過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 97歳の聖路加国際病院の日野原理事長の「いのちの授業」を聴きに行った。日本橋小学校の特別授業が外部にも公開されたもの。たった1時間ということもあったが、本当に期待外れ。

 私は、NHKスペシャルの番組で有名になった金沢市の金森先生とも個人的に親しいだけに、「いのち輝き」のような言葉で授業をする限りは、もっと一人ひとりの生徒に対する視線がはっとするようなものであってほしかった。

 もちろん担任のプロの教師と高名な医者である日野原理事長の1回きりの授業は自ずから違ってきて当然だ。けれども、あまりにも私たちに届いた言葉は少なく、確かにお忙しい時間を割いて授業をしてくださったのだろうけれど、私は空しい時間だと感じた。

 子どもたち相手だったからこそ余計にいろんなものが露わになった気がする。

 それにしても、小学校側の用意周到なこと。子供たちのお礼の詩はステキだった。日野原先生が何を伝えるかあらかじめ調査して、感想文は仕上げられていて、先生に向けすぐに発表された。いやはや。

 今後、少なくとも小学校は公立にお世話になるとは思うが、先生たち・子どもたちに強いられたあの窮屈さは、どの組織にでもあることではあるのだが、白々しい感じが否めなかった。

 もっと日野原先生も講演会や授業の数をこなすのではなく、本当に必要とされている場所でもっと推敲したコンテンツを伝えてほしいと思う。様々な著作もある高名な先生の生の声、本当ならもっと力強く心に響くものであるはずだった、と私はやはり残念で仕方ない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 義弟が仕事に北海道に行ったらしく、思わぬバレンタインプレゼントが届いた。すごい!あの有名な生キャラメル^^しかも5種類も♪夫も私もびっくり。

 いやぁ〜、生キャラメル、口の中でとろけるとろける・・・美味しかった〜♪ごちそうさまでした。

 でも、ずっと前に食べた「キャトーズ・ジュイエTokyo」(新丸ビルB1にあるお店)のキャラメルもかなりおいしかったよ。なんていうか、花畑より凝ってる感じ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事