大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨夜は夜の早い時間帯に帰宅できたので、ベランダにEQ5を持ち出してSS-oneポーラー電子極軸望遠鏡で北極星を導入するテストを行ってみました。

赤道儀を北極星の見える北に向けて液晶パネルの高度センサーと方位センサーを頼りに北極星を画面内に表示です。
イメージ 1

方位調整ツマミと高度調整ノブを使って北極星をサークル円周上の小さな円の中に導入。
イメージ 2

拡大表示させて小さな円の中に正確に導入でほんの数分で完了することができました!
このあと1時間後に確認してみましたが、北極星は円周上にちゃんとあったので精度は全く問題なしです。
イメージ 3

ガイドソフトDeflexure3のグラフも今夜は振れ幅も小さく安定して推移しています。
イメージ 6

せっかくなので、屋根の上に隠れてしまう前にピント合わせもそこそこに、明るい夜空でM33さんかく座銀河を撮って無理やりあぶり出してみましたが・・・
周辺の星がワープして流れています(-_-;)
イメージ 4

撮って出しの状態だと周辺の星が中心部に向かって伸びているのがハッキリわかりますΣ(゚д゚lll)
イメージ 5

今までK-5Ⅱsで撮っていたときはこんなに顕著な収差は出ていなかったのですが、X-M1では見事なまでに収差が表れてしまいました。
もしかしてこの組み合わせではレデューサーから撮像面までの距離が長すぎなのか、はたまた光軸がズレてしまっているのか・・・
X-M1でレデューサーED80Sfが使えないとなると、お決まりのクローズアップレンズでレデューサーを自作するしかないでしょうか^^;;

機材及び撮影データ
EQ5GOTO赤道儀 BKED80OTAW  レデューサーED80Sf0.85× LPR-Nフィルタ48mm  KenkoTマウントM42mm 富士フィルムX-M1
ガイド鏡Cマウント75mm ガイドカメラQHY5LⅡ ガイドソフトDeflexure3
ISO800 300s×4枚 ダーク・フラットなしCamera Rawフィルターで現像→PhotoShopCCで自動整列およびスタック、レベル補正、トリミング

開く コメント(19)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事