閑談〜かんだん

柚木涼香さんを全力応援中!twitterもよろしければご覧下さい(meta0715)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

今年の冬コミ、「コミックマーケット77」のサークル当落発表が行われ、私のサークル「METALION'S LAIR」は無事当選を果たしました。

スペースは、「3日目 西ホール く-22a」となります。
一瞬、「東ホール」と思われたのですが、今回は西ホールになるのですね。

「うたわれるもの」で応募したのですが、新刊の予定はまだ未定です。
これから準備を行い、発表できる状態になったら随時発表させていただきます。

一方で夏コミに続いて柚木涼香さんも冬コミに参加されるとのこと。
新刊以外にも、柚木さんのファンとしていろいろ用意して盛り上がっていきたいと思っております。

どうぞお楽しみに…。
告知が遅くなり、申し訳ありません。
今日は、「ゲームレジェンド FESTA.11」が開催されます。

「ゲームレジェンド」では、私のサークル「METALION'S LAIR」はゲーム展示を行っており、ゲーム機を持参して無料でゲームをできる場を提供しておりますが、今回はツインファミコンの他、MSXも持参いたします。
これを機会に、MSXに触れたことがない方は是非プレイしてみてくださいね。
ゲームは、「グラディウス2」、「メタルギア」などコナミ系ばかりです。

ファミコンやディスクシステムのゲームもいろいろ用意いたします。
レトロゲームが好きな方は是非お立ち寄りください。
お待ちしております。
報告が遅くなりましたが、先日の26日、27日は九州へ行ってまいりました。
九州へ行くのは今回が初めてになります。

九州へ行くきっかけになったのが、「旧松本家住宅」の一般公開の参加応募に当選したからであります。
私が好きな「藍より青し」の物語の舞台、桜庭邸のモデルになった所だったので、一度行ってみたいな、と思い…。
旧松本家住宅は実にきれいな建物で、かつとても格式が高いところでした。
ついに来たという感動もありましたが、中を回る時はちょっと緊張もしてしまいました。

また、せっかく初めて行く九州ですので、旧松本家住宅以外にもいろんな所へ行ってまいりました。
1日目は、福岡空港に到着後、太宰府天満宮、小倉へ行きました。旧松本家住宅はこの日に行きました。
ご存知の方も多いと思いますが、大宰府天満宮は、学問の神として知られる菅原道真公がまつられている場所として有名です。
私は受験生ではなく既に社会人になっている身ではありますが、社会人とて日々学びます。趣味で楽しむ時でも学ぶことはあるのです。今後の開運を祈願したい意味も込めて、立ち寄ることにした次第です。
小倉に行ったのは、九州に住んでいるという知人と会う予定があったためでしたが、せっかくなので小倉城を見たりしてちょっと観光もしてみました。

2日目は、熊本、福岡へ。
熊本に行こうと思ったのは、一言で書くと「馬刺しを食べてみたかったから」であります。
熊本は馬刺しで有名なところだと伺っております。
私が応援している声優さんであります柚木涼香さんの好物らしいのですが、私はこれまで食べたことが無かったので、一度食べてみたいな、と思っておりました。今回九州へ行くことになり、どうせなら馬刺しの本場の熊本にも行って、初めての馬刺しを経験してみようと思い立ったわけです。

同じような理由で、福岡では本場の博多ラーメンとか辛子明太子を体験してみたかったからでして…。
しかし他にも理由があるのです。
「藍より青し」の原作、単行本の第13巻と第14巻は九州がメインの舞台となっております。
九州に来たからには、旧松本家住宅以外にも、可能な限り聖地巡礼もやりたいと思っておりました。
原作では黒川温泉でのお話などありましたが、さすがにそこまで行けず…そこで私が注目したのは福岡でした。福岡に絞り、原作に載っている風景を探せるだけ探してみました。
行きも帰りも飛行機で、空港は福岡空港でしたが、時間が許す限り福岡に滞在しました。
さすがに何もかも見つけることはできませんでしたが、個人的には最小限のところは見つけることができたと思っております。

今振り返っても内容の濃い2日間でした。
初めての九州、とても楽しかったです。写真もいっぱい撮りました。
レポートはこれから書いていきますので、どうぞお楽しみに…。
今回もすっかり感想を載せるのが遅くなり、申し訳ありません。

前回のお話で、頑張ったと凪君にいっぱい褒めてくれて、雫ちゃんはいっぱい泣いてしまいました。
母親に認めて欲しい。構って欲しい。そんな気持ちをずっと持ち続けて巫女を頑張ろうと努力しても、母親に振り向いてもらえない辛さ。その辛さが知らず知らずのうちに積み重なっていたのでしょうね。
結果的に凪君が母親の代わりに雫ちゃんを褒めてあげることで、雫ちゃんは自分の中で積み重なっていた辛さが涙としてあふれ出たのでしょう。
巫女として、普段人前で感情を顔に出さない、出してはいけないだけに、尚のこと辛かったのだと思いますが、こうして凪君にわかってもらえて、ようやく雫ちゃんはこれまでの努力が報われたような気がいたしました。
「藍より青し」で言えば、初めて薫様に好きと言ってもらって葵ちゃんが涙を流す話に近いものを感じました。


しかしながら雫ちゃんは、これまで人前で自分のことをさらけ出して思い切り泣いたことが無かったものですから、戸惑いました。感情を表に出してはいけないのが常だっただけに。
でも凪君は、自分は龍神だから構わないと安心させようとしました。

その凪君の言葉に、雫ちゃんに変化が訪れているようですね。
今まで、誰の前でも我慢し続けてきたけど、凪君なら良いのかな、自分のことをわかってくれる凪君なら、と。
凪君に確認するように、またいっぱい泣くかもしれない、いっぱい甘えるかもしれない、もっと好きになるかもしれないと言ってきました。
凪君もまた、これまで一緒に過ごしてきて雫ちゃんがどんな女の子か知るようになって、いつしか雫ちゃんに好意を持つようになっていたようで…もっと好きになるかもしれないという雫ちゃんの言葉に、ドキッとしてしまいました。

雫ちゃんをいとしく思う凪君は、雫ちゃんとキスをしました。
雫ちゃんの心と凪君の心がつながっていて、お互いがお互いを強く想う、本当に美しいキスシーンだと思いました。
キスの後で、凪君はくしゃみをしてしまいましたが、それはご愛嬌です。

凪君のおかげで、辛くのしかかっていたものが取り除かれたのですから、帰宅する雫ちゃんの顔は晴れ晴れとしていました。
なぜ自分のことがわかってしまったのかと、雫ちゃんが尋ねると、凪君は何となくわかった、という感じでした。もしかしたら、それが龍神の力なのかも…。

今回の出来事で、雫ちゃんと凪君の距離がぐっと近づいた感じですが、これからどんな展開になるのでしょうか?楽しみです。


そして、11/27に発売される単行本第6巻、初回限定版にも是非期待したいと思います。
どこかで予約をせねば…。
昨日のクライマックスシリーズ第2ステージの第4戦で、北海道日本ハムが勝って、ついに日本シリーズを決めましたね!やってくれました!

序盤で4点の差が付いて、これでいけるかと思われましたが、楽天の粘りがあり、1点差まで縮まりました。
しばらく投手戦が続いて、目が離せない、手に汗を握る展開でした。

しかし7回裏は、また日本ハムらしいつなぎの野球を見ることができましたね。
鶴岡選手のファールになるかもしれないラッキーなヒットは、日本ハムに運が向いているのを改めて感じたものです。
8回裏に、楽天の岩隈選手が登板してきたのもすごい展開だと思いましたが、第1戦に続いてまたスレッジ選手がホームラン。本当に強いなと思いました。

こうして決着が付きましたが、ダルビッシュ選手無しで3勝したというのは、本当に頼もしいです。
日本ハムの対戦相手は巨人となりましたが、これまでどおりの野球ができればきっと勝てると思います。
対戦相手が巨人ということは、東京ドームでも試合があるということですね。
都合がよければ、観戦に行きたいですね…。

試合後、楽天の野村監督が楽天だけでなく日本ハムの選手も一緒になって胴上げしましたが、とても心が温かくなりました。
選手同士、握手して健闘を称え合ったりして、日本ハムの選手も楽天の選手も素晴らしいです。

東北楽天ゴールデンイーグルスとその本拠地のクリネックススタジアム宮城を見ていると、移転してきたばかりの頃の日本ハムのように見えることがあります。
北海道に日本ハムが、プロ野球のチームがやってきたのは本当に嬉しいことでした。それまではプロ野球に全くと言って良いほど関心がありませんでしたが、北海道に日本ハムが来てくれたことで、興味を持ち、応援するようになったのです。
もっと多くの人に好かれて応援されるようになれば、楽天も今後CSに出場するのが当たり前になるくらい強いチームになるのかもしれませんね…。

野球は1チーム9人で戦うスポーツですが、その9人だけでなくいろいろな人の力を合わせなければ強くなれないと改めて思います。
運もあったかもしれませんが、日本ハムが日本シリーズに進出できたのはこのためだと思っております。

日本シリーズでは日本ハム、頑張って日本一になって欲しいです。
日本シリーズでも応援いたします!

全218ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事