大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

全体表示

[ リスト ]

ビクセンED80Sf鏡筒用のレデューサーED80Sfは、F値を明るくし視野を広げ周辺像の改善する効果があります。
具体的には、焦点距離600mm(F7.5)を短縮(0.85倍)し て510mm(F6.4)になり写真撮影で威力を発揮します。
 
このレデューサーは、私が使っているSky-WatcherのBKED80 OTAWにも流用できるのですが・・・・
なんと、付属で用意されているM48カメラアダプターはキャノンEOSとニコン用のみ!!
一方、Vixen Tリング・ペンタックス用はM42でM48はネットを探してもどこにも見当たりません。
 
そして、いろいろ調べてたどり着いたのが笠井トレーディングのM48/T2(M42)アダプターです。
外径が2インチでドローチューブ内に潜り込む「ゼロ・プロファイル」対応なので、バックフォーカスが節約できて合焦も期待出来る優れモノです。
イメージ 1
 
早速、レデューサーED80Sfのカメラ側ネジににM48/T2(M42)アダプターを装着して更にTリング・ペンタックスを装着です!!
イメージ 2
 
そして先週末の夜明け前にレデューサーの効果を確かめるために近場で撮ったM42がこちらです。
輝星があると反射ゴーストが出てしまうことがありますが、ノーガイドでも周辺像は良さげです。
イメージ 3
BKED80OTAW&80ED用レデューサー直焦点撮影 PENTAX K-5IIs ISO1000 60sec×4をDeepSkyStacker コンポジットし、PhotoShopCCでフラット補正およびレベル補正を行って仕上げてます。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私が最初に撮ったのがこのM42でやはりノータッチガイドでした。明るいガス雲は30秒足らずで写ってしまうので感動したものですし「お〜、この趣味長続きしそう」と予感しました!
今期は、トラペチウムの四ツ星も撮ってみたいのですが、どうやればよいかは今のところ分かりません(^^;

2014/9/30(火) 午後 9:06 [ kola29 ]

顔アイコン

kola29さん、同じ鏡筒でもやはりキャノンとは色合いが違ってきていますね!
M42は近場でなく大阪から離れた暗い夜空で撮ってみたいと思っています^^
トランペジウムは露出時間を変えて撮って比較明で処理するのでしょうかねぇ^^;

2014/9/30(火) 午後 9:28 [ M45プレアデス ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事