閑談〜かんだん

柚木涼香さんを全力応援中!twitterもよろしければご覧下さい(meta0715)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
アニサマ1日目のレポートは、こちらです。
アニサマ2日目のレポートの(その1)は、こちらです。

それでは、、「Animelo Summer Live2009-RE:BRIDGE-」の2日目のレポート、2日目の続きを書かせていただきます。
今までと同じく、私が印象に残った曲を中心に書かせていただきます。


2日目(8/23)続き
Suaraさんの後はまたコラボ。田村ゆかりさんと新谷良子さんで『DANZEN!ふたりはプリキュア (ver.Max Heart)』を歌われました。「プリキュア」は見たことがありませんが、ノリノリで楽しい曲ですね。
その次はサイキックラバーさんの 『LOST IN SPACE』。
そして「THE IDOLM@STER」の中村繪里子・今井麻美・仁後真耶子が登場され、 『THE IDOLM@STER』、『キラメキラリ』、『my song』の3曲を披露。しかし私は「IDOLM@STER」も知らず、申し訳ありません…。

その次はm.o.v.eさんが登場。相変わらずパフォーマンスが楽しいアーティストです。最初にセグウェイに乗っての登場です。特別ファンというわけではありませんが、ご出演の度に何をやってくれるのか密かに楽しみだったりします。『DOGFIGHT〜Blazin' Beat(メドレー)』と『Gravity』の2曲を披露されました。

・『Little Wish 〜first step〜』/田村ゆかり
その次は田村ゆかりさんです。1曲目『チェルシーガール』、2曲目『Tomorrow』の後が「魔法少女リリカルなのは」のED『Little Wish 〜first step〜』です。
「リリカルなのは」、好きな作品です。そして、この曲も良い曲で好きです。聴くことができて嬉しかった、単純にそれだけしか感想が浮かびません…。

その次に登場されたのが、GACKTさんです。
何を歌うのかと思ったら、『哀 戦士』でした。ガンダムが好きというのは聞いたことがありましたが…GACKTさんの『哀 戦士』は一味違いました。
他に『The Next Decade』と『REDEMPTION』 を歌われました。GACKTさんの歌は今回生で聴きましたが、とても盛り上がりました。

・『深愛』/水樹奈々+Suara
2日目のトリはやはり水樹さんでした。
水樹さんのソロでは、『Gimmick Game』、『悦楽カメリア』、『Orchestral Fantasia』の3曲でしたが、個人的に一番印象に残っているのは、『Gimmick Game』の後で登場されたSuaraさんと一緒に歌われた「WthiteAlubum」のOP『深愛』ですね。
水樹さんのみで歌っても良い曲なのに、Suaraさんとコラボで歌われるなんて…素晴らしいとしか言いようがありませんでした…。「アニサマ」でないと実現できない、「アニサマ」だからこそ実現できる贅沢すぎるコラボですね。水樹さんと平野さんのコラボに引けを取らないと思います。
生では二度と聴けないような、この水樹さんとSuaraさんの『深愛』、ステージに近いアリーナ席で聴くことができるなんて、本当に幸運でした。

その後は1日目と同じく、出演者全員で『RE:BRIDGE〜Return to oneself〜』を披露され、一度退場。

そしてアンコールでしたが…。
その時、ちょっと私、テンションが高かったようで…。
ずっと「アンコール!アンコール!」と叫び続けておりました。
サイリウムを思い切り振り回しながら。
今冷静に思うと、よくあんな長時間のライブで、ずっと立ちっぱなしで、何も口にせず、トイレにも行かず、サイリウムを振りまくって、それでもよくあんなハイテンションでいられたな、と不思議に思いますが、実際テンションは高かったです。
しかし、その次の日、あまりに叫んだためか喉の調子はちょっとおかしくなっていたようです。
会社の方に「風邪でも引いたのか?」と訊かれてしまいました…。
今は回復しております。ご安心を。

アンコールの1曲目は、2005年アニサマのテーマソング『ONENESS』でした。
その後、各出演者のご挨拶。しかし大槻さんと絶望少女達、GACKTさんがいらっしゃらなかったのはちょっと残念でしたが…。
そしてもう一度『RE:BRIDGE〜Return to oneself〜』を皆で歌って、2日目終了。今年2009念のアニサマ、全日程終了です。

2日目は1日目より30分程短く、5時間半程でした。終了後に時計を見ると21:30過ぎでした。
それでもライブイベントしてはとても長いです。しかし…2日目は、なぜだか何だかあっという間に感じました。5時間半経っていたという気がしなかったのです。どうしてあっという間に思ったのか、未だにピンと来ないのですが…。
それだけ楽しかったということなのでしょうか。

2日目もあまり寄り道せず、半ば急ぎで帰りました。
できるだけ早く帰って、次の日の仕事に備えたかったですし…。それでも自宅の最寄の駅である本厚木駅に到着したのは日が変わる頃でしたが…。

5時間半のライブで何も口にしていない私。しかもその後1時間半以上、電車の中。とにかく空腹でしたので、どこか食べ物屋さんへ行くことに。
前日はサイゼリヤでしたが、今回は松屋です。

そこで私が頼んだもの。

イメージ 1

トマトカレー大盛り(味噌汁付き)+サラダ

イメージ 2

豚めし大盛り(味噌汁付き)

…何となく大盛りをふたつ食べれそうな気がして、頼んでしまいました…。
しかし、やはりお腹は空いていたらしく、思いの外、食が進みました。完食です…。
それぞれ味噌汁が付いてきたので、当然味噌汁を2杯飲みました。


こうして終了した、今年の2日間のアニサマ。疲れはありましたが、身も心もアニソンで元気になった感じです。
アニソン、本当に良いものですね。また来年も参加したいです。
というか、その前に近々パセラとかに行きたいです。

開く トラックバック(1)

アニサマ1日目のレポートは、こちらです。

それでは、、「Animelo Summer Live2009-RE:BRIDGE-」の2日目のレポートを書かせていただきます。
1日目のレポートと同じく、私が印象に残った曲を中心に書かせていただきます。

2日目(8/23)
2日目の私の席はアリーナ席。しかもステージの近く、A3でした。これ以上は望めないほどの良い席です。
なぜこんな良い席のチケットを入手できたかと言いますと、去年12月に発売された「Candyboy」DVD第1巻発売時に実施された、今回のアニサマのチケットが当たる応募企画に当選したからなのです。
「Candyboy」は柚木涼香さんが櫻井雪乃役としてご出演されていた作品で、お気に入りです。ラジオ番組もとても面白かったです。
まさかそのDVDを買ったことで、とても良い席でアニサマを堪能できることになるとは…。Candyboy様々です。

まず最初に水樹奈々さんと平野綾さんが登場し、『DISCOTHEQUE』〜『MonStAR』を披露。いきなり豪華なコラボです。
その後は平野綾さん。『Super Driver』と『Set me free』の2曲を披露。
会場はとても盛り上がっていましたが、私は2曲とも知らず、申し訳ありません…。

続いて登場されたのが米倉千尋さん。 『約束の場所へ』と『10 YEARS AFTER』の2曲を披露。
その次は榊原ゆいさん。アニメ版「プリズムアーク」OP 『そして僕は…』と「かのこん」ED『恋の炎』の2曲を披露。「プリズムアーク」と「かのこん」はAT-Xで見ておりました。
そして妖精帝國が登場。全く知らないアーティストでしたが、話し方が独特でしたね。MCはなかなか面白かったです。『霊喰い』と『last Moment』の2曲を披露。

・『人として軸がぶれている』/大槻ケンヂと絶望少女達
・『空想ルンバ』/大槻ケンヂと絶望少女達
・『林檎もぎれビーム!』/大槻ケンヂと絶望少女達
ついに「大槻ケンヂと絶望少女達」、登場。とは言っても私は「さよなら絶望先生」は見ていないのですが…。しかし知らなくても盛り上がりました。
筋肉少女帯は昔、結構好きでした。CDを聴いたことがありましたし、カラオケもしたことがあります。今回、大槻さんを生で見て、歌も聴くことができたのは嬉しかったですね。MCもさすがでした。
その一方で、絶望少女の方々(小林ゆうさん、沢城みゆきさん、新谷良子さん、野中藍さん)もかなりテンションが高かったです。中でも一番激しかったのは小林さんでした…ある意味大槻さんより目立っていました。
個人的に書いておきたいのが、沢城さんですね。何しろ「くりの人」ですから…(「エルルゥの小部屋 IN うたわれるもの」参照)。
沢城さんがゲストの回を拝聴した時、落ち着いた雰囲気の沢城さんでしたが、話によると仮面ライダーのイベントの時、テンションが高かったようですね。
今回のアニサマでも、「エルルゥの小部屋」の時の沢城さんとはまるで別人というくらいのテンションでしたが、仮面ライダーの時もあんな感じだったのかな、と。とにかくすごく頑張ってらっしゃいました。

・『CHA-LA HEAD-CHA-LA』/影山ヒロノブ
・『聖闘士神話-SOLDIER DREAM-』/ 影山ヒロノブ
影山さんは、あまりにも有名な2曲を披露。ギターを演奏しながら歌われた『CHA-LA HEAD-CHA-LA』も良かったですが、個人的には『聖闘士神話-SOLDIER DREAM-』の方が好きです。とても盛り上がりました。

次に登場されたのがFictionJunctionは3曲を披露。『Parallel Hearts』、『暁の車』、『nowhere』でした。
『Parallel Hearts』は「パンドラハーツ」のOP。作品は割と好きです。『暁の車』は「機動戦士ガンダムSEED」の挿入歌ですね。

その次は「パンドラハーツ」つながりで近江知永さん。『Return to Love』を披露。
そして、近江さんがひとりでは歌えない曲をこれから歌うということで…。

・『Maze』/savage genius feat.近江知永
savage geniusのああさんも登場し、『Maze』を披露。「パンドラハーツ」のEDですが、アニメで聴いたら格好よい曲で気に入っております。これも生で聴くことができて嬉しかった1曲でした。
その後、ああさんが残り、『私をみつけて。』を披露。ああさんも1日目のELISAさんと同じく皆で名前で呼んで欲しいということで、皆で「ああちゃーん!」と叫びました。泣きそうになっていたああさん。25,000人以上の人に名前を呼ばれて、さぞ感動されたことでしょうね…。

次に登場されたのが、飛蘭さん。『Dark Side of the Light』と『mind as Judgment』の2曲を披露。
2曲終了したところで、奥井雅美さんが登場。そして…。

・『魂のルフラン』/飛蘭+奥井雅美
2日目もコラボで「エヴァ」の曲です。
劇場版も公開されて、ものすごい人気ぶりですが、『魂のルフラン』もまた名曲です。
歌唱力のあるおふたりが歌われたことで、更に素晴らしいものになりました。
その後、飛蘭さんは退場され、奥井さんは『LOVE SHIELD』を披露されました。10年以上も奥井さんの歌を聴いておりますが、全く衰えを感じさせません。影山さんなどもそうですが、本当にすごいの一言です。

・『舞い落ちる雪のように』/Suara
・『Free and Dream』/Suara
ここで私のお目当て、Suaraさんの登場です。
今回はどんな曲を歌われるのかなといろいろ予想してみましたが、きっと『Free and Dream』は来るだろうと予想しておりました。放送中のアニメ「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のOPです。Suaraさんにはあまり馴染みがなかったロック調の曲ですが、とても格好よい曲です。
『舞い落ちる雪のように』はアニメ「WhiteAlbum」のEDですね。バラード調で、Suaraさんの持ち味が良く出ている曲です。
「うたわれるもの」が好きな私なので、個人的には「OVA うたわれるもの」のOP『adamant faith』をアニサマで聴いてみたい思いもありましたが…この2曲もとても良かったです。
Suaraさんといえば、先日「キズナ」というアルバムが発売されました。購入しましたので、じっくり聞いてみたいと思います。
来年早々、ワンマンライブが開催されるそうです。めでたいことです。こちらも是非参加したいと思います。


長くなりましたので、一度切ります。すぐに続きを載せます。

※ 追記:
続きはこちらからです。どうぞご覧ください。
イメージ 1


こちらもすっかりレポートが遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

先日の8/22、23に開催された今年のアニサマ、「Animelo Summer Live2009-RE:BRIDGE-」のレポートを書かせていただきます。
知らない歌もある関係で、ここでは私が印象に残った曲を中心に書かせていただきます。

まずは1日目から…。

1日目(8/22)
この日の私の席は200レベル。215扉から入ったのですが、ステージから一番遠いところでした。しかし目の前にステージが見え、巨大スクリーンも見えます。会場全体を見渡すことができ、場内が暗くなると、無数のサイリウムが動いて光ってそれはとてもきれいでした。まるで星空のようであり、プラネタリウムのようでありました。

・『残酷な天使のテーゼ』/石川智晶+angela
いきなり「残酷な天使のテーゼ」とは…最初からテンション上がりっぱなしでした…!

・『Shangri-La』/angela
angelaさんは他に『Spiral』も歌われましたが、どちらかといえば『Shangri-La』が格好よく、好きですね。
いきなりタオルを振り回す振り付けをやる羽目に。丁度私、「うたわれるもの」のタオルを首に掛けていたので、それを使いました。こんな時でも「うたわれるもの」グッズを身に着ける、それが私。

・『F.D.D』/いとうかなこ
アニメ版「カオスヘッド」のOPでしたっけ。アニメ自体は見ておりませんでしたが、どこかで聴いたことがありました。とても格好よいです。他にいとうさんは『追想のディスペア』を歌われました。

・『愛のメディスン 〜アニサマバージョン〜』/桃井はるこ
「ナースウィッチ小麦ちゃん」ですね。久々に聴きました。こういった曲が聴けるのも「アニサマ」ならではで、楽しみの一つです。他に桃井さんは『WONDER MOMO-i 〜World tour version〜』を歌われました。
海外でライブをしてきたという桃井さんは、アニソンについても熱く語りました。本当に桃井さんはアニソンが好きなんだなと思いました。一生懸命歌っているというのが伝わってきました。

・『マイペース大王』/桃井はるこ+manzo
「げんしけん」のOP。このアニメも見ておりました。
その次、manzoさんは『溝ノ口太陽族』と『続・溝ノ口太陽族』を歌われましたが、私、「サンレッド」は知りません。申し訳ありません…。しかしスーツ姿で歌い、走り回っているmanzoさんも一生懸命でした。見るからにきつそうでしたが、頑張っていましたよ。

その次は彩音さんが登場。『コンプレックス・イマージュ』では、スペシャルとして志倉千代丸さんも登場。
その次はELISAさん。「ハヤテのごとく!」OP『Wonder Wind』と「ef-a tale of melodies」OP『ebullient future -アニサマVer-』を披露。会場の皆で「ELISA」と呼んでもらって感動するELISAさん、とても良かったです。
その次は下田麻美さんが登場。鏡音リンの曲「ココロ」を披露。

そして鏡音リンが登場したところで、次に登場したのが…初音ミクでした。
スクリーンに現れ、スクリーンの中で振り付けしながら『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】』を歌う初音ミク。しかし演奏は生バンドでした。生バンドは格好よかったですが、わざわざ初音ミクを登場させる必要性があったのかどうかは不明です。

次は、ビートまりおさんの『Help me,ERINNNNNN!!』。
同人音楽で活躍されてらっしゃる方だそうですが、詳しいことは知らず、申し訳ありません…。
とりあえず、「えーりん、えーりん」と言っておきました。

・『modern strange cowboy』/GRANRODEO
「NEEDLESS」のOPですね。「NEEDLESS」はAT-Xで放送が始まったばかりですが、とてもテンションが高いアニメでとても好きです。OPも格好よいですね。さすがGRANRODEO。

次に登場されたのが、堀江由衣さん。『JET!!』〜『バニラソルト』、『YAHHO!!』を歌われたのですが、それ以上に印象的だったのが、ステージから離れたところにいきなり照明が照らされ、そこに白い小さなステージが。そこに堀江さんが立っていて、そこで歌われたのです。しかもステージに向かって動き出しました。むしろそこがすごかったです。
そして、茅原実里さんも登場し、堀江さんとふたりで 『ハッピー☆マテリアル』。豪華なコラボでした。

そして、『First Pain』と『Prototype』を石川智晶さんが、『J☆S』と『Discovery』を宮野真守さんが披露。宮野さんはダンスがなかなかでした。

・『ダイアモンドクレバス』/May'n
私は丁度BS11で「マクロスフロンティア」を見ております。アニメで流れるのを聴いて、すごい曲だなと思っていたのですが、このアニサマで生で聴いて、やばいくらいにもっとすごかったです。
カラオケで熱唱してみたいとふと思ったのですが、私の力量で果たしてどうでしょうか…?
奥井雅美さんとのコラボ『ミラクル・アッパーWL』、歌唱力のあるふたりが歌ってらっしゃるので、これもすごいの一言でした。

次に登場したのが特別出演の中川翔子さん。「天元突破グレンラガン」OP『空色デイズ』は熱いです。

・『WHAT'S UP GUYS?』/栗林みな実+谷山紀章
確かこれは1997年に放送された「爆れつハンター」のOPですね。これを栗林さんと谷山さんが歌われるとは…それにしても格好よいです。アニメは知っていただけに、このアニメのOPが来るとは驚きでしたが、嬉しかったですね。

そして、ALI PROJECT登場。頭の飾りがどうしても小林幸子さんを連想してしまいました…。
『鬼帝の剣』、『戦慄の子供たち』、『地獄の門』の3曲を歌われましたが、相変わらず独特の雰囲気です。特にMCが…ボーカルの宝野さんが、先日秋葉原に行ったそうです。大きなスクリーンで「妖怪大戦争」のCMをやっていると思ったら、それは宝野さんご自身だったそうで…。どんなホラーなCMだったのでしょうか…?
その次に登場された茅原実里さんも、『Voyager train』、『Tomorrow's chance』、『Paradise Lost』の3曲を披露。会場内がとても盛り上がり、すごい人気振りでした。

・『Precious Memories』/栗林みな実
・『涙の理由』/ 栗林みな実
栗林さんは、他に『sympathizer』を歌われました。
「君が望む永遠」はほとんど見たことがありませんでしたが、『Precious Memories』は聴いたことがありましたね。バックで「君が望む永遠」のアニメ映像が流れ、とてもよい感じでした。
『涙の理由』は「School Days」のEDで使用された曲ですね。切なさを感じるバラードで、これはこれで好きです。

・『SKILL』/JAM Project(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)
トリはやっぱりJAM Project。
『SKILL』の前に歌われた『Crest of "Z's"』 、『守護神-The guardian』 、『レスキューファイアー』、どれも熱い曲ですが、何と言っても『SKILL』でしょう!今年もやってくれました。これは熱い、熱すぎる!
ラストスパートなので、残った体力を使い切るつもりで、私も「MOTTO!MOTTO!」と叫び、そして跳びました。

そして出演者全員が登場し、今年のアニサマのテーマソング『RE:BRIDGE〜Return to oneself〜』。

アンコールの曲は、まず2006年のアニサマテーマソング『OUTRIDE』。
出演者ひととおりのコメントがあり、そしてもう一度 『RE:BRIDGE〜Return to oneself〜』を皆で歌って終了。

…終了して時計を見てみれば、22時を過ぎておりました…。
16時から始まったので、約6時間のライブ。こんなに長いライブだったのですね。私はその間ほぼ立ちっぱなしでサイリウムも振りまくっておりました…。


終了後。会場周辺はとても混雑しておりました。
どこかで休みたいし、何しろこの6時間何も口にしていないので、どこかで食事したい思いがありましたが、休んでしまうと終電に間に合わない恐れがあります。空腹に耐えつつ電車を乗り継ぎ、私の自宅の最寄の駅、本厚木駅へ。
さいたまスーパーアリーナから本厚木まで1時間半から2時間…遠い…。

本厚木駅に到着したのは深夜0時過ぎ。私はサイゼリヤへ行きました。

私が頼んだもの。
この内容にピンと来た方は相当マニアックな方だと思います。
(ヒント:私が応援している方に関係があります。)

イメージ 2

マルゲリータピザ。

イメージ 3

エスカルゴとタラコソースのスパゲティ。

イメージ 4

スパゲティとセットで頼んだミネストローネとサラダ。

イメージ 5

コーヒーゼリーとプリン。

イメージ 6

チョコレートケーキとレモンのジェラート。

深夜料金も含めて、代金が2700円ほどでした…。
しかし、これだけ食べて何だか丁度良い感じでした…。
まあ6時間のライブで、何も口にせずに叫んだりしていればお腹もすく、ということで。


2日目の感想も別途書かせていただきます。
とりあえず、今回はここまでとさせていただきます。申し訳ありません。
最近はブログ更新が滞りがちで、申し訳ありません。

今更で大変恐縮ですが、コミックマーケット76の2日目(8/15)に東京ビッグサイトの会議棟7F、国際会議場にて開催された、「アルケ祭2009 ぷち」と「アクアプラスちょいフェスタ2009 夏」のレポートを書かせていただきます。
幸運にも、どちらのイベントに参加できるチケットを入手できました。


・アルケ祭ぷち2009 夏

司会は矢尾一樹さんと力丸乃りこさん。このお二方のトークが面白く、私はどちらかといえば「アクアプラスちょいフェスタ」が目当てだったのですが、アルケ祭も楽しむことができました。

内容としては、新作ゲーム数種の紹介がメイン、その後彩音さんのミニライブがありました。

(1)PS2『セキレイ 〜未来からのおくりもの〜』
こちらのコーナーでは、月海役の井上麻里奈さんと浅間美哉役の大原さやかさんが登場。
ゲームで収録されているイラストがいろいろ紹介されましたが、どちらかといえばおっぱいの印象が強かったです。

(2)ニンテンドーDS『超怖い話DS 青の章』
茶風林さんの語りで進められていく、臨場感いっぱいで怖い話がたくさん聞けるゲームらしいです。ちなみに10/22発売予定。ちなみに…私は怖い話は苦手です。

(3)PSP『咲-Saki-』
こちらのコーナーでは、東横桃子役の斎藤桃子さんが登場。
しかし、発売予定すら全くの不明のため、齋藤さん自らが謝ってしまうという潔さでした。
また、マージャンパイを使ったゲームコーナーもありました。
齋藤さんが引いたマージャンパイが数牌で5(だったでしょうか?間違いだったら申し訳ありません。)より上か下か、それとも字牌かを当て、当て続けた人がグッズをもらえました。
5人もらえるところが、6人残ってしまい、結果的にじゃんけんで決めてしまう展開に。
じゃんけんで負けた方は何だかかわいそうでした…。

彩音さんが歌われたのは、PSP『ひぐらしデイブレイク ポータブル メガエディション』の主題歌『その先にある、誰かの笑顔の為に』とPS2『トリガーハート エグゼリカ エンハンスド』の主題歌『GRAVITY ERROR』。
「トリガーハート エグゼリカ エンハンスド」は私も購入しました。「エグゼリカ」は結構好きなので。ゲームセンターでもプレイしたことがあります。
「GRAVITY ERROR」は格好良い曲でとても気に入っております。ライブで聴くことができて嬉しかったです。


・アクアプラスちょいフェスタ2009 夏

司会は小山剛志さんと力丸乃りこさん。剛志さんに「肉丸さん」と呼ばれた力丸さんは「アルケ祭ぷち」に続いての司会です。剛志さんとの司会も面白かったです。

(1)ToHeart2
まず、まーりゃん役の小暮英麻さんと久寿川ささら役の小野涼子さんが登場し、ラジオ番組「ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」のコーナーが始まるのかと思いきや…。
どうやらまた新しい「ToHeart2」のラジオが始まるそうです。シルファ役の櫻井浩美さん、河野はるみ役の山川琴美さんとイルファ役の萩原えみこさんがパーソナリティで、「メイドロボ三姉妹」のラジオ番組のようです。
ここで登場したのが、怪しげな蝶の仮面を付けたアクアプラスの「会長」らしき方。どう見ても剛志さんなのですが…(後でしっかりばらしていました。蝶の仮面はド○キホーテで買われたらしいです。)。
PS2版が発売されて5年くらい経つのに、ここへ来てラジオ番組がふたつに増えるとは…。夏コミ3日目のToHeart2の同人誌を出されるサークル様も、一時期と比べれば減ってはいますが、それでも結構多かったですし、ToHeart2の人気ぶりはすごいです。

(2)うたわれるもの
「うたわれるもの」、そして柚木涼香さんのファンである私にとって、本日のメインコーナーがやってまいりました。
どんな展開になるのかと思いきや、いきなり柚木さんと剛志さんのふたりでラジオ番組「エルルゥの小部屋 IN うたわれるもの」をやることに。戸惑う柚木さんでしたが、力丸さん、そして剛志さんも一時退場。

ひとり残される柚木さん。全然知らされていなかったらしく、パーソナリティであるはずの「エルルゥの小部屋」が「どう始まるんだっけ?」と尋ねてしまうほど動揺されてらっしゃったようです。何だかかわいそうでしたが、この後柚木さんは頑張ります。こうして「エルルゥの小部屋 IN ありあけ」が始まりました。
剛志さんがゲストということで登場。柚木さんと剛志さんといえば「うたわれるものらじお」第10回以来でしょうか。

内容としては、剛志さんへの質問コーナーがメインでした。その中で時折剛志さんがやたら「小部屋」を見せたり。相変わらず剛志さんときたら、もう。
それでも柚木さんの質問に対する答えは割りと真面目だったような。剛志さんの役クロウとの共通点について、クロウがベナウィを慕うように、剛志さんもベナウィ役の浪川大輔さんとは本当に仲がよろしいとのこと。去年のアクアプラスフェスタ2008の時も剛志さんと浪川さんの司会は面白かったですし、最近はご無沙汰ですが剛志さんのブログで浪川さんの面白い写真が載ったりしたことがありました。剛志さんに頼まれて浪川さんが応じているのかわかりませんが、また何か面白い写真が載らないかと結構期待しております。

短かくて残念でしたが、こうして「エルルゥの小部屋 IN ありあけ」は終了。
今回も柚木さんのひとつひとつのリアクションが本当にかわいらしくて…剛志さんには思い切り突っ込みを入れたりで相変わらず最高でした…。

(3)ティアーズ・トゥ・ティアラ
ここで、リアンノン役の後藤邑子さんが登場し、ラジオ番組「真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ」のコーナーが始まりました。スペシャルゲストとしてアルサル役の石井真さんが登場、というかこのラジオは後藤さんと石井さんがパーソナリティなので、ごく自然な展開です。というか、なぜ石井さんはメインでのご出演じゃなかったのでしょうか…?
「真・ティアーズ・トゥ・ティアラジオ」は私は聞いていないのでわかりませんが、とにかく石井さんが頑張っていました。ラジオでもこんな感じなのでしょうか?ラップは本当に頑張っていましたが、剛志さんに強制的にストップさせられたり。しかも剛志さんは、なかなか石井さんの名前を覚えてくれなかったり…。

ミニライブコーナーでは、上原れなさんとSuaraさんが登場。
いつしか剛志から上原さんは「小狸」、Suaraさんは「小狐」と名づけられるようになってしまいました…。
上原さんは「夢のつづき」と新しく発売されるアルバムから1曲を披露。Suaraさんは「adamant faith」と「花詞」を披露されました。

Suaraさんといえば、先日新しいアルバム「キズナ」が発売されましたね。買わせていただきました。アニサマもお疲れ様でした(アニサマのレポートも早く書きます。遅くなり、申し訳ありません…。)。

こうして、エンディングを迎えました。剛志さんが何か言いかけたところで、いきなり「あ〜っ!」と叫ぶ柚木さん。どうやら夏コミ3日目の個人スペースでのスペースの位置が変わるらしいことを伝えるのを忘れてらっしゃったようです(実際、3日目当日、スペースは会場外で設置されたテントに変わりました。)。本当に柚木さんにはびっくりさせられたりドキドキさせられたりしますが…そこが良いということにしておきます。

ちなみに剛志さんからの告知というのは、「ちょい」でないアクアプラスフェスタが今年も開催されるということでした。「アクアプラスフェスタ2009」の開催日時は12/27、場所はディファ有明。

今年の年末は…とても忙しくなりそうです…。
しかし柚木さんが来られるなら…また参加せざるを得ません…。

レポートが遅くなり、改めまして大変申し訳ありませんでした。

開く トラックバック(2)

(その1)の感想は、こちらです。

それでは、安城七夕まつりの最終日(8/9)のことについて書かせていただきます。
レポートがすっかり遅くなり、大変申し訳ありません。

最終日の朝は比較的晴れていました。

イメージ 1


しかし、段々と曇り空に。結局夜になると雨が降り出してしまいました。それでも小降りだったのが幸いでした。

ホテルのチェックアウトを済ませた私。時間があったので、とりあえず向かったところ。それは…。

イメージ 2


パチスロ。打ったのはもちろん「快盗天使ツインエンジェル2」
なぜ「ツインエンジェル2」かと言いますと、それはもちろんナインちゃん役の柚木涼香さんの地元、安城で「ツインエンジェル2」を打ってみたかったから。しかし、負けました。
やはり、慣れない所で打つのは良くなかったでしたか…。気を取り直してお祭りの会場へ行きました。

会場の様子を何枚か載せます。
始まって間もない頃は、まだそれほどの人の数は多くなかったですが、やがてどんどん増えていき、賑やかになっていきました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


お昼に食べたもの。

イメージ 7


前日に続いて、その日も天の川かき氷を食べました。もちろん2種類とも。

イメージ 8


そして、焼きそばと「デンパーク」の手作りソーセージ。ソーセージ、手作りだけあって、おいしいです。次に行く機会があれば、「デンパーク」へ行ってみたいですね。

会場の中を歩いていたら、「北城屋」という和菓子屋さんがありました。そこでいろいろ購入したので紹介します。

イメージ 9


カレーどら焼き。あんこの代わりにカレーパンで使うようなカレーの他、福神漬けも入っています。外側が甘くて、中身はカレーですが、これがなかなかおいしかったです。

イメージ 10


抹茶どら焼き。これも抹茶入りのあんこでおいしかったですね。

イメージ 11


これは、水羊羹セットの七夕まつりスペシャルバージョンでしょうか。

イメージ 12


「安城一番」というもなかです。

こんな感じで甘いものを買ったり食べたりしておりました。

あ、もちろん、この日もプラネタリウムを見てまいりました。柚木さんが望遠鏡のテレス役としてご出演されている「せかてん」も堪能させていただきました。
また七夕まつりの期間中、特別プログラムがあり、係の方による40分ほどの解説がありました。私が特別プログラムを聞くことができたのは最終日の8/9でしたが、七夕にまつわる話など、興味深く聞かせていただきました。

思えば、私の地元北海道も七夕は8月ですね。小さい頃、8月7日くらいになると町内会で盆踊り会がありました。短冊などで飾りつけした笹を、盆踊りの矢倉にくくり付けて夜に盆踊りをしていたものです。

他に買ったりもらったりしたもの。

イメージ 13


七夕まつりの公式キャラクター「きーぼー」のストラップ、ダッコちゃんみたいに腕につくバルーン、街頭でいただいた団扇、プラネタリウムでいただいたステッカー。

こうして1日が過ぎ、結局この日もスガキヤで夕食を摂りました。

イメージ 14


今回いただいたラーメンは290円で安く、HPでは伝統の味と書かれ、一番スタンダードなものなのでしょう。おいしかったです。宇治金時のかき氷もおいしかったです。

こうして私は七夕まつりの最終日も夜まで滞在し、夜遅くの夜行バスで神奈川へ帰りました。
2日間安城に滞在しましたが、七夕まつり、本当に賑やかで、面白い催し物もあり、打ち水に参加したり、短冊に願いごとを書いたりしました。飾りもきれいで、とても楽しいお祭りでした。
もちろん、プラネタリウムもとても良かったです。

来年も是非行ってみたいですね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事