★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★

❤只今、友録はしていません☆ファンポチ返しもしていませんのでご了承ください<(_ _*)>

全体表示

[ リスト ]

 
ちやはふる 第10話 「ゆくもかへるもわかれては」
 
イメージ 1
 
 

『太一…凄くない?これ皆かるたやってる人達なんだよ!皆かるた馬鹿なんだよ』

梅雨の真っ只中!全国高校かるた大会東京都予選で瑞沢高校かるた部は全員

袴着用!千早と太一は超〜目立ってる♪そこで千早はヒョロ君と出会う!ヒョロ君

達、北央学園かるた部似はA級が二人も居て…それぞれの思いで大会は始まる☆
 
イメージ 2
 
先ずは予選…机君はお手つきから始まって…《あんなに練習してしてきたのに、

全然思うように取れないよ…》結局、千早、太一、肉まん君の3人が勝って2試合目
 
イメージ 6
 
 
千早が新に会う為に大会へ出場した?そう思っている机君はテンション下がって

ボロ負け…逆に奏は初勝利♪千早と奏が喜び逢うのを尻目に机君はイライラ…
 
イメージ 7
 
 
トーナメントで後二回勝てば優勝!そんな時、机君は『あの、僕…今日帰っていい

かな?』『ばぁ〜か帰って良い訳ねぇだろ?』『だって僕がいなくても勝ち星は足りて

るし…どうせ全国大会へ出るための数合せだったんだ!』『違うよ!机君!』

『駒野…1試合だけ休んでいい…でも決勝戦には出て貰う…部長命令だ』

太一は『俺達は未だ…チームになれてないんだよ…とにかく、勝って決勝へ進む』
 
イメージ 8
 
 
《どうしよう…机君があんな風に思ってただなんて…》机君が気になり…そして

勝たなければ…のプレッシャーに加え対戦相手の気合の入った掛け声で圧倒

される千早…《集中しないと…》しかし千早は得意の【ちはやぶる…】の札を

取られてしまう!  《音が…遠い…》
 
イメージ 9
 
 
《駄目だ…いつもの千早じゃない…はっ…部長命令だなんて言っといて…しっかり

するのは俺の方だ…》太一は読まれた札と他の札も一気に千早の前へ払う!

『失礼…』札を取って戻ってくる時に皆の頭を撫で…『西田、お前が先に勝ってくれ…

そうすれば皆楽になる…大江さんも一番調子いいよ勝てるよ。千早…お前は息を

するだけで勝てる』《え?息?》深呼吸をすると廻りが見えてくる…そして…
 
イメージ 10
 
 
心配で覗きに来ていた机君を見て…《音が…》次々と取っていく千早…そして

『勝ったぞ!瑞沢!』『こっちもだ!瑞沢2勝!』『ガンバレ綾瀬!』
 
イメージ 11
 
 
勢いづいた千早はあっという間に勝利!そして『寝た…』(;´∀`) 奏は机君を

追いかけ『逃がしませんよ…何で帯解こうとしてるんですか?さぁ、直しますから

ちゃんと立って!気が付いてましたか?此処に居る人達の足の甲、皆皮膚が

硬くなってタコになってる…畳の上で何年も正座をしてきた足です。私達が中々

勝てないのは当然じゃないですか?タコが出来るまで頑張りましょうよ』
 
イメージ 12
 
 
『かなちゃん…さっきの初勝利おめでとう(仲間にするなら畳の上で努力し続け

られるヤツが良い…)皆!ごめん!もう一度一緒に僕も…』『ばぁか俺ら5人で

チームだろう?』『決勝戦なんだ、お前がいないと話にならないよ』『瑞沢ファイト!』
 
イメージ 13
 
決勝戦は北央学園かるた部とでしょうかねさて〜何方が勝つのでしょうか? 瑞沢高校は
 初心者二人も抱えてるし、向こうにA級二人いるのに…勝てるんでしょうか?心配だわ〜 (;´∀`)
 
 机君…そうですね〜未だ始めたばかりの人がタコ出来るまでやってる人相手に 早々勝てる
 訳が無い…分かっていても悔しいのですよね…
 
 でも!千早がもし、新に会いたくて大会に出てるんなら、チーム戦ではなくて 個人戦で出た
 ほうが良いそんな事、冷静に考えれば分かるのに…負けが込んで来ると頭が良い机君でも
 冷静な判断ができなくなってしまう…勝負事って本当に精神力強くないと出来ない(;´∀`)
 
 今日も太一は良い仕事しました (*´エ`*)ポッ ワザと札を多く払って千早を覚めさせる…そして
 皆の頭を撫でて安心感を与えて元気付ける…太一は本当に成長しましたね〜♥ 新〜早く登場
 しないと〜太一に乗り換えるぞぉ〜(笑)
 
【本日の百人一首】

☆タイトルになった句
 
これやこの 行くも帰へるも 別れては    知るも知らぬも 逢坂の関 (10番)
 
※ これが、あの有名な、都から東国へ、下って行く人も、都へ帰って来る人も、ここで別れては、また
  ここで逢い、知っている人も知らない人も、ふたたび逢えるという、その名のとおりの逢坂の関だよ                                                By: 蝉丸(せみまる)
 

☆机君試合中の句
 
あまつ風 雲の通ひ路 吹とぢよ   をとめの姿 しばしとどめむ (12番)
 
※ 空を吹き渡る風よ。どうか、雲の中にあるという、天に通じる道を塞いでおくれ。舞い終わって、
 天に帰って行く乙女達の姿を、もうしばらく、ここにひきとめておきたいから  
                                       By:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
 

田子の浦に うち出て見れば 白妙の    富士の高嶺に 雪は降つつ  (4番)
 
※田子の浦の海岸に出て仰ぎ見ると、白い雪をいだいた富士山が、パッと目に飛び込んできた。
 その富士山の高い峰には、今もしきりに雪がふり続けている。それはなんと美しく、神神しい山の
 姿だろう!                        By:山部赤人(やまべのあかひと)
 
 

忘れじの 行末までは かたければ   今日を限の 命ともがな  (54番)
                 
※いつまでも忘れまいとおっしゃるあなたの言葉が、将来も変わらないということは難しいので、
 いっそのこと今日を最後に私の命が終わってほしいものです
                                    By:儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
 
 
☆千早の試合中の句
 
かくとだに えやはいぶきの さしも草   さしも知じな もゆる思ひを (51番)
 
※あなたを好きだと言うことさえ、言う事ができないのだから ましてや、伊吹山のさしも草が燃える
 ように私の思いの火がこんなにも激しく燃えているとは、あなたは知らないだろう。 
                              By:藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
ブログ村に参加しています↓のバナ―を
ポチっと✿(。◕‿-。).:*:☆ ありがとう
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今回もよかったですなぁ。

2011/12/8(木) 午前 0:10 tatikoma003

たちこまさん♪はじめましてヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~~~コンバンワー♪
コメントありがとうございます!リコメ遅くなってすみません(^_^;)

ちはやふるは面白いですよね!

2011/12/19(月) 午後 11:25 ルルベル

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事