大阪の明るい夜空で星見☆ミ

星見ビギナーの自分メモ用ブログです。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

昨日は大阪に主張中のDRAGONDEMANDさんと初合流!!
残念ながら当日の天気予報は曇り一時雨のため、大塔方面はあきらめて奈良の葛城市に宿泊です。
葛城市に宿泊した目的は、もちろんホタル撮りです(笑)

宿には早めに到着して荷物を預けたあとは、すぐに葛城山麓公園の現地まで下見です!
イメージ 1
公園内を流れる小川には、自生するホタルの舞いを期待させるカワニナ(手前の水面に見えている小さな黒い細長い物体(笑))がいっぱい!!!

そして夜8時に・・・・・
イメージ 2
葉の裏に止まって光る姿が数匹見える程度で、DRAGONDEMANDさんを満足させるホタルの舞いを見せることが果たしてできるのか、どんどん不安が膨らみます^^;;

更に?!
8時10分頃から次々に飛び始めるのに比例して、ライトを片手にホタル見物にやってくる人も増えてきました(笑)
イメージ 3

明るいライトが写りこんでいる画像も含めて比較明合成で撮ったホタルの舞いをアップしておきます(≧▽≦)
イメージ 4

イメージ 5
私の写真は露払い程度の出来栄えなので、フルサイズ機で時間を惜しむようにホタルの写真を撮っていたDRAGONDEMANDさんのブログ報告に期待しましょう(*´▽`*)

開く コメント(12)

きょうは午後になってようやく雨が上がりましたが
GPV予報では今夜も明日の夜もこんな感じになっています^^;
イメージ 1

昨日は夜になっても曇天で蒸し暑く、深夜には雨が降り始める予報になっていたので、近所までこんな写真を撮りに行ってきました!
羽曳野市の応神天皇陵外濠に生息しているヒメボタルです。
大阪府では準絶滅危惧種としてレッドリストに掲載されています。
今年は暑くなるのが早い影響もあって、例年より10日くらい早く光り始めています。

古墳の森の奥の方で光っているので、残念がらこのスポットでは北極星グルグルとのコラボは出来ません(笑)
南河内でも下旬にはゲンジボタルも舞い始めるので、機会があればホタルと夏の天の川の星景写真を撮ってみたいものです^^
イメージ 2
2015/05/15 21:57-22:16
PENTAX K5IIs DA18-135mmF3.5-5.6ED ISO4000 10sec×80枚 SiriusCompで比較明合成 PhotoShopCCでレベル補正

5月19日追記
応神天皇陵外濠のヒメボタルがそろそろ活動のピークを迎えそうです。
今回はFUJIFILM X-A1で撮ったのでダーク減算なしです(笑)
イメージ 3
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
FUJIFILM X-A1 ISO4000 10sec×100
SiriusCompで比較明合成 PhotoShopCCでレベル補正

開く コメント(16)

昨夜は月明りで夜空が明るい状態でしたが、ベランダに出てお気軽星空撮影を行うことに・・・
キヤノンのコンパクトデジタルカメラPowerShot S120をカメラ三脚にセットして「星空夜景モード」で、東の夜空に見え始めた秋の星座を撮ってみました!!イメージ 1

PowerShot S120の星空モードを使えば、初心者でもカメラ任せで簡単に星空撮影を撮ることが出来るのですが、ズームが広角側に固定されるのはちょっと残念かも。
イメージ 2

星空モードには「星空夜景」の他にもカメラ側で比較明合成を行ってくれる「星空軌跡」や「星空インターバル動画」を搭載していますがまだ試していません(笑)

開く コメント(4)

実は私、デジタル一眼は星撮りではマイナーなペンタックスのK-5Ⅱsを使っています。
オプションのアストロトレーサーGPS UNIT O-GPS1簡易赤道儀機能を使って、広角で天の川や星景を撮って楽しんでいたのですが、イメージセンサーを3次元で動かして追尾する機能は望遠だと追尾時間が短くなり満足できるようなM31やM42を撮ることが出来ませんでした。(人によっては望遠でも撮れている人がいるので腕が未熟なだけかも(笑))
 
となるとやはり赤道儀を手に入れるしかない!
 
しかし予算には限りがある中での調査結果、ベストチョイスはSky-Watcher EQ5GOTO赤道儀しかない!!
 
そこで、なぜか極端に少ないEQ5GOTOのネット上での情報の中で購入の決め手となったブログが、DRAGONDEMANDさんの憧れの天体撮影だったりします!!!
 
というわけで、これがこの夏に向けてEQ5GOTO赤道儀を購入に至った次第です。
 
この6月にゲットしたSky-Watcher EQ5GOTO赤道儀は、ミードのETX経緯台シリーズ以来久しぶり使う初の自動導入赤道儀になりました。
届いてすぐにモーターボックスの軋み音が気になりシュミットさんで一度調整してもらっているので、この夏に稼働できたのは5本の指で数えることが出来る程度・・・
 
今年の夏は西日本が冷夏で雨や雲の広がる日が続いて、新月の時期にまともにテストが出来ていないまま9月に入ってしまいましたが、はやく安定した秋晴れの天気になってほしいものですね^^;イメージ 1
 
その後EQ5のSynScanでのファーストライトは8月19日に南河内郡河南町で撮ったM17オメガ星雲になりました。
ノーガイドでも極軸合わせとアライメントをしっかり行えば、そこそこ精度は良さそうですね(≧▽≦)
イメージ 2
ISO1600 30cec×4枚&30cec×4枚をPhotochopCCで補正してます。

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事