バリ島語学学校 SIKI BALI ブログ

バリ島に暮らすための情報や、学校のこと、生徒さんの話などを紹介しています!

全体表示

[ リスト ]

バリ島 イメージ 1 は日本人に人気のある観光地ということもあるので、ホテル イメージ 2 や旅行社、アクティビティー会社、ウェディング会社などで働いている日本の人たちが沢山います。
 
今までのSIKIの卒業生の方たちにも、卒業後そのままバリ島で働いている人たちが沢山いらっしゃいます。

もちろん個人差はありますが、その方たちの平均的なパターンは、バリ島の生活にもそろそろ慣れて、インドネシア語もそこそこできてきた3ヶ月〜半年頃から就職活動をしだして、その後1,2ヶ月くらいで就職を決められている。

といったかたちが多いかと思います。
 
SIKIの生徒さんたちや イメージ 6 での問い合わせなどでも、「バリ島で働きたいのですが。。」といったことを時々聞かれます。
 
英語 イメージ 7 も話せて、経験もある人たちはもちろん就職に有利だと思います。

実際外資系の大きなホテル イメージ 8 などで働く日本の人たちには、優秀な人たちが多いようです。

でも、私が今までの生徒さんたちの就職活動を見ていて感じたことは、就職が決まるか否かの一番大きな要因は「運とタイミング」だと思うのです。

「英語もほとんどわからない、インドネシア語もそんなに、、」

といったような人があっさりそれなりの有名ホテルに就職が決まったりすることもありますし、それとは逆に、いくら就職活動を続けてもなかなか決まらない人もいます。

しかしこの「運とタイミング」ももちろん、(社会人として)評価されてからが前提条件だとは思います。

それから、より積極的に動くこと。

求人情報などに常にアンテナ イメージ 9 をはっておくことも大切だと思います。

そしてやはり言葉も重要になってなってきますね。

せっかく面接にまで漕ぎ着けたのに面接官と話ができないのでは何にもなりませんから。。イメージ 13
 
就職先の勤務形態、待遇条件などでは、就職先の規模などによって様々です。

もちろん給料 イメージ 11 などは日本のそれに比べると半分以下のところがほとんどだと思います。

しかし忙しさ、仕事の大変さから言うと、日本と変わらないのではないでしょうか。

私のバリでの友人も、残業や休日出勤などして皆とても忙しく働いていますイメージ 10

それらの勤務形態や待遇なども就職を決めるにあたって気になってくるポイントかと思いますが、それよりも一番重要 イメージ 12 なことは、雇用側が労働ビザを支給してくれることが最低条件になってくると思います。

インドネシアの労働ビザは1年ごとの延長になります。

労働はスポンサーであるその会社で認められており、就職してからの契約期間は1、2年ごと更新というのがほとんどです。

契約を結ぶ前には、担当の人としっかりその内容を確認してくださいイメージ 3

ビザの手続き上で発生する費用のこと、通勤手当や住居手当のこと、有給休暇のこと。

担当がインドネシアの人の場合は、ここでの交渉でがんばれば、よりよい条件にもっていける場合も多々あるようです。
 
バリ島での就職を目指している方、 イメージ 5 が実現することを願っています。



イメージ 4
安心で快適なバリ島留学をお約束する

YAYASAN SIKI BALI
  ホームページはこちら!
  http://www.siki-bali.com

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事