神々がうごいとーと

やさかましませ。いやさかましませ。かんながらたまちはえませ。

ACミランの本田圭佑選手(背番号10)が、メキシコの強豪「パチューカ」に移籍した。

推定年棒は4億。背番号は「02」だそうだ。

鬼?

セカンドステージ?

移籍会見は7月18日に開かれ、

「メキシコは刺激的で、いいチャレンジになる」と、本田選手は思いを語った。

メキシコへの移籍。

メキシコの遺跡。

パチュ−カは中南米最大の遺跡テオティワカンの近郊にある。

2014年7月26日に安倍首相が太陽のピラミッドで祈りを捧げた、

あの生贄祭祀のテオティワカンだ。

その日、長崎県佐世保市で女子高生による同級生猟奇殺人事件。

以降、7月26日は生贄祭祀の日になった。

安倍が米議会で「希望の同盟」を演説ぶった2015年には、7月26日にセスナ機が民家に墜落。

火災に巻き込まれて「希望」さんが亡くなった。

去年の7月26日はいうまでもないと思う。

戦後最悪の大量殺人。津久井やまゆり園の相模原障害者施設殺傷事件だ。

ことしも7月26日に注意してほしい。

この日は弘法大師が栃木の「二荒」を「日光」に改めたとされる、日光の日でもある。

6月20日に日光二荒山たるオオナムチの男体山が111番目の火山認定。

25日にオオナムチの火山御嶽山で震度5強があっただけに、

オオナムチや日光関連の事象にも気をつけたい。

なにもないことを祈る!

月黄泉にも、もうおとなしくしていてほしいよ。

刺激的な未来チャレンジなんて、安倍と本田選手以外の多くの人は望んでいないのだから。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

3333


7月22日夕方5時ごろ、三度目の自販機ゾロ目。

いったいどうしちゃったんだろうな。

3月23日の7777でとうとうガキのころからの夢がかなったと思ったら、こうもつづくとは。

こんどは、3333。

7月22日といえば、2009年の回帰日蝕。

イザナミの黄泉がえり。

四つの3で、黄泉。3が四つで御世だけどね。

22日未明から心臓が痛み出したのも関係あるのかな。

あ、ご心配なく。生まれつきちと構造に欠陥があるのでたま〜に起きる。

原因は暑さと寝不足。それからどこにもぶつけようのない怒り。

やっぱ「みらいくん」再稼動が大きいよな。

あれからずっと地下水かマグマのようにすぐ怒りがわいてくるようになった。

ちこっと地震体質なので、よけい困る。

震度5以上がたてつづけに起きたしな。

7月11日の鹿児島湾からはないのに、なんで鎮まらないんだろう。

まだオームの攻撃色が消えてないってことか?

3333といえば、大震災前の玄海、伊方、福島第一原発3号機の333(トリニティ)。

これに高浜3号機「みらいくん」がプルサーマルを開始して、3333から四十九日で大震災。

四十九日なんてご愁傷さまってこと? わるい冗談だ。

福島第一原発3号機のデブリのニュースあったばっか。

当たりっつっても欲しいのなくて、なんとなくドデカミンにしたの、いま思えばまちがいだったかな。

ドデカいの御免だしな。

ともかく、事象的には心臓部に注意ってことか?

日本列島のハートチャクラは秋田の田沢湖。

岩手県が胸板っぽいし、日本一深い=ハートも深遠だからかってにそう考えてるだけだけど。

ノアの箱船のアララト山と同緯度ってのもじつに意味深。

秋田県はいま記録的豪雨で、雄物川が3ヶ所で決壊。

まだ降りそうだし、とても心配だ。

この国の心臓部といえば、やっぱ永田町になるのかな。

あ、そういやあいつもシンゾーやんか。三だしな。

明日の国会集中審議で痛みひどくなったらすげ〜ヤだなぁ。

んなもんと、だじゃれシンクロしたかね〜よっ!

まあ、野党議員の追求なんてどうせたかが知れてるから大丈夫かな。

シンゾーみずから自爆しなきゃね。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

あんたもすきねぇ


★8月3日に内閣改造
安倍首相(自民党総裁)は21日、首相官邸で公明党の山口代表と党首会談を行い、「8月早々に内閣改造を行い、人心一新を図りたい」と述べ、8月3日に内閣改造・自民党役員人事に踏み切る考えを伝えた。


いまの「闇の未来チャレンジ内閣」につづいて、また8月3日かよっ!

前の野田が「13日の金曜日改造内閣」なら、安倍はとことん「闇の未来改造内閣」でいく気らしい。
まあ政策的にも、安倍は野田の二番煎じ。
パフォーマンスや印象操作で違って見えるだけで、基本はおなじ。

おなじ双子の自爆装置。

野田が民主党を自爆させたように、安倍もおとなしく「あべし‼」って自爆してくれりゃいいんだが。
やっぱまき込んじまうんだろうな。やつの場合。
国民も。北の金太郎も。

それにしてもホント大好きなんだな。闇(83)が。
さすが奥州安倍氏(あべし)!
映画『ロードオブザリング』のキャッチフレーズを思い出すよ。

その指輪を捨てなければ、この世は闇となる。

安倍を捨てなければ、この世は闇となる。
 
  イメージ 1  イメージ 2

憶えてるだろうか。
ことしの建国記念の日、2月11日。
極低気圧によって、天御中主神(北辰妙見尊星王)VS安倍日本の構図が明確に示されたのを。
いいかえれば、北斗VS安倍だ。

いま思えばあのころからなんだよね。
日報問題に、森友学園。
安倍政権の崩落がはじまったのは。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


☆第一章 無料配信中



☆ツインピークス 序章 

 すべてはここからはじまった ⇒ http://st.wowow.co.jp/detail/12107


ちと心配だったけど、リンチ節は健在

けっこう楽しめそうだ。

うれぴ

この記事に

開く コメント(0)


ドイツの自由ハンザ都市ハンブルグで開催された今回の七夕サミット=G20サミットでは、反グローバル化と反パリ協定のふたつのポイントで、トランプ米大統領が矢面に立たされた。

ああ、トランプってやっぱトリックスターだよなぁ、って思う。

トリックスターは秩序を引っかきまわしてまわりを混乱させるわけだけど、それはその秩序自体が矛盾をふくんでいるから。トリックスターはそこをついてくる。

たとえば核兵器廃絶と核のグローバル化。
つまり核の戦争利用の停止と核の平和利用の促進。
じつに矛盾。僕には詭弁としか思えない。
で、そこを突きつつとうとうICBM+プルトニウムを手にしたトリックスターが、北朝鮮。

グローバル資本主義とパリ協定もおなじだ。
そもそも地球温暖化が叫ばれるようになったのは、いまのグローバル経済が1980年代はじめに確立されたあと。1992年に最初の地球サミットが開かれ、とくに2000年代に入ってからだ。

じっさい地球の気温が上昇に転じたのも1980年代である。
70年代までは未来予言系の雑誌や書物では、地球に氷河期がくる、なんてのが一般的だった。

ふつうに考えればわかると思う。
異民族が出会ったとき、最初に起きるのがパンデミック。つぎに環境破壊。
その破壊力は、じつは戦争なんか比べものにならない。
たとえばインディアンにしても、圧倒的にやられたのは天然痘だったとされる。

グローバル経済=世界平和。
そんなのは多国籍企業の方便。

グローバリストのいう多様性とは国際基準にあわせるってだけの話で、その先にあるのは画一化。
じつはそれがいちばんこわい。
画一化はけっしてバランスではないからだ。
じっさいいま地球環境もその方向に向かっている。
地域の個性が失われれば、気候だって特色を失う。
つきつめれば、地球環境のバランサーが消えることになる。
深層海流だ。

人類がグローバル戦略に出れば、そりゃヒアリだってグローバル戦略を展開するわな。
中国産のクビアカツヤカミキリのグローバル戦略のおかげで、あと数十年もすれば、お花見という日本の文化も消えるだろう。
そういうものだ。

本来あるべき土地の植物ではなく、熱帯の植物で街を飾れば温暖化するし、外来種をペットにしてポイ捨てすれば生態系だって変わる。
人類が思ってる以上に彼らはしたたかで、はるかに強いのだ。

右手にグローバル化。左手に環境保護。
これって最高に笑える矛盾。
同時に、最高に笑えない矛盾だ。


 イメージ 1 カナダ・ニューファンドランド島北部沿岸

最近、カナダにとんでもない大氷山が北極から漂流してきて話題になってるけど、7月10日から12日にかけて、ついに南極のラーセンC棚氷から巨大氷山が分離した。
その面積はほぼ三重県といっしょだそうだ。

三重県大の氷山とは、知能指数1300のさすがのルチ将軍もびっくり。
南極は冷えてるって話じゃなかったけ?

グローバル経済を止められないなら、せめて僕らひとりひとりが在来種の見直し運動に入らないと、いずれ超豪雨で全国各地で山体崩壊が起き、そこから熱帯植物が繁殖するなんて事態になりかねない。
そして相乗効果でますます気候を変える。

気候が変わったから植生や生態系が変わるのではなく、植生や生態系の変化が気候を変えるってのもあると思うな。すくなくとも頭お花畑の人類よりずっとリアルに、植物や虫たちは地球さんとつながってるのだから。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事