プレママ→ママ日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

育児本など

 ヨガの先生から教えてもらった松田道雄著「育児の百科 定本」は、親としての気持ちについてしっかり書かれているところがよかった。

 もちろん月齢に応じて気をつけることが列記されていれとても役立つのだが、いささか40年前に初版の本なので少しうふふと笑ってしまうようなところもある。

 だから、やっぱりこの本の神髄は、親として焦らず、のんびり余裕をもって子どもと向き合って!というメッセージにあるんじゃないかと思う。

 さて、細谷亮太著「わくわく子育て日記」は、朝日新聞に連載された人気コラムエッセーをまとめたもの。2ページ読み切りで、非常に読みやすく分かりやすい。医者である著者の人間としてのあたたかさが伝わってきて、初めて育児をする不安を包み込んで溶かしてくれる魔法の本である。同様に、同氏の「はじめての育児」は、カラー写真を多用していて、まさに分かりやすく説明してくれている役立つ本だ。

 この細谷先生の人柄が滲みでているのが「いつもいいことさがし」。本当に気持ちがあったかくなる。この本で言及されていた本もたいがい買った。

 「少女パレアナ」「0歳児が言葉を獲得するとき」「読むことは生きること」など。

 どうして泣いているのか分からない赤ちゃんと向き合うことは、そのまま自分のキャパにぶちあたることでもある。時に自分の底知れない深淵にはまり、絶望感に襲われる。

 児童虐待をしてしまう親はそこで、自らの内面と対話する余裕がなく、そのまま感情のはけ口を物言えぬ赤ちゃんにぶつけることになってしまうのだろう。

 父親や周囲の存在はとても重要だ。けれども、私は少女パレアナのように、どんなことの中からでも喜びを見つける努力、喜びまではいかなくても、起こったことをじっと観察して、その中から何か別の側面を見出す心の目を持つ努力をすることで、もしかしてつらい局面を乗り切る助けにはなるかもしれないと思う。

 私自身がどちらかというと、下手をするとネガティブに傾きそうになる質であるから尚更、考えることで自分のバランスを保つために、そのことが起こったおかげで見えてきたものや感情を、それがたとえ嫌なものであっても、大切にしたいと思う。

 もしそれに別の人間の存在がかかわっているなら、その人がどうしてそういう行動をとったのか、相手からの目で見ることができたら、きっと別のことが見えてきて、あぁ、相手にも事情があったのだとわかる。

 どうしていいか分からない状況に陥っても、そのことにいいことを見出すことは、実は結構できるものだと、私も前から夫と話している。

 つまらないことでいえば、お店に予約がとれなかったとしたら、きっとその日に行っていたら、おいしくない料理が出たに違いないよ、とか、いった風に。そう、たいがいは案外なんとでもなるものだ。

 けれども、本当に何か大変なことが起きた時、人は本当に問いかけることになるのだろう。どうしてこんな目にあうのかと。

 だから、毎日の些事なんかに心を砕いていられるのは幸せだということなのだろう。

 私は本を読まずにはいられない。自分を見つめたいからだ。そう、柳田邦夫氏の著書のごとく、私にとっては「読むことは生きること」だからだ。

 ベビーちゃんを授かったからこそ見えてきた世界と状況。

 あの子が多くを教えてくれる。

 

開く コメント(0)

 生後2ヵ月が過ぎた。ようやくいろんなことが落ち着いた気がしている。

 今もどうしても泣き止まない時もあるけれど、それはやっぱりママと一緒にいたいことに尽きるから、おっぱいをあげたり、抱っこしたり、あやしたり、お散歩したり、そばにいて見ていて声をかけてあげたり、そうすればたいがい安心して、落ち着いてくれる。

 かわいい寝顔を見ていると、本当に幸せな気持ちでいっぱいになる。

 泣き止まずに疲れはてた時は、笑うことができずにみじめな気持ちになるけれど、彼はそんな私をじっと見て何が起きているか観察している。母の余裕がなくなっていること、イライラした気持ちを敏感に感じ取って、泣くのをこらえたような表情になる。

 でも、赤ちゃんだから、やっぱり泣いてしまう。我慢した分、たくさん泣いてしまう。そして、母は余計にこの状態を投げ出したくなる。でも、そんなわけにはいかないから、重くなった小さき人を抱き抱えて、途方に暮れる。

 ただかわいいかわいいと言っていられたら、どんなにいいだろう、と心底思う。でも、小さき人には彼なりのリズムがあって、母が30分も見えないと悲しくなってしまうのだ。もちろん父や祖母がいてくれれば、ちゃんと乗りきってくれる賢さはあるけれど。

 2人きりで過ごしていれば、母はごはんの支度はまずできない。うまく半調理品などを利用して彼のそばで食べる。洗濯は干している姿、取り込んでいる姿が見えていれば大丈夫。キッチンはカウンターだけど、バウンサーからは見えなくて、やっぱり寂しくな
ってしまうのだ。お風呂に入るのも一苦労。

 彼を入れてくれるのは基本的に夫なので、介助に入るが、私自身を洗うのは後回し。でも、おっぱいもあげるし、私も清潔にしておかないといけないし、何より小さき人の成長と共に肩や腕やいろんなところが凝るから、おふろにちょっとでもつかること、これは欠かせない。出産前のようにマッサージにもいけないから。

 夫は最近はやっとごみ出しなどをしてくれるけれど、基本的に片付けない人なので、脱いだ服をハンガーにかけ、読み散らかした新聞をきれいにするのは私の役割。小さき人が生まれるまではそれでよかった。そう、それが私たちのスタイルだった。

 けれども、出産後、病院から戻った時の惨状は休めなければならない体を休めるどころではなかった。私は気になるのだ。ある程度きれいにしていないと居心地が悪くて仕方ない。だから、小さき人が眠っている間、私も眠らなければならないところ、相変わらず片付けばかりしていた。実家の母が来て料理・掃除・洗濯を完璧にしてくれていけど、やっぱりあんまり勝手にはできない領域はたくさんあるからだ。たくさんの内祝の手配も、睡眠時間が毎日3時間ちょっとでは、なかなか進まなかった。

 だから、夫に八つ当たりもしてしまった。ごめんなさい、私のキャパが小さいから、どうしてもこういうことになってしまう。

 そう今は、まだまだ大量に吐くベビーちゃんを前に心配ばかりしていた頃よりは、きっと余裕もできたのだろう。育児書などの本も読み、あぁこういうことだったのかと、やっと安心したり、笑えるようになったりした。

 彼が生まれてくれたからこそ、見えてきた世界があり、自分自身の人間性にぶち当たり、限界を嫌という程思い知らされたりもした。だからこそ、いい本や気持ちのいい人に出会うと感謝の気持ちが大きくなった。苦しかったから、有り難いという気持ちを心底持てるようになったのだと思う。

 かわいい笑顔を見ていると何もかも忘れるのは事実だけど、やっぱり今も私は毎日少しは自分だけの時間を持ちたいとどこかで思い、早く職場復帰したいとも考えてしまう。毎日が切れ目なく、この2カ月間とまでは言い過ぎでも、一日一日と区切りなく続いた時間。
成長を見る喜びはもちろん大きい。でも、まだきっと私はまだまだ自分中心なのだろう。

 でも、育児書に書いてあった。自分だけの時間を毎日少しでも持ってくださいって。余裕がなくなってのイライラはやっぱりベビーちゃんにすぐ伝わってしまうからって。

 私は自分を見つめる時間が必要だ。赤ちゃんと同じで毎日起きたこと、感じたことを整理して、翌日につなげる、その区切りがもう少しやっぱり欲しいのだ。

 心では毎日多くのものを感じ、反省し、でも、ちゃんと言葉にして残しておかないと、私はふと自分がどの位置に立っているのが見失ってしまう気がする。

 まだきっとうまく整理がついていないのだろう。でも、時間がなくても、今の私の気持ちをちゃんと残しておかないと、今、ベビーちゃんと向き合っている、いろんな私をそのまま偽りなく受け入れていかないと、私の明日がない気がしている。

 本当はもっとママママしていたい。職場復帰なんかしたくないって思えるほどに。でも、やっぱりそうもいかなくて、だから、それが残念で悲しかったりすることも、それが自分だってことも、素直な気持ちにならないと、結局どこかで帳尻があわなくなってしまうだろうから。

 小さき命を慈しむ気持ちは次から次へとわいてくる。本当にかわいくて仕方ない。でも、1人の人格を持った存在だからこそ、手を焼くこともあるのだろう。だから、物語のようなただただ優しくていつも笑顔のママではいられないのだろう。その幻想とのギャップが悲しくて、体力もついていかなくて、だから体と一緒でギシギシしてくることもあるのだろう。

 だから、私がいつだって笑っていられること、そんな気持ちのいい状態を作り出すこと、それは誰かに頼るのではなく、自分のできる範囲でやっていこう。

 ママ友さんの輪も広がってきているし、これまでの友人たちとのつながりだってあるのだから。

 頑張るのではなく、楽しんで毎日を過ごしたい。そして、夫にもっとありがとうって伝えたい。私たちのスタイルはこれから少しずつ作りあげていけばいいと思えるから。そう、小さき人にとって一番良い形で。そう、私たちはそうやって、自分たち中心から少しずつ脱皮していけるんだと思う。だって、希望にあふれた未来を開こうとしている小さき人のあのキラキラした目を見れば、あの笑顔を見れば、私たちの流儀なんていつだってやめられる気がするもの。これからも3人でいい時間をたくさん過ごそうね。

 、

開く コメント(0)

仏様のようだ
夫が息子を見てつぶやく。本当に神々しい表情だ。
写真を見た人、実際に会った人みんなが、新生児とは思えない、と言う。

哲学者のような大人びた表情もするし、ただの赤ちゃんの顔にもなる坊や。
5日前に母乳を再開してから、急に甘えん坊になった。
おっぱいを飲んだ後は必ずおっぱいの上でねんね、だ。

でも、母乳が足りないから、それからミルク。これがまた必ず結構な量を吐き戻
す。たらっ〜とならいいのだが、身をよじって苦しがることも多く、見ているのがつ
らい。噴射状の吐き方でなければ心配ないと言われるのだけど、どうにも心配で仕方な
い。そんな時の坊やの形相はまるで違い、阿修羅のよう。

百面相の我が子を見ながら、坊やはママの注意がちゃんと坊やにだけいってない
と、必ず注意をひくためにぐずったり、泣いたりして、訴える。

昨日は黒猫のアイマスクが気に入ったようで、首をねじって見ていたかと思うと、何か声(音というべきか)を発しながら話しかけていた。まだ生後1ヵ月に満たないというのに、明らかに私にも何か言いたげに声を発する時がある。

かわいい坊や、ママは母乳外来に通ったり、助産師さんに出張訪問を頼んだり、いろいろ母乳&ミルクのことを勉強しているんだけど(森永のミルク相談にまで電話した・・)、
ミルクが多すぎるのかほんとのところよく分からない。

尿の回数からいって母乳&ミルクが足りてないということはないけれど、プラスのミルクは多いかもと思って途中でやめるとやっぱり泣いちゃうもんね〜。

助産師さんによって言うことが微妙に違うところがほんと混乱の元なんだよね。

右左のおっぱいを15分ずつを目安に、といったり、右左5分ずつを2クールといったり、とにかく欲しがるだけくわえさせてあげて、といったり・・・

私の体調もあって、区切った方がよかったこともあるのだろうし、確かに右左のおっぱいで90分を毎回してるとさすがに疲れるからな〜。しかも、ミルクも飲み終えるのに40分。

病院推薦の哺乳瓶は飲むのに苦労する(母乳を飲む訓練をするための)タイプで、それでも40分は大変でしょう〜と森永の人には言われた。飲みやすいタイプの哺乳瓶だと5分で飲み終える赤ちゃんもいるらしい。5分!そりゃ疲れないわ。でも、それはやっぱりよくなくて、15分というのがいいらしい、ミルクも。それ以上は飲ませる必要はないとのことで。

でもなぁ・・・やっぱり、そうやって試しても、結局坊やにはぴったりの方法じゃなくて、ミルクが足りないと泣いたりするんだよね。

また病院の母乳外来に週末予約をとっているから、そこでまた聞くしかないんだよね。

しかし、毎回、あ!これで光明が見えたと思っても、結局つかんだと思った光はするりと抜けていくんだよね。もちろんある一部はちゃんと解決してはいくんだけど。依然として解決しないことも多い(謎が解けない)。

今は実家の母が来てくれているからなんとかなっているけれど、その後は本当にどうなることやら。母が帰れば、料理は今の3度どころか1度だって危ういところだろうけど、まぁ、仕方ないんだろうな。赤ちゃんのことで手いっぱいだろうから。

産後うつってそりゃなるだろうな、と思う。助けがなければ、ね。かわいいねんねの顔だけ見てるだけでいいなら、そんなに幸せなことはないけど。

いろんな世界を見せてくれる坊やだけど、私はいろんなことが気になって、あんまりどっしりと構えてもいられないから、イライラは募ることだろう。

いろんなことを記録しておきたいけれど、そんなことしている暇もないし、でも、こうやってブログに少しは断片を残していかないと、あまりにも毎日いろんなことが起こり、突風のように時間が過ぎるので、訳がわかんなくなる。

ヨガの先生が来てくれるのが楽しみだ。体を動かすと気持ちが晴れる。疲れは体もだけど、心が大きいから。

一生懸命やって報われないとイライラする、というのは大人の世界でも、ひとりよがりなことは多いのだけど、こと赤ちゃんに対しては、本当にどうしていいか分からないことも多くて、たいがいは気にせずやっていこうとしているのだけど、理由がどうにも分からず泣かれるとほんともうダメだ〜と焦ってしまう。

あぁ、こんなブルグは残すべきじゃないのか。けれども、どうにも吐き出さずにはいられない。何度も何度もこうやってグルグル状態がやってきて、本当に心底疲れてしまうのだ。

開く コメント(0)

 退院して2週間が経とうとしている。これまでにも、まさにこの瞬間の気持ちを書
き残しておきたいと何度も思ったけれど、全く余裕がなかった。授乳、ごはん、
部屋の片付けで時間がたち、眠る時間がほとんどなかった。ほんとは赤ちゃんと
一緒にママも寝なきゃいけないのだけど。やっとベビちゃんとの生活環境も整い
、部屋の使い道も決まって、それに伴う片付けもだいたい終わったのでよかった(^
ー^)
 
 環境も整えてくれた夫には本当に感謝している。そして、大阪から来てくれ
ている母にも。食事の用意から掃除・洗濯、併用ミルクの準備などをしてくれる
母がいなければ、私はこの2週間で完全に行き場を失ってしまっていただろう。ベ
ビちゃんとよく遊んでくれ、おふろも上手に入れてくれる夫は、妊娠中と同じよ
うに痛む体ももんでくれる。
 
 本当に心強い支えがあって、今生後19日目のベビちゃんの寝顔を幸せな気持ちで眺められていると思う。土曜日に坊やは完全に目が見えるようになったようで、視線がちゃんと合うようになった。指の動きもちゃんと追う。ママもパパもそうでないのに、新生児訪問の検査で「運動神経がいい子ですねぇ」とほめられた。退院1週間目の母乳外来で外出した時は、アフガンにくるまりながら、自分でちゃんと顔をおおって外気から自衛したり、ママが余裕がない時は察知してじっと待つ、申し訳ないけれど、新生児らしからぬ判断をす
る賢い子だ。お客さんがくれば、おとなしく振る舞い、出にくいママのおっぱいを自らの手で押して出すお手伝いもしてくれるかわいい坊や。

 毎時間の授乳でくたびれて泣いた夜もあるけれど、それはあまりの睡眠不足と厳しい母乳指導のための焦りから、まっさらな気持ちで坊やと向き合えていなかったからだと思う。坊やが泣いていても、体も気持ちも全く反応しなかった日、私は早くもママとしての限界を感じていた。大好きでかわいい坊やなのに、どうしていいか分からず、出産の疲れもとれないまま突入した授乳生活で眠れぬ夜を重ねるうちに、投げ出したくなる気持ちが芽生えた。

 妊娠後期まで続いた吐き気と嘔吐、それは不安な気持ちの反映、ある意味での拒否反応だったかもしれない。痛い体と疲れ…終わりのない育児生活が、万全でない状態で始まったことで、壁を感じるばかりだった。でも、夫や母、義父母、友人たちやヨガの先生の支えがあって、今笑顔でいられるのだと改めて感謝の気持ちでいっぱいだ。そして何より、坊やが私にたくさん語りかけ教えてくれる。

 他の子のケースでなく、僕のことをよく見てね、と。坊やは1週間くらい前からは盛んに部屋の中を観察するなど、新生児らしからぬ成長の早さを見せている。そう、新生児とは思えない整った顔立ちにみんなびっくりしているけれど、何よりその表情が時にドキッとする程大人びていて、何を考えているんだろうと思わせる。ロダンくん…冗談だけど、そう名付けようかと思ったほど、考える仕草を入院中は本当によくする子だった。今はきっと安心して私の横で眠ってくれていて、ちょっと神経質そうな表情も影を潜めてくれた。

 赤ちゃんなのに赤ちゃんの事情を優先させず、その場の状況を察知して我慢するなような、この坊やがもっと思いっきり赤ちゃんらしく大人の事情を無視してのびのび育ってくれますように。

 昨晩は私の風邪が悪化し、またも母に夜は完全にミルクをお願いして休んだため、母の疲れもピークに。いびきをかいて眠る母の姿を見て、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。有難いと思っているのに、いらいらして当たってばかりの、この2週間でした。ママになったというのに、人間力不足が見事に露呈するばかりで、本当に自分で自分が嫌になるばかりでした。ふとしたことで当たってしまった夫にも、そんな私を受け止めてくれたことに感謝です。

 ベビちゃん、ママはあなたが今私のそばにいてくれることに、この上ない幸せを感じてます♪支えてくれる人たちに感謝しながら、私自身、少しでも成長できるよう、自分を見つめ直しています。そして、あなたのことをもっともっと知るために、まっさらな気持ちであなたと向き合い、あなたが私や夫の思惑に縛られることなく道を歩んでいけるように、そっと手助けだけはできるように、じっとあなたの必要とするものを見極めて、いつだってあなたのそばにいるよ。あなたの心が寂しくないように、あなたが悲しくないように、私のできる限りのことはするよ。

 やっと今日、ブログにまだ全然全部ではないけれど、私の出産後の気持ちを書けたかな。私の大切なベビちゃん、焦らずのんびりやっていこうね。明日からもよろしくね。おやすみなさい♪

開く コメント(4)

ベビー誕生^^

 予定日より6日早く、我が家にも春がやってきたよ♪かわいい男の子です♪

 いろいろかきたいことはたくさんあれど、今日は安静を言い渡されたので、これから搾乳をしてから、初めてベビーちゃんとは離れて眠りにつきます。

 授乳がまだ本格的にベビーちゃんの成長に寄与するだけの量が出ず、毎日平均細切れで3時間程の睡眠で、これを続けていてはよくない!!と言われました。

 貧血が結構ひどくなってきていて、授乳していても時々ふら〜とくるし、でも授乳頑張ろう!!と時に義務感で90分授乳、1時間もあかずにまた60分・・・などと繰り返し、あぁ今日も午前中はもう終わったのか・・・あれっ、もう夕方なんだ、また朝になるなぁ・・・の繰り返しで、体重はいつの間にか妊娠前に戻ってしまいました。

 いろいろ本当は頑張りどころの時もあるだろうし、あまり弱音は吐きたくなかったけど、昨日はもう体力が限界だったみたいで、起き上がることができなかった。昨日はベビーちゃんもそれを察してか、夜中眠り続けてくれたのは幸いだったけど。

 さて、幸せなベビーちゃんとの生活はおいおいアップすることにして、今日はベビーちゃんに出会えた幸せに感謝しながら、おやすみなさい、です。

 ベビーちゃんともっともっと向き合って、たくさんの笑顔を交わしていきたいね^^

 

開く コメント(2)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事