大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

DRAGONDEMANDさんが既に赤い彗星を実践配備しているので、こちらはジョニー・ラインデンが搭乗するザクII F型真紅の稲妻を新たに配備しました(爆)
意味のわからない人はスルーして下さい^^;
イメージ 1

YCの通販サイトで予約していたKenkoスカイメモS標準セット(レッド)とオプションの微動台座&アリガタプレート、微動雲台、シャフト付バランスウェイトが今夜のペルセウス座流星群を前にしてようやく到着です。

三脚はペンタックスK-5ⅡsとO-GPS1アストロトレーサーで星撮りする際に使っているカメラ三脚をとりあえず代用です。
SLIK社プロフェッショナルシリーズの大型AMT三脚 「PRO700DX」
パイプ径30.2mmで最大搭載荷重(脚部)10kg、雲台取付けネジ径はU1/4、U3/8両対応なのでスカイメモSの取り付けに問題なし!
KenkoスカイメモSに微動雲台、K-5ⅡsにSAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMCを載せた状態で、脚を1段伸ばしても問題なさそうです。
イメージ 2

スカイメモSの極軸望遠鏡のレチクルパターンは先日EQ5用に交換したあのレチクルパターンと同じ!!
ということは?!
スカイメモSの取扱説明書に書かれている月日・時間目盛環を使った極軸望遠鏡の合わせ方ではなく、オヤジさんがブログに書かれている楽な方法が使えそうです。
イメージ 3

EQ5だとSynscanコントローラーの液晶画面に12時間制の時角「`Polaris Position in P.Scope=HH:MM」と表示されますが、ポータブル赤道儀のスカイメモSには、もちろんそんな機能はありません。
その代りにAndroidのスマホアプリで代用です。
Synscanlnit1.1のP.Scope時角表示とPolarisScopeのレクチルパターンで代用出来そうです。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

これでスカイメモSで極軸合わせわせするときも日付・時間目盛環は使う必要がありません(≧▽≦)

肝心のペルセウス座流星群は8月13日夜から14日の明け方までが見頃ですが、GPV気象予報ではどうやら関西方面は曇り空でところによってになりそうです^^;

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事