★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★

❤只今、友録はしていません☆ファンポチ返しもしていませんのでご了承ください<(_ _*)>

全体表示

[ リスト ]


花咲くいろは 第2話
 「復讐するは、まかないにあり」
 
イメージ 1
 

駄目母の教えは…『人は信用出来ない、人に頼っちゃ駄目、自分だけを信じろ!

裏切られる前の先制攻撃!抉る!刈取る』だった(^_^;) それで今、雑草を刈り

取っていた緒花…しかし『適当な仕事は邪魔なだけだ』女将さんに言わる…
 
イメージ 2
 
 
『仲居の仕事は先輩の仲居が教える…』菜子は女将さんに言われ、緒花に仕事を

教える事になったが…無口で人見知りのせいか余り話しをしない…そんな菜子が

仕事途中で巴に呼ばれ、緒花は次の客室「波の間」の掃除を一人で終えた♪ 
 
イメージ 6
 
 
余り仕事を教えて貰えなかった緒花…《誰かに期待したって仕方ないし…》

一人で仕事を見つける事にした…そんな時、調理場で民子が焼き物を焦がして

賄いを作ってる場合じゃない…って事で、緒花が勝手に賄いを作ってしまった…

皆には褒められるが…民子には『でしゃばるな!アタシへの当て付け?タヒね!』
 
イメージ 7
 
 
更に…『女将!女将を呼べ!』波の間の客、小説家が原稿が失くなったと大騒ぎ

する!掃除をした緒花が疑われるが、女将さんは『警察を呼びましょう』そこまで

しなくていいと言う客…従業員総出で原稿を探して見つからなかったら、今までの

宿泊費をタダにするという約束をさせられた… 
 
イメージ 8
 
 
『波の間はお客様が居ない時の掃除は厳禁だ。菜子に教わらなかったのか?』

『すいません…私、原稿探してきます!』『イヤ良い…また下手な事されたら堪ら

ないからね』 《あぁ〜グレてみようかな…とも思うのですがグレ方が分からない》
 
イメージ 9
 
 
《タダ悔しくて…本当は私…何したいんだろ…》あの日…他人に期待しないと決めた

緒花は参観日に来なかった母に、嫌いなブロッコリーをたくさん付け合せに出した

母は黙って食べた…緒花は少しモヤモヤがすっきりした♪
 
イメージ 10
 
※おぉ〜根性あるなぁ〜(笑)いいぞ〜
 
 
タヒね!が口癖の民子を捕まえ『その言葉止めようよ!』そして『菜子さんは逃げるの

止めようよ!』『私も止めるから!空気読まないのも止める!人に期待しないのも

止める!期待するから、頼るから…だから教えてよ!仕事の仕方とか!』

そして二人の事もっと知りたい緒花は嫌いな食べ物を聞く♪『私、二人に

ムカついてるから!明日も賄い作るから!腹いせに二人の嫌いな物
 
入れるから!』民子=ほうれん草、菜子=里芋… 
 
イメージ 11
 
 
朝…里芋入の味噌汁を作る…緒花♪ 緒花はゴミを捨てに外に出る…

『そこ、ゴミ捨て場じゃわいわよ』巴さんに教えて貰う…『ヤバ…昨日掃除した時の

ゴミも此処に捨てちゃいました』昨日のゴミ袋を見て『もしかして、これが世紀の

大傑作だったりするかも?』中を確認すると…
 
イメージ 12
 
『オハナの柔らかく余りにも敏感なその部分に…なんだろ?その部分って…えーと

…』『ブツブツ…冗談じゃない…分かるもんか…僕は…ブツブツ…』ヒィ─(ノ)゚Д゚(ヽ)─!! 
 
イメージ 13
 
キャ〜緒花!逃げてぇ〜(笑) なんだ この小説家って直木賞がどうのって、言ったたけど…
 官能小説書いてる人?しかも有名な人ではななさそう
 この人は原稿失くなったと、因縁付けて1ケ月分の宿代払わないつもりなんじゃないの
 
 駄目駄目な母様の教え…緒花は、なんだかんだって 母親の言う事の方を信用してたん
 ですね  ま…母親の言う事も一理あるんですが…(笑)
 
 誰にも期待しない…一人でだって何でも出来る…そう思って来た緒花でしたが、仕事をするに
 当たって、それでは駄目なんだって事を思い知らされて、自分から 積極的に関わって行こうと
 してますね
 
 今までの考えを捨てて、方向転換するのは中々出来る事では有りませんよね…(^_^;) 
 この辺が緒花の良い所でしょう…
イメージ 3
 
 
 
 
 
ブログ村に参加しています↓のバナ―を
ポチっと✿(。◕‿-。).:*:☆ ありがとう
イメージ 4
 
イメージ 5

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事