ここから本文です
柴犬mametaroのキャンピングカー旅日記
軽キャンパーでの旅日記です

書庫全体表示

前回の長崎レポ。
最後に宿泊場所を書くのを忘れてしまいました。
長崎の夜景を楽しんだ後、向かったのは
「道の駅 夕日ヶ丘そとめ」です。
どうも申し訳ありませんでした。
 
したがって、こんなふうになります。
宿泊場所リスト
1日目(3月25日)  フェリー船中泊
2日目(3月26日)  道の駅 ゆふいん
3日目(3月27日) 道の駅 たけた
4日目(3月28日) 御宿 小笠原
5日目(3月29日) 道の駅 高千穂
6日目(3月30日) 道の駅 フェニックス
7日目(3月31日) 道の駅 霧島
8日目(4月1日)  道の駅 喜入
9日目(4月2日)  九州自動車道 山江SA
10日目(4月3日) 道の駅 有明
11日目(4月4日) 道の駅 水なし本陣ふかえ
12日目(4月5日) 道の駅 夕日ヶ丘そとめ
 
で、夕日ヶ丘そとめの夜が明け、夜ではっきりわからなかった
まわりのようすが見えてきます。
 
この道の駅は、海を間近に見られる位置にあり、
名前からわかるように夕陽が美しいところだそうで、
ここからの夕景は長崎屈指ということです。
 
しかし、夜間に到着していてはそのすばらしさを知るよしもなく、
次の夕陽が見られるころには、もうこの駅にいないということで
残念ながら次の機会ということになりました。
 
さて、mameちゃんを連れて散歩をしていると
立派な建物があります。
イメージ 1
近づいてみると、「遠藤周作文学館」ということでした。
mameちゃんが写ってますね。
 
 
彼の代表作である「沈黙」が
この旧外海町(そとめちょう)を舞台に書かれたものということで
建てられたということです。
ただ、朝が早かったので当然中へ入れず、ガラス越しにのぞいてきました。
 
道の駅夕日ヶ丘そとめ、変わった名前と思っていましたが
外海(そとめ)だったんですね。
海の景色も美しいものでした。
イメージ 2
 
イメージ 7
 
 
そして、まずは本日の目的地
「七ツ釜鍾乳洞」へ向かいます。
 
この日のルートはこんな感じ。
イメージ 8
 
マップをご覧いただくとわかりますが、道の駅から鍾乳洞へ向かう途中に
「つがね落としの滝」というスポットへ寄っています。
 
この滝は、その存在をまったく知りませんでしたが、
走っている途中で滝があるとの案内表示があり、
ふらりと立ち寄ったというわけです。
 
そんな経緯ですから、特に何も期待はしていなかったのですが
とっても驚くことが三つありました。
 
一つ目は、滝へ向かう途中の桜がとても美しかったこと
二つ目は、滝が想像以上に素晴らしかったこと
三つ目は、滝から帰る途中の(本当は行きにも通っている)桜が美しかったこと
 
この日は朝からついてるなあ、という感じです。
一つ目と三つ目は桜がらみなので、桜ファンタジーにアップしようと思います。
 
ここでは二つ目の滝についてレポしようと思います。
 
まず、名前の由来から。
「つがね落としの滝」
とっても変わった名前ですよね。
 
ちゃんと漢字もあります。
それはこう。
イメージ 9
これなら読めますが
 
イメージ 10
どうですか?
 
ちなみに「つがね」とは川蟹のことだそうです。
また、ここは九州自然歩道の途中にある滝のようです。
イメージ 11
 
この滝まで車で行くことはできません。
案内に従っていくと、数台止められる駐車場があります。
 
ここへ車を止めて、いざ出発。
すると、さっそくトンネルが。
このトンネルはセンサーがついていて、
人が通ると点灯します。
 
すると大きな川の流れがありました。
イメージ 12
 
この上流に滝があるようです。
しばらく歩いていくと、出ました。
 
イメージ 13
 
これが「つがね落としの滝」です。
平日でもあったのですが、誰もいません。
誰も来ません。
ただ、ビックリしたのは売店らしき小屋があったことです。
シーズンともなると大勢の人が来るのでしょうか。
 
では今回は滝のスナップをご覧下さい。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
こんな感じでした。
この素晴らしい滝と、見事な桜に出会えたことでとっても満足。
さあ鍾乳洞へ。
と向かう途中に「小田貝塚遺跡公園」という公園があり、
ここでも、桜と桃と菜の花のコラボを見せてもらうことができました。
 
桜ファンタジーで両方をアップします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    滝が綺麗なのか、腕が良いのか、両方なのか分かりませんが、綺麗な滝ですね。
    今し壁手見たら落差20mもあるそうです。
    九州旅行には絶対行かなくては。

    フクロウキャンカー

    2012/6/14(木) 午後 4:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ふくろうさん ようこそ
    当然、滝がきれいなんです。
    いくつも滝を見ていますが、中でもこの滝は上位に位置します。
    滝つぼらしきものはなかったので、夏は川の中に入って
    楽しめるんではないでしょうか。
    とても20mの落差があるとは思えませんでした。

    mametaro

    2012/6/14(木) 午後 4:35

    返信する
  • 顔アイコン

    そんなに素晴らしい桜だったんですね。
    アップを楽しみにしております。

    つがね落としの滝、見事ですね〜
    漢字では読めませんね。

    ぷりん

    2012/6/14(木) 午後 6:09

    返信する
  • ぷりんさん ようこそ
    名高い場所でもないのに、美しい桜に
    会えるのはラッキーでハッピーです。

    誰もいないので一人占めできた気がして
    喜んでいました。

    mametaro

    2012/6/14(木) 午後 9:05

    返信する
  • 道の駅 「夕日ヶ丘そとめ」でランチバイキングを食べた事を思い出しました。
    私も行ったのはお昼だったので残念ながら夕日は見ていません。

    なお

    2012/6/15(金) 午前 5:39

    返信する
  • 顔アイコン

    なおさん ようこそ。
    なおさんも早起きですねー。自分も似たようなものですが。

    この道の駅や西海の海岸はどこも夕日の名所ですね。
    でも、寒さと強風でビビって見られませんでした。

    mametaro

    2012/6/15(金) 午前 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    綺麗な滝ですね。
    つがね落しの滝、漢字で書かれたら絶対読めません!
    そして、ググって一番上に出たページをみたら
    ”心霊スポット”って紹介されててびっくり(苦笑)
    こんなに綺麗なのに〜。 削除

    [ アル姉 ]

    2012/6/15(金) 午後 10:40

    返信する
  • 手前の岩の段が特徴的ないい滝ですね〜

    下から3枚目が特にいい感じ^^
    実際に見てみたくなりました。

    [ わわっち ]

    2012/6/15(金) 午後 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    アル姉さん ようこそ
    こんな感じがあること自体、驚きです。
    名前といい、場所といい、滝に出会うまでは
    ほとんど期待値ゼロでしたが、見たらびっくり。素晴らしい滝でした。
    心霊スポット、こういうのってほとんど気にしてません。
    それより、心霊スポットなら何かいいこと起きないかなあと
    期待する方が大きいかも(笑)

    mametaro

    2012/6/16(土) 午前 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    わわっちさん ようこそ
    全く期待もしていなかったし、予備知識もゼロの滝だったので
    行ってみてビックリでした。
    本当にきれいですてきな滝です。
    浅いので水中カメラも活躍できそうですよ。

    mametaro

    2012/6/16(土) 午前 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ナイスな滝
    糸を引くように素敵に撮れてますね
    自分もこんな写真を早く撮りたい桃太朗でした。

    桃太朗

    2012/6/18(月) 午後 8:11

    返信する
  • 顔アイコン

    桃太朗さん ようこそ
    写真がいいのではなく滝がいいんです。
    本当に落ち着く、いい滝でした。
    もっと有名になってもいいのにと思ったのですが
    有名になると別な問題が起こってきますよね

    mametaro

    2012/6/18(月) 午後 10:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事