神々がうごいとーと

やさかましませ。いやさかましませ。かんながらたまちはえませ。

全体表示

[ リスト ]


★被曝5人の肺からプルトニウム 国内最悪の内部被曝

茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで6日、ウランとプルトニウムが入ったポリエチレン製容器を包むビニール製バッグが破裂。作業員5人が被曝した。原子力機構は7日、50代の男性職員の肺から、2万2千ベクレルのプルトニウムが検出されたと発表。過去にこれほどの内部被曝をした例は、国内ではないという。容器は91年に密封され、26年間一度も開封されていなかった。
原子力機構は「急性の放射線障害が出るほどではない」としている。


「因果関係は認められない」
「ただちに健康に影響はない」
1600人以上が亡くなった水俣病の時代から延々とくり返され続ける、専門の学者先生や政府、当局発表の常套句だ。

「急性の放射線障害が出るほどではない」

だからたいしたことではないと印象づけたいのか、将来のことまで知らんがなとでもいいたいのか。
なんでまいどまいど、こういう奇妙な物言いになるんだろうな。
テロ等準備罪のネーミングとおなじ印象操作ってか?

日本原子力研究開発機構は、事故についてこう釈明している。
「この作業で(プルトニウムの入った)ビニールパックが破裂するとは想定し ていなかった」と。
26年もほっぽっといて想定もなにもあったもんじゃないと思うのだが、ともかくフクシマとおなじ想定外ってワードが、「みらいくん」再稼働にあわせて示されたわけだ。

すなわち、プルトニウム+爆発(破裂)+想定外。
これが僕らの未来くん。
その雛型(モデル)であり、大洗のシナリオだ。

事故が起きた6月6日は、福井県大飯郡高浜町の高浜原発3号機「みらいくん」再稼動の日。
「みらいくん」はプルサーマル発電。
プルサーマルのプルは、プルトニウムのこと。

5日のブログで警告したばかりだった。
闇の王・陸耳御笠(くがみみのみかさ)の高浜原発と黄泉のイザナミの熊野那智大社。さらにはナガサキ的未来くんに共通するキーワードは、「核(プルトニウム)」だと。

現在作業員は千葉の放射線医学総合研究所で再検査を受けている。
肺からプルトニウムは検出されず、外部被曝の測定値をあやまって評価した可能性が出てきている。
だとしたらほんとうに幸いだ。

でも残念ながら事象的には、これでプルトニウムの線は消えた、ってことにはならない。
かわりに肺から検出されたのはアメリシウム(americium)。AMERICA+IUM。
プルトニウム+アメリカ+被曝とくれば、ナガサキだよね。

しかも研究開発センターのある「大洗」は泣く子も黙るオオナムチ(大洗磯前神社)。
「大洗」は大いなる洗い。世の洗濯。大いなる禊を意味する。
じじつ平安時代に大洗の地に降臨したオオナムチは、民を救うため=世直しのために帰ってきたと公言している。
そしてその降臨を引き金にはじまったのが、貞観大地震をふくむ貞観の大変動期だった。

オオナムチ+アメリカ+プルトニウム+大洗=核をめぐるトモダチ作戦
88+77+66=ナガサキ的未来くん
 ⇒ 『8888と66 』 

88はオオナムチ。66はみらいくん。77はナガサキ。つまりこれ。

 イメージ 1
 
大洗町はアニメファンには「ガールズ&パンツァー」の町として有名だけど、安倍政権にとっては「もんじゅ」のかわりに核燃料サイクル政策を担う実験炉「常陽」がある町ってことになる。というか、「常陽」も大洗研究開発センターにある。

フランスの高速実証炉「アストリッド」の開発費を半額(試算では約3000億)負担するだけでなく、2007年6月の事故で停止中の「常陽」を再稼動して共同研究に利用するつもり。
26年ぶりの点検作業も、もしかしたらそれと関係してるのかもしれない。

「もんじゅ」の夢をすててもなお核燃料サイクルの妄想をすてられないこの国の未来が、「みらいくん」再稼動とセットで示されたカタチだ。

プルトニウムは米国ではじめて合成され、おなじく米国で発見された冥王星から名づけられた冥王の元素。日本の冥界の王は、出雲国譲り神話のオオナムチである。

この冥王オオナムチと黄泉のイザナミの事象中心が、人類初の核実験トリニティ(ナガサキ型原爆)とおなじ北緯33度40分ラインの熊野那智大社。
冥王オオナムチの核をめぐるトモダチ作戦と、黄泉のイザナミの核の補陀落渡海だ。

母なる水の禊の段階では、オオナムチはイザナミとアラハバキのバックに隠れていた。
そのオオナムチが、ついに「世の大洗」の本性をあらわしたのが東日本大震災のこれ。

 イメージ 2  ごぞんじ大洗港沖の巨大渦潮である。

6月6日の大洗研究開発センターの事故も、単なる放射線被曝事故ではない!

ちなみに出雲大社大遷宮開始後の2008年6月8日に秋葉原通り魔事件が発生したとき、事象神社の神田明神は大洗磯前神社からの分霊ですとコメントをいただいた。
あの凄惨な事件の陰にもいた大洗のオオナムチが、東日本大震災とともについに姿をあらわしたのが巨大渦潮ってわけだ。

大洗沖に顕現したオオナムチが、ヒロシマ(フクシマ)につぐナガサキ実現のため、栃木の日光(日光二荒山神社)に向かったことは『やっぱ戌亥じゃないか?(3)』でも説明した。

>本番前にはかならず日光で大きな反応が出るはずだ。
と書いた。

日光二荒山神社もオオナムチ(妻の田心姫=宗像沖ノ島も祀られてる)。
かつて補陀落山に見立てられた男体山は、オオナムチのご神体山だ。
日光二荒山神社と熊野那智大社。そして大洗磯前神社。
この三社がナガサキ的未来=世の大洗をリードする。

その日光で、放射線被曝事故の前日、6月5日に震度3の地震。
あきらかに日光⇒大洗の流れだし、6月6日がナガサキ的未来くんの雛型なら、6月5日の地震は「本番前の大きな反応」の雛型ってことになる。
まるで予行練習だ。

 イメージ 3
 ※)北緯36度38分54秒。東経139度26分12秒。深さ5km。震度3。

しかも震源は足尾銅山の日光市足尾町ピンポイント。
足尾銅山鉱毒事件は日本の公害第一号。放射能汚染は現代の公害。
日光から大洗へ。大日本帝国の鉱毒事件から現代日本の放射線被曝事故へ。
このストーリー性はもちろん偶然ではない。オオナムチの意志の反映だ。

日米原子力協定が有効期限を迎える来年は、緊迫する北朝鮮情勢とあわせて日本の余剰プルトニウム問題がふたたび諸外国の注目をあびることになると思う。
僕がオオナムチなら、ことを起こすにはいい機会だと考えるけどね。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

昨日6/16 栃木や東京多摩エリアで
ヒョウやアラレが降りました。
その後、八王子でヒョウが降る空に
虹がかかりました。

すると今日6/17の2:22 京都府南部で
地震発生。
八王子の虹→二時のお知らせ?
とか思ってましたら、

6/17 2:30頃(また二時)
石廊崎沖合で米イージス艦と
比コンテナ船の衝突事故の報道。

石廊崎の住所は
静岡県賀茂郡南伊豆町で
賀茂という文字が入ってまして、

京都も上賀茂神社、下鴨神社があり
賀茂つながりで何か?と思い
石室神社を調べましたら
秦氏が携わっていたようです。

イージス艦の乗組員の捜索に
海上保安庁と海上自衛隊との報道で
海上自衛隊のホームページ見ましたら、
「いずも」と 「さざなみ 」
の特集でした。 削除

2017/6/17(土) 午後 1:22 [ やまとひめ ] 返信する

顔アイコン

記事更新ありがとうございます。
今日のイージス艦の事故といい、最近ビックリするような衝突事故がありますね。
東名高速のジャンプ事故も『東神
888』だけじゃなく、ぶつかって来た車の医師の方の名に『熊』があったり、とっさの判断が素晴らしかった運転手&ガイド夫婦が『梅与』さんだったり...、事象ワードも露骨になってきました。
アメリカファーストのイージス艦と日本郵船(優先)の衝突も、なんか意味深です。トモダチ作戦とか北朝鮮威嚇に活躍してた艦船なんでしょうに、なんでこのタイミングの事故?
腹心のトモダチと賠償でもめなきゃいいけど...。
この辺り熊野権現が祀られてるそうですね。イザナミの王手かな...。 削除

2017/6/17(土) 午後 6:39 [ 15-lettuce ] 返信する

顔アイコン

> やまとひめさん
テロ等準備罪の成立と16日の雹はつながってます。
この国の将来の姿。
かつての菅首相誕生時を思い出しました。
あのあとも関東はすごいゲリラ雷雨で、こりゃこの先やばいなと思ったもの。ブログにも書いたし、じっさいヤバかった。
今回もおなじ印象ですね。
イージス艦フィッツジェラルドは、そのヤバかった時のトモダチ作戦の艦です。
とうぜん「大洗」とつながってます。
書いたばっかですよね。オオナムチの核をめぐるトモダチ作戦。
行方不明は北斗の七人。
伊豆は卜部。日神の対馬卜部と月神の壱岐卜部。そして厳霊の伊豆卜部。
秦氏といえば、静岡は秦氏の子孫の川勝知事。
そろそろ松尾大社あたりでも反応あるかもですね。

2017/6/18(日) 午前 0:39 [ めねふね ] 返信する

顔アイコン

> 15-lettuceさん
66系の6月16日だし、6月6日について書いた今回の記事とモロつながってます。
大洗の被曝事故と、トモダチ作戦のイージス艦。
>オオナムチ+アメリカ+プルトニウム+大洗=核をめぐるトモダチ作戦。
これに、+フイッツジェラルドですね。
フイッツジェラルドというとJFKを思い出しますが、あのときのキューバ危機の再現とばかりに、トランプがキューバ断交って息巻いてますね。
そうか、東神888に梅与ですか。
おっしゃるとおりモロ出雲系。オオナムチもイザナミも本気で動きだしたようです。

2017/6/18(日) 午前 0:49 [ めねふね ] 返信する

顔アイコン

東名の事故、東神バスは888で乗用車は?とお尋ねでしたが、ひしゃげた事故後映像ではナンバープレート判別できませんね。
医者がなんでデミオ乗ってるねん、というのは修理中の代車だったそうで、デミオのスカイアクテイブが揶揄されてました。
MAZDAと言えば、以前にも書かれてますが、西アジアの文明の発祥とともに誕生した神アフラ・マズダー(Ahura Mazda)に由来。
マズダーを東西文明の源泉的シンボルかつ、自動車文明の始原的シンボルとして捉え、また世界平和を希求し自動車産業の光明となることを願って、マツダの創業者でもある松田重次郎氏の姓にもちなむと書かれてました。
そしてデミオはスペイン語の造語で意味は私の自分のという意味、外国ではMAZDA2と呼ばれるそうです。

2017/6/18(日) 午前 7:34 [ ula***** ] 返信する

顔アイコン

そうでしたか…東日本大震災の時、
そういう事象があったのですね。

今回、石廊崎沖合という報道でしたが
どちらかと言いますと
下田沖の神子元島の
近くのような気がします。
下田の「田」の十字、
神子元島の「神子(みこ)」から
キリストの事象にも
思えたりもしました。

先週でしたか伊豆大島近海で
地震が多発していたのも
気になりました。 削除

2017/6/18(日) 午前 8:46 [ やまとひめ ] 返信する

顔アイコン

> ula*****さん
ありがとうございます。
なるほどMAZDAでしたか。しかも「翼をもった車へ」のスカイアクテイブ。
東神888にアフラマズダ。東京⇒オワリ名古屋の東名高速。
バスの47人と亡くなった1人で、48音。四十八願。シヴァ。
現場の新城市富岡には全国に二社しかないという車神社があります。
祭神は日本武尊ですが、地元の方々の調査では大日霊尊(天照大神)と大日如来の神仏信仰だったようです。
天かける日神の馬車の車輪。法輪を意味する車輪が神紋。
http://shinshiroouenn.dosugoi.net/e949434.html
こりゃまたすごい事象だったんですね。
MAZDAといえばヒロシマ。
去年広島の社員寮で殺人事件が起きましたね。
https://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56094433.html
ヒロシマ+アフラマズダー+正光+天照大神+東神+888。
いやほんとにすごいわ、これ。
あらためて記事にしようと思います。

2017/6/18(日) 午後 9:51 [ めねふね ] 返信する

顔アイコン

DEMIOって、MEIDOです。

2017/6/18(日) 午後 9:54 [ めねふね ] 返信する

顔アイコン

> やまとひめさん
神子元島。たしかに神の子ですね。
地震も気になりますね。
イージス艦の7人は亡くなってたみたいですが、伊豆諸島をつくったのが七柱の神々。コンテナ船はフィリピン船籍。いまフィリピンでも戦闘が激化してますが、なにより伊豆といえばフィリピン海プレートですもんね。

2017/6/18(日) 午後 10:30 [ めねふね ] 返信する

顔アイコン

6月19日01:23頃→(ひふみ ですね)
栃木県南部でM3.9の地震発生、
最大震度3。震源は地下約70km。
日光は震度2でした。

フィリピンのコンテナ船の
オーナーが日本郵船から
三菱が浮かびましたが、
船だけではなく最近は
「MRJ」というジェット機を
作りましたね。なかなか、
営業が大変そうです。 削除

2017/6/19(月) 午後 11:35 [ やまとひめ ] 返信する

顔アイコン

> やまとひめさん
遅れてますよねぇ、MRJ。
最初の就航予定は2012年だったんだけどな。
2020年の納期にはまにあうっていっとりますが、まにあっても事故多発じゃシャレになりません。
初飛行は2015年11月11日。名古屋空港。
1111とオワリってなんだか意味深ですね。

2017/6/21(水) 午前 0:35 [ めねふね ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事