大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ビクセンED80Sf鏡筒用のレデューサーED80Sfは、F値を明るくし視野を広げ周辺像の改善する効果があります。
具体的には、焦点距離600mm(F7.5)を短縮(0.85倍)し て510mm(F6.4)になり写真撮影で威力を発揮します。
 
このレデューサーは、私が使っているSky-WatcherのBKED80 OTAWにも流用できるのですが・・・・
なんと、付属で用意されているM48カメラアダプターはキャノンEOSとニコン用のみ!!
一方、Vixen Tリング・ペンタックス用はM42でM48はネットを探してもどこにも見当たりません。
 
そして、いろいろ調べてたどり着いたのが笠井トレーディングのM48/T2(M42)アダプターです。
外径が2インチでドローチューブ内に潜り込む「ゼロ・プロファイル」対応なので、バックフォーカスが節約できて合焦も期待出来る優れモノです。
イメージ 1
 
早速、レデューサーED80Sfのカメラ側ネジににM48/T2(M42)アダプターを装着して更にTリング・ペンタックスを装着です!!
イメージ 2
 
そして先週末の夜明け前にレデューサーの効果を確かめるために近場で撮ったM42がこちらです。
輝星があると反射ゴーストが出てしまうことがありますが、ノーガイドでも周辺像は良さげです。
イメージ 3
BKED80OTAW&80ED用レデューサー直焦点撮影 PENTAX K-5IIs ISO1000 60sec×4をDeepSkyStacker コンポジットし、PhotoShopCCでフラット補正およびレベル補正を行って仕上げてます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事