★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★

❤只今、友録はしていません☆ファンポチ返しもしていませんのでご了承ください<(_ _*)>

全体表示

[ リスト ]


夏目友人帳 第4話 「幼き日々に」
 
イメージ 1
 
 
 
笹田さんに誘われて、夏目達は週末に美術館へ行く約束をした♪家に帰ると

塔子さんも、週末に同窓会が有るらしい♪懐かしいと喜ぶが、1つだけ気がかりが

有る様だ…それでも、懐かしいと思える思い出が無い夏目は少し羨ましかった…
 
イメージ 2
 
※イヤ・・栗山さんの方が失礼ですね〜 でもま〜子供の事だから思ったことつい口に出た
 のでしょう…栗山さんの方こそ あの時、塔子ちゃんに酷い事 言ってしまったと、後悔して
 いるのではないでしょうか…
 
 
 
イメージ 8
 
 
《静かだな…夏が来たか…》妖かしが一人…木の上にいた♪退屈しのぎに

子供達を脅かそうとするが気づいて貰えず…《見えないって言うのはホント

間抜けなものだ…あれも、夏だっか…一人だけ居たな…見える奴が》
 
イメージ 9
 
 
数年前…木の下を通る子供達が一人の子を虐めていた…《子のうちから同類を

イビルとはなんと醜いものだ…うるせぇ餓鬼共だ》妖かしは木を揺らして毛虫を

落とす!しかし、一人だけ自分を見ていた少年がいた♪
 
イメージ 10
 
 
《わぁ!》それから毎日少年が木の下を通る度、時に待ち伏せしたりで脅かした♪

楽しくなって来た頃、少年が皆から爪弾きにされ、一人でいる事に気付く…
 
イメージ 11
 
 
《わぁ!…アハハハ〜驚いた!驚いたな〜》『なんで…俺なんかに構うの?

暇なの?』初めて口をきいた少年♪『暇?たまたま行く方向が同じで、お前ごときに

構ったりしていない』『そう…』そのまま帰る少年…《な…何だと言うのだ?》
 
イメージ 12
 
 
 
美術館へ行く電車から昔 住んでいた風景が見えた…夏目の記憶…
 
通学路に在った木の妖かしにいつも、からかわれていた…雨上がりのその日

いきなり出てきた妖かしに驚いて転んでしまい、泥んこになった夏目…『あっちへ

行け!あっちへ行け!俺が何したって言うんだ…お前らなんか大嫌いだ!』
 
イメージ 13
 
 
翌日から少年は木の下を通らなくなった…妖かしは猫に変化して少年を探し…

《今日もあの子は一人》『何だ、にゃんこかおいで』《こんな優しい顔も出来るのか》

『お前は良いな〜僕も早く一人になりたいなぁ…一人で生きて行きたいなぁ〜』

《私は妖かしで、人の心はよく分からない…けれど、
 
一人は悲しい事だよ…それだけは分かるよ…それだけは知ってるよ 
 
イメージ 14
 
にゃにゃ!可愛い!超〜可愛い猫ちゃん ニャンコ先生のライバル登場だよ
 あっちはぶさ可愛い〜けど、こちらのニャンコは美人さんだわ〜♪
 
 
 
数日後、夏目は別な家族に引き取られて行った…一人になり《フン、人間どもは

何故、寄り添いたがって争う?》その後も散々人の醜い部分を見て来た妖かし…

子供をからかったり…夏目の時の様に猫に変化してみても邪険にされる…

《もう〜何も思わぬ、私の時は止まってしまった。あの子はどうして居るだろうか?

優しい笑顔と、悲しい望み…あの子は今、笑って居るだろうか?》
 
イメージ 15
 
 
イメージ 3

 

『あぁ‥良かった、まだ此処にいてくれた…気になってたんだ、変な別れ方をして

しまったから…今なら貴女の優しさが分かる気がするんだ』

《ぁぁ…きっと優しい誰かに会えたんだね?そんな顔が出来るほど》

《懐かしい匂いだ…僕は夏目貴志…貴女の名前を教えてくれますか?》 
 
イメージ 4
 
※おい!友人帳に書かせるんじゃないよね 夏目君、優しい顔でしっかり ご新規さんの
 友人帳増やしてたりして! (*´ゝ艸・`)ププ
 
 
 
『おかえりなさ〜い…ただいま』『ただいま…おかえりなさい』塔子さんも懐かしい

友人に会えて嬉しそう♪そして、会いたい人が居ると言ったら、快く送りだして

くれた友人達♪自分にも…ちゃんと思い出の場所と会いたい人(妖かし)がいた…
 
イメージ 5
 
ジーンときますね〜今回もまた( ;∀;) イイハナシダナー
 最近、夏目の笑顔が増えましたね!作ったのではなくで、心からの笑顔♪
 
 懐かしい思い出がないと言っていた夏目君ですが、塔子さんの話を聞いて…風景を見て…
 自分にも心残りになっていたって思い出したんですね〜♪
 良かったわ〜会えて…そして妖かしの方もずっと夏目の事を想ってて…。゚(゚´Д`゚)゚。
 
 子供的には、急に出てきてビックリさせるので、本当に怖いし嫌ですよ〜(笑)  それが、一人で
 居る自分を構ってくれてた妖かしの優しさだったと気づける程、夏目君はリア充になったって
 事っすね(笑) 
 
 帰る場所が有って、迎えてくれる人がいて…って、今回見て、もう〜これだけで幸せなんだ
 って、思えました それ以上何を望みましょうか?笑顔を向けてくれる人が居るだけで、
 幸せなんですよ
 
 一人で居る事を不幸とは思いませんが、ものすごく幸せとも言いがたいのかもしれないですね(^_^;) そして木の妖かしの言った言葉『人は寄り添いたがって争う』 
 
 そうねぇ〜皆が寄り添って幸せになりたいと、思うのでしょうけど、それぞれが 自分だけ、多くの
 幸せを求めたいから、よその人の事まで考えないのね… それで奪い合いになる…
 幸せに成る為に争うのは、 矛盾してますよね
イメージ 6
 
  
 
 

 
 
ブログ村に参加しています↓のバナ―を
ポチっと✿(。◕‿-。).:*:☆ ありがとう
 
イメージ 16
 
 
 
 
イメージ 7
 
 

閉じる コメント(11)

顔アイコン

じーん、今週のは参になってからのベストエピソード候補です!

妖が感極まって思わず抱きついちゃうなんて・・・それを受け止めてあげた夏目・・・よかったです

2011/7/26(火) 午後 9:38 さんぱぱ

顔アイコン

こんにちは、イツキと申します。ランダムブログから来ました。
夏目友人帳、いいですよね~。以前漫画で読んで、8巻あたり?でいろいろあり読むのやめてしまいましたが、泣ける話がいくつもあり、日本の風情や伝統が守られている感じがしてとてもいいなぁっと何度も思いました。

2011/7/26(火) 午後 10:16 [ イツキ ]

今晩わんポチ☆

今回も良かったわ〜
泣きそうになった!w

にゃんこも可愛かったけど
夏目も可愛かったな〜

あんな子供時代過ごしていても
よく、グレもせず・・・・いい子に
育ちましたw

2011/7/26(火) 午後 11:02 [ joy ]

三パパさん こんばんわ〜コメントありがとうございます♪

ジーンときましたよね〜やはり、心に響く安定した面白さがありますね☆
月日が経っても妖かしは余り歳も取らなくて…感極まって飛びついていった
妖かし者を受け止めるられるだけ、夏目が大人になったのですよね♪

2011/7/26(火) 午後 11:54 ルルベル

イツキさん はじめまして こんばんわ〜♪ コメントありがとうございます <(_ _)>

原作は読んだ事はなくて、アニメだけ最初から見ていますが、本当に良い作品ですよね!
ほっこり、まったり、優しくて心温まる、そして泣ける…これまで何回も泣いてきました!(笑)

2011/7/26(火) 午後 11:54 ルルベル

レンさん こんばんわ〜 コメント&ポチありがとう〜♪

泣きそうになった?泣きはしなかったのね 男の子だから?堪えた?(笑)
あの猫ちゃん可愛かったですよね〜欲しい!ショタ夏目も可愛過ぎますね!

本当に…夏目の生まれ持っての資質でしょうね…優しいから、人と接しなくなって遠慮して…
そうやって自分で自分を守ってきたのですね・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

2011/7/26(火) 午後 11:59 ルルベル

妖も夏目も可愛いですね^^。キュンとしちゃいました^^。ところで、ルルベルさん、No6は見てます?あれはこの先凄いですよ!!世界一初恋並みにキュンとします〜〜^^

2011/7/27(水) 午後 11:21 [ . ]

Shaberibaのくろねこと申します。コメントありがとうです--♪
夏目の笑顔はキュンと来ますね--(涙)
幼いころの夏目のお話は本当に切ないですもんね。
優しい人達。優しいこの妖に・・ありがとうといいたいですね---♪

2011/7/27(水) 午後 11:47 [ rag**rok081* ]

とりこんぶさん こんばんわ〜コメントありがとうございます☆

私も夏目に抱きつきたいです〜(笑) 二人共可愛かったですね〜♪
No6見てますよ〜☆ おぉ?あれがそんな事に? ( ^ิー^ิ)ニヤリ 楽しみですね♥

2011/7/28(木) 午後 9:35 ルルベル

くろねこさん こんばんわ〜先日はトラバありがとうございました☆

夏目の笑顔、良かったですね〜♪ 幼い頃の夏目‥辛すぎます…。゚(゚´Д`゚)゚。
私ならヤサグレます!(笑)

優しい藤原夫妻やクラスメート達と出会って、そういう人達がいて…本当に良かったです♪

2011/7/28(木) 午後 9:56 ルルベル

通りすがりの者です、ごめんなさい。
彼女に紹介されて以来、夏目友人帳、全話DVD視聴しました。
シーズン4はまだ2巻までですが(笑)

中でも、この「幼き日々に」が一番好きです。
幼い頃は理解できなかった、彼女の不思議な優しさに気づき、
人間として優しくたくましく成長した夏目が、
自分の意志で彼女に再会しに行く姿は、
まさしくこの作品全体の根幹をなすものだと思いました。

彼女が涙を流しながら夏目に抱きつくラストは。。。泣けますね。

2012/4/29(日) 午後 8:09 了♂

開く トラックバック(28)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事