大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

せぱたんさんオヤジさんが使っているEQ5の極軸望遠鏡はレチクルが新しいパターンに変更されていてます!

新しいレチクルパターンは時計の文字盤と同じパターンが表示されているので、時刻目盛りと月日目盛りを観測日時に合わせる作業が不要らしい!!
そのため鏡筒を載せた状態で極軸合わせが可能でなんか羨ましいなと思っていたのですが・・・

GENTAさんのブログでEQ3用の極望からレチクルのみ部品取りすることが出来ることを知り、EQ3用極軸望遠鏡を取り寄せて真似させていただきました(≧▽≦)

イメージ 1

同封されていたのは英文の説明書が一枚のみ^^;
使い方はオヤジさんがブログに投稿しているな内容を参考させてもらうこうとにします(≧▽≦)

イメージ 2

左のEQ5に比べてEQ3の極望は対物レンズの口径が小さめでねじ込む仕様ではないのですね。

イメージ 3

MISUMI(ミスミ)で購入た先端の形状が樹脂パッドのM3長さ10mm六角穴付止ねじです。
今回、極望の光軸調整用の使いづらいイモネジと交換することにしました。
EQ5の極望は若干GP系とは若干ネジ規格が違うのかな??イモネジはM3ネジ規格になっていました^^;

イメージ 4

極軸望遠鏡の光軸調整のイモネジは、こたろうさんのGP2くんのネジ仕様を参考に変更完了!!!
これで現地での光軸調整もかなり楽になりそうです(*´▽`*)

イメージ 5

「赤緯体がまっすぐのときに目盛りが正立するように取り付ければ、赤緯体をまわす必要はありません。」tez*024さんからアドバイスも戴いたのでこれも設定完了。

あとは新月期までに使い勝手を試してみるのみとなりました(笑)

開く コメント(25)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事