大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

12月の新月期は公私とも忙しくて奈良までプチ遠征も出来ずじまいでした。
先週末は氷点下まで気温が下がり、霜が降りていた夜明け前に南河内郡河南町のいつもの観望スポットまでカタリナ彗星を撮りに行ってきました。
月没後、大阪府側の葛城、金剛山を越えて高度30度でカタリナ彗星が見え始めるのが午前5時頃で、薄明が始まるのが午前5時30分^^;
電子極軸望遠鏡でさっと極軸合わせを完了したらカタリナ彗星の近くに見えている明るいアルクトゥールスとスピカでアライメントを済ませて、大急ぎで導入した画像がこちらです。
イメージ 1
Sky-Watcher BKED80OTAW
Canon EOS KissX7iひみつ(笑)
Willam Optics×0.8レデューサー/フラットナー
LPR-Nフィルター
EQ5GOTO赤道儀
Deflexuer3オートガイドソフト
ISO1600 60sec×16

今回は期間限定キャンペーンで安く手に入れることが出来たステライメージを初めて使ってみました!!

ステライメージの基準点指定を彗星のコマにしてコンポジットし、Photoshopで無理やり尾を炙り出しています。
私の雑なスキルでは画像編集しても、かろうじてV字型のイオンテイルとダストテイルが微かに見える程度・・・
RAW画像をベイヤー配列で開いてコンポジットしてベイヤー・RGB変換でカラー画像に変換してもなぜか色がのらないので、RAW現像で開いて画像処理、フラットフレームはサイズとエラー表示されて補正できません^^;

初めてEOS Utilityを使ってパソコンの画面でライブビュー、リモート撮影を行いましたが、K-5ⅡsやX-M1の液晶画面でピント合わせするより格段に便利で効率がいいのを実感しました(笑)

山間部の道路が凍結しなければもう少し暗い夜空で6等級前後のカタリナ彗星を撮ってみたいのですが、今週末には寒波がやってきそうですね^^;;

開く コメント(16)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事