

開く コメント(0)

2016/01/30/IAF Shop* 19:30

この記事に

開く コメント(0)

この記事に

開く コメント(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事