僕の映画日記

長い間お世話になりました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

【感想】

今までに観たことの無いような面白さ!これは歴史に残る映画でしょうね

我慢できずに初日に行って来ました。

144分という上映時間の映画ですが、あっという間に終わってしまった感じです。

予告で出てきたシーンも早々と登場し、世界最高のVFX映像を堪能させられます。

ストーリーを殆ど知らずに行ったのが良かったのか、途中から話の展開が面白くなりました。

一方的に地球外生命体に攻撃されっぱなしかと思っていたので…

カシャカシャと音を立てて色々な姿にトランスフォームするシーンは、もっとゆっくり観たいですね。

DVDが出たら、家でコマ送りにしながらよ〜く観たい、という感じです。

今まで観た映画の中でも、これほどまでに見事なVFX映像は数少なかったと思います。

実写とCGの区別がつきにくいというのは、最近の映画のいい傾向ですが、これも見事です。

戦争映画のような戦闘機の出現や、派手なカーアクションやSFタッチのところなど、

私の好きなジャンルに見事に嵌った映画となりました。

主演のカップルの二人も、これからどんどん違う映画に出そうな感じでよかったですよ。

あまり詳しく書きませんが、娯楽超大作を望んでいる人には絶対オススメの一本です。

〔STORY〕
 1897年、南極。一人の探検家がクレバスに落下し、彼はある事故で失明する。これがやがて人類を未曽有の恐怖に巻き込むことになる恐るべき現象の全ての始まりだった・・・。2003年の火星探査機、ビーグル2号の隠された事故の裏には、NASAが封印した最後の交信として残されていたある映像があった。それは、未だかつてない地球侵略を防ぐことができた人類への唯一の警告であった。やがて、未知の惑星からあらゆるテクノロジー機器に姿を変えられる金属生命体は地球へと到達し、秘された目的の為に一斉にトランスフォーム<変身>を始めるのだった。
 現代。地球上で、CDプレイヤー、デジカメ、携帯電話という小さなものから、ジェット機、ヘリコプター、車などの乗り物まで多種多様なマシーンに変身していた彼らに、やがて目的を果たす時が近づくのだった。今、灼熱のカタールで、アメリカの都市で、そしてエアフォース・ワンの機内で想像を絶するトランスフォーム現象が始まり、彼らは見たことも無いロボット状の形へとトランスフォームし、立ち塞がる人類へ攻撃を開始した。
 そして、彼らは、アメリカのとある地方都市に住む16歳の少年の存在を知る。彼の名前はサム。彼の祖先こそ、南極で失明した探検家で、彼らが探し求めている秘密の一端をそうとは気づかず手にしていたのだ。
 同時多発的に起こる攻撃は熾烈さを増す一方で、FBIやペンタゴンすらも彼らの前では無力の存在となる。瞬時に姿を自在に変えることができる彼らの目的とは?そして、一体なぜ地球が選ばれたのか?今、人類は、もはや誰にもそれを止められないことを知るのだった・・・。(goo映画特集より)

閉じる コメント(19)

顔アイコン

こんばんわ。自分も観てきました。初代からのファンなので、演出には20年前を意識したくなる演出もあったので映画を観たファンには、「ニヤリ」とする展開も多々ありました。幸い2作目も決定し、玩具もまだまだ登場しますので今後も楽しめるかと思いますよ。

2007/8/5(日) 午前 1:02 江東のマサ 返信する

日本の玩具を元に作られた映画だそうですね。今まで見た事がありませんが、20年も前から知っていた人には涙ものの映画だったのではないでしょうか?次回作も決定ですか。それは今から楽しみですね。

2007/8/5(日) 午前 1:07 麺達郎 返信する

おっしやるとおり、ずいぶん感想が異なるようですね(^^)その違いも映画の面白さのひとつかなと、個人的には思っています。こちらからもTBしておきますね。

2007/8/5(日) 午前 8:30 [ つっぱり太郎 ] 返信する

顔アイコン

前から気になってた作品でしたが、うちのところでは先行公開がなかったので面白くないのではないかと不安です。今週、見に行く予定です。

2007/8/5(日) 午前 10:16 KrisS 返信する

顔アイコン

これは勧善懲悪もので、ストーリーもわかりやすく、派手なCGを楽しませてもらいました。記事TBさせてね。

2007/8/5(日) 午後 8:46 mossan 返信する

つっぱり太郎さん>賛否両論という表現が正しいかどうか分かりませんが、世の中同じ考えの人ばかりでは無いということです。私はかなり楽しめたので満足度が高いですが、こういう映画には見向きもしない人もいるんでしょうね。お互いの感想の違いを見てもらうと面白いと思いました。
TBありがとうございます。

2007/8/6(月) 午前 0:14 麺達郎 返信する

KrisSさん>この映画は先行上映してないと思いますよ。うちの方でも先行上映したシネコンはありませんでした。面白いか面白くないかはご自身の感覚の問題だと思うので、ご覧になったら感想をお聞かせ願いたいですね。

2007/8/6(月) 午前 0:17 麺達郎 返信する

もっさん>映画の予告編ではおいしいシーンを取っておいた感じですが、善悪の金属生命体の争いが起こるとは想像つきませんでした。VFX技術が格段に進歩しているのでしょうね。実写かCGかの見分けがつきません。

2007/8/6(月) 午前 0:20 麺達郎 返信する

アバター

さすがの迫力でしたよね〜変身シーンは圧巻でした!男性には特に楽しめる映画だと思いましたよ。
私はちょっと後半の戦闘シーンが長く感じて疲れましたが映像のインパクトは忘れられませんね。TBお返しさせてくださいね♪

2007/8/8(水) 午前 7:35 choro 返信する

キューブを持って廃屋のようなビルを駆け上る所なんかは、ちょっと追いつかれちゃうでしょ!って突っ込みたくなりましたが、とてもスリリングな戦闘シーンでした。正義が勝つのは当然ですが、地球への侵入者にも善悪があるというのも、面白いなぁ〜と思いました。

2007/8/8(水) 午後 11:07 麺達郎 返信する

顔アイコン

最近のVFXは、実写の部分との境目がわからないので、見事というしかありませんよね。技術的には、最高レベルの作品でした。ただ、私の好みからいうとシリアスな方がよいので、あまり記憶には残らないかも知れません。あくまで、私の好みですよ。TBさせてください。 (^^)

2007/8/10(金) 午前 3:32 ■Doobie■ 返信する

楽しい映画ですし、観ている時はあっという間に過ぎていくわけですから、それはそれでいいのではないでしょうか。私はこの映画は凄いと思いましたが、人それぞれ好みが違っていいと思いますよ。

2007/8/13(月) 午後 3:43 麺達郎 返信する

鳥肌でした。大興奮です!絶対劇場観賞すべき作品ですね。私もあらすじを知らずに観賞したので物語が展開して面白さが増し、変体するシーンに目を見張り戦闘シーンでは手に汗握るって感じでした。ただちょっとシーンの切り替えが早すぎて敵味方が判断つかなくて名前認識が出来なかった自分が残念でした。

2007/8/24(金) 午前 9:36 uch*k*rori* 返信する

こういう映画は本当にありがたいです。日本映画では決して観ることができないジャンルですし、大きなスクリーンで観るために作られたようなものですからね。機会があればもう一度見たいです。

2007/9/9(日) 午後 5:06 麺達郎 返信する

顔アイコン

期待以上に、面白かったです。
CG技術では、世界の最先端だと思いました。

2007/9/16(日) 午前 0:14 [ シャンパン太郎 ] 返信する

これ結構楽しめる♪ストーリーとかはどうでもいいけどヤッパリ映像が!!!
スピルバーグ&ベイのコンビだけに超一流のさらに上級ですねぇ〜^^

2009/7/20(月) 午前 1:56 やっくん 返信する

初めて観た時の驚愕の映像体験は素晴らしかったです。超一流のハリウッド映画ですね。これは贅沢だと思います。

2009/7/22(水) 午後 9:46 麺達郎 返信する

これぞ娯楽作品の王道と言えますよね〜〜♪
大好きな作品です!!
映像は文句なしに素晴らしい(^▽^)/

TBお返しします!!

2011/7/24(日) 午後 8:16 れじみ 返信する

先日テレビで放送してましたがCMばかりで興ざめ…
やっぱり映画はスクリーンで観たいですね。

2011/7/27(水) 午後 6:11 麺達郎 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事