バリ島語学学校 SIKI BALI ブログ

バリ島に暮らすための情報や、学校のこと、生徒さんの話などを紹介しています!

全体表示

[ リスト ]

ウダヤナ大学裏話

今日はウダヤナ大学で日本語を教えている智美さんに、ウダヤナ大学で行われている授業の様子について、少しおはなし聞かせてもらいました。

こんにちは、ともみです。

私はデンパサールのウダヤナ大学で日本語を教えながら、SIKIでインドネシア語を勉強しています。

ときどきこのブログに登場するシンタさん。

現在日本に留学中ですが、彼女はウダヤナの学生で、私の生徒です。

文化や習慣の違いに驚くことも多いと思いますが、きっと毎日頑張っているはず。

私もここに来たばかりの頃はいろんなことに驚きました。

例えば、

インドネシアの大学はとにかく朝が早い!1限目の授業は7時半から。

でも意外なことに、ほとんどの学生は時間通りに教室に来ています。

日本語学科ではインドネシアのジャムカレットは通用しないようですね。

と、思いきや・・・

7時半を過ぎて学校に来た私のパートナーの先生。

「ともみ先生、私はお腹がすいたよ。今から食べましょうか。」

・・・・

学生たちは7時半に来て教室で待っています。ウブドから通っている学生だっています。

先生も頑張りませんか(笑)?


もちろん、良い意味で驚いたこともあります。

100分間の長い授業が終わり、教科書をかばんにしまって、ホワイトボードをきれいにして。

職員室に戻ろうと後ろを向くと・・・学生たちはさっきのまま、席を立たずに私のほうを見ています。

なぜ??

実は、先生が教室を出るまで、学生たちは待っているという習慣があるらしいです。

日本だったら普通、授業が終わる10分前からそわそわし始め、教科書なんてさっさと片付けて携帯をいじりだしますよね?

先生が「終わり」と言ったか言わないかのうちに教室を出ていく人いますよね??

お昼前の授業だったりするとなおさら。

でも、ウダヤナの学生は違うんです。

スマトラの大学で教えている友達も同じことを言っていたので、インドネシア全国的にこの習慣があるんでしょうか。

ちょっと感動しました。日本の学生も是非見習いたいですね。

ウダヤナで教えるのもあと2ケ月半。

でも、新しい発見はまだまだたくさんありそうです。


YAYASAN SIKI BALI
  ホームページはこちら!
  http://www.siki-bali.com

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

さすが、ウダヤナ大学、やってくれますね!
日本では考えられない大学生活の数々…
あと数ヶ月、楽しんでくださいね! 削除

2009/9/30(水) 午後 4:08 [ kwg ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事