大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

かくれ天体撮影向けカメラ?
PENTAX K-70の投稿をリコーイメージングFacebookページで見かけた結果、ついつい出来心で・・・
イメージ 1
K-5Ⅱsは仕事でも使うことがあるのですがローパスフィルターレスによるモアレの発生が気になって仕方がなかったのですが、フルサイズのK-1やK-3Ⅱに買い替えるほどこの夏は懐に余裕がないのでK-70をポチっ!!

イメージ 2
超高感度 ISO 102400で今までより2段か3段感度を上げることが可能


イメージ 3
バリアングル液晶モニター&赤色画面表示は星撮りの強い味方??
更にライブビュー拡大表示は最大16倍
B(バルブ)に加え、露光時間を10秒〜20分まで設定できるバルブタイマーも内蔵
モードダイヤルには天体撮影向けの撮影モード「ASTROPHOTO」が登録

もちろんローパスセレクターモードが使えるので、モアレや偽色に悩まされることなくこれからは心置きなく写真撮りの仕事にも没頭できそうです(笑)

で!!早速、昨夜は月出までの時間を利用して近場の葛城山の奈良県側山麓で何枚か試写してきました。
今回は時間がなかったのでこんな構成です
・PENTAX K-70+O-GPS1アストロトレーサー+大型カメラ三脚で簡単天体追尾撮影
・キットレンズのPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRを使用

1枚目
イメージ 4
ISO:800、露出時間:60.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでリサイズ

2枚目
イメージ 5
ISO:1600、露出時間:60.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでリサイズ

3枚目
イメージ 6
ISO:3200、露出時間:60.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでリサイズ

4枚目
イメージ 7
ISO:6400、露出時間:30.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでリサイズ

イメージ 8
ISO:3200、露出時間:30.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでレベル補正、トーンカーブ調整後にリサイズ
イメージ 9
ISO:3200、露出時間:60.02sec、焦点距離:18mm、絞り:F3.5、カスタムイメージ:鮮やか、カメラ内RAW展開(jpg変換)、PhotoShopでレベル補正、トーンカーブ調整後にリサイズ

投稿画像はすべてダークフレームもなしですがISO3200までは許容範囲みたいですね!!
場合によってはISO6400もありかな??

お盆休み期間中にはもう少し暗い場所に遠征してK-70の高感度画質をチェックしてみたいと思っています。

8月10日撮影分追記
Facebookに投稿した画像サイズで転載です。
イメージ 12
イメージ 10
新しい観望スポットのチェックを兼ねて奈良県西吉野にある一ノ木ダムまで行ってきました。
月没の夜遅くに現地に到着したので誰もいないだろうと思っていましたが、ブラックバスを釣るためにダムの周回道路を車が移動の繰り返し・・・( ノД`)シクシク…
薄雲も広がり始めていたので今回はK-70によるISO6400の高感度撮影だけ試しました。
PhotoShopでトーンカーブとレベル補正を行いましたが、ダークフレームを撮って減算処理すればSNSの投稿画像なら許容範囲で使える画質ではないでしょうか??
 
イメージ 11
夜半近くになると東の空には秋の星座の代表格であるアンドロメダ座大銀河がもう見え始めてました。

PENTAX K-70+O-GPS1アストロトレーサーによる天体追尾撮影
使用レンズ:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
焦点距離:18mm、露出時間:30.02sec、絞り:F3.5、ISO:6400

開く コメント(10)

12月の新月期は公私とも忙しくて奈良までプチ遠征も出来ずじまいでした。
先週末は氷点下まで気温が下がり、霜が降りていた夜明け前に南河内郡河南町のいつもの観望スポットまでカタリナ彗星を撮りに行ってきました。
月没後、大阪府側の葛城、金剛山を越えて高度30度でカタリナ彗星が見え始めるのが午前5時頃で、薄明が始まるのが午前5時30分^^;
電子極軸望遠鏡でさっと極軸合わせを完了したらカタリナ彗星の近くに見えている明るいアルクトゥールスとスピカでアライメントを済ませて、大急ぎで導入した画像がこちらです。
イメージ 1
Sky-Watcher BKED80OTAW
Canon EOS KissX7iひみつ(笑)
Willam Optics×0.8レデューサー/フラットナー
LPR-Nフィルター
EQ5GOTO赤道儀
Deflexuer3オートガイドソフト
ISO1600 60sec×16

今回は期間限定キャンペーンで安く手に入れることが出来たステライメージを初めて使ってみました!!

ステライメージの基準点指定を彗星のコマにしてコンポジットし、Photoshopで無理やり尾を炙り出しています。
私の雑なスキルでは画像編集しても、かろうじてV字型のイオンテイルとダストテイルが微かに見える程度・・・
RAW画像をベイヤー配列で開いてコンポジットしてベイヤー・RGB変換でカラー画像に変換してもなぜか色がのらないので、RAW現像で開いて画像処理、フラットフレームはサイズとエラー表示されて補正できません^^;

初めてEOS Utilityを使ってパソコンの画面でライブビュー、リモート撮影を行いましたが、K-5ⅡsやX-M1の液晶画面でピント合わせするより格段に便利で効率がいいのを実感しました(笑)

山間部の道路が凍結しなければもう少し暗い夜空で6等級前後のカタリナ彗星を撮ってみたいのですが、今週末には寒波がやってきそうですね^^;;

開く コメント(16)

きのうは南河内郡河南町の山奥まで、新しく手に入れたレデューサー/フラットナーのテストを兼ね星撮りに行きました!!
イメージ 1

日没後、現地に到着したときはまだ天頂には星空が広がっていたのですがセッティングの最中からどんどん雲が広がり始めて、撮影開始直後にはガイドエラーまで起こしてしまう空模様になってしまったので早々に撤収・・・

今回テストした480mm相当の画角で比較的まともかな思われる画像は最初に撮った1枚のみでした(-_-;)
光害地の空で無理やり炙り出した画像をトリミングなしの状態で投稿していますが、9月に撮ったM31よりは周辺部の収差が多少ましになっているような気もします(笑)
イメージ 2

Sky-Watcher BKED80OTAW+FUJIFILM X-M1+WillamOptics×0.8レデューサー/フラットナー+LPR-Nフィルター
EQ5GOTO赤道儀+Deflexuer3オートガイドソフト
ISO1600 240sec×1
画像はCamera Rawで現像後にPhotoShopCCでレベル補正、ダーク・フラット、トリミングなし 

ところで、オートホワイトバランスで撮影していると雲が出てくるとヒストグラムの山の位置がズレませんか?
この場合、空の様子を見ながらあらかじめホワイトバランスを変えた方が良いのでしょうか??

追記
Camera Rawで現像するときにすべての画像を選択して「設定の同期」を行うと3枚目のスクリーンショットのように画像によってはカラーバランスが崩れるので、同期項目からホワイトバランスのチェックを外した方がよさそうですね^^;
Photoshopは使わずにステライメージを使って現像及びスタックすれば、こんな問題は起こらないのでしょうか??




イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5


年内最後の新月期は天気に恵まれるの祈るばかりです。

開く コメント(14)

十五夜は南河内郡河南町のいつもの観望エリアでEQ5とBKED80OTAWを使って月を撮影してました。
イメージ 1

翌日のスーパームーンは帰宅後に南河内郡太子町に出向いて、カメラ三脚にK-5ⅡsとSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM+PENTAXリアコンバーター A 2X-Sでお気軽撮影でしたが、すぐに雲に隠れてしまい撮影枚数は稼げずじまい・・・
リアコンを使って焦点距離を伸ばしているのでピントも甘いです(;^ω^)
イメージ 2

そして今夜は月出の時間を狙ってベランダからニワトリです。
今回はカメラ三脚にBKED80OTAWを載せてK-5Ⅱsで撮影。
ゴットハンドさん命名「夜間飛行」
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

最後はセレストロンの8-24mmズームアイピースを使ったコリメート撮影も試してみました。
イメージ 3

週末の土曜日は天気も回復しそうだけど、月出は21:53
さて、どうしましょう(≧▽≦)

開く コメント(16)

昨夜はGPV気象予報を信じて 奈良県五條市西吉野町まで行ってきました。
予報画面では日付が変わるころまではなんとか星空が広がりそうな濃いグレー色をしていましたが・・・

午後8時過ぎには現地に到着して1時間くらいで設営は完了!
9時頃からSS-oneポーラー電子極軸望遠鏡で北極星を導入しようとしたのですが、
北の空のところどころが雲に覆われている状態で、おまけに初めての場所で、どの辺りが北極星なのかかなり迷ってしまうことに^^;
結局30分くらい待ってようやくカシオペア座が見え始めたので、それを頼りになんとか極軸合わせは完了。

今回もビクセンのED80Sf0.85×とX-M1の組み合わせで周辺部の収差のチェックが目的です。
前回と異なりEOS用マウントアダプターとEOS用Tリングの組み合わせで試してみましたが、
結果は同じΣ(゚д゚lll)ガーン

レデューサのレンズ後端からカメラの受光面までの距離は、Xマウント用Tリングのみの場合と同じ。
今回はM48で装着、前回はM48/T2(M42)アダプターを使って装着ですが、予想通り違いは出ませんでした。
やはりX-M1使用時はバックフォーカスが長すぎるのでしょうか??
仕方ないので当面は周辺部をトリミングして使うしかないか(笑)

撮影時間中は雲に邪魔される時間が長く、ガイドが途中でストップしてしまうこともたびたび・・・
午後11時を過ぎた辺りからどんどん空全体に雲が広がり始めたので、撮影をストップして撤収で今回のプチ遠征は終了となりました( ノД`)

雲に隠れることなくかろうじて写っていたM31を3枚をスタックしてみましたが、
総露出時間が足りずに星雲のもやもやの部分にノイズが多いので、小さめの画像をアップしておきます(爆)

イメージ 1

機材及び撮影データ
EQ5GOTO赤道儀 BKED80OTAW  VixenレデューサーED80Sf0.85× LPR-Nフィルタ48mm  Vixen EOS用Tリング VERNEL EOS用マウントアダプーター 富士フィルムX-M1
ガイド鏡Cマウント75mm ガイドカメラQHY5LⅡ ガイドソフトDeflexure3
ISO1600 240s×3枚 ダーク・フラットなしCamera Rawフィルターで現像→PhotoShopCCで自動整列およびスタック(中央値)、レベル補正

9月22日追記
今日は星マスクと星雲マスクを使ってPhotoShopCCで星雲のモクモク感を強調する練習をしてみましたが、スタック枚数が少ない影響でやはりノイズが目立ちますね(;^ω^)
イメージ 2

開く コメント(10)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事