ダイエットなんて簡単さ

メタボリックシンドローム気味でダイエットに挑戦しています♪お役立ち健康情報を紹介します

全体表示

[ リスト ]

医療技術の進歩は著しいです

昔は不治の病と言われたガンも現在では治癒率が高く、ほとんどのガンは早期発見すれば、ほぼ完治できる疾病となりました。

ガンだけでなく以前では困難だった手術も可能になったり、術後の回復が早い腹腔鏡手術などの普及でQOLも格段に向上しています。


ただ問題は医療の地方格差です。

東京など大都市では先進医療を提供する医療機関が揃っているのに、地方に行くと医療機関が少なくなってしまうことです。


地域間格差は、裸眼視力を回復する画期的手術であるレーシック治療にも存在します。

レーシック手術は視力を回復する画期的な治療法です。

従来は一度近視や遠視になってしまうと、メガネかコンタクトレンズをつけるぐらいしか、視力の矯正はできませんでした。
ところが、目の角膜をレーザー光線によって薄く削るレーシック手術が実用化したことで、裸眼の視力を回復することができるようになりました。

レーシック手術は保険がきかないので、当初は治療費が高くスポーツ選手や芸能人など収入に余裕のある一部の人に限られていました。

ところが最近は治療費が10〜40万円程度まで安くなりどなたでも受けられる視力矯正手術になりました。

一方で、当初は一部のレーザー手術に習熟した医療機関だけで行われていましたが、レーザー治療設備さえ導入すればレーシック手術ができると、多くのクリニックが参入したため、中には治療レベルが低くトラブルを起こす医院もありました。

一般の人が優良なレーシック治療クリニックを探すのは、簡単ではありませんが一つの目安として、執刀する医者の氏名や実績が公表されているかどうかがあります。

たとえば、渋谷の道玄坂で開業している加藤眼科の加藤院長は、日本眼科学会認定の眼科専門医で、米国ハーバード大学眼科で屈折矯正手術部門フェローをつとめたり、
厚生労働省監督下で臨床治療試験担当医師を務めるなど、日本のレーシック治療の第一人者です。
(参照:道玄坂の加藤眼科で視力回復レーシック

地方にお住まいの方はレーシック手術のために東京まで出て行くのは大変ですが、安心してレーシック手術を受けるならすこし足を伸ばすことも必要かも知れません。

この記事に


.


みんなの更新記事