閑談〜かんだん

柚木涼香さんを全力応援中!twitterもよろしければご覧下さい(meta0715)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今日はcomic1 ケータイ投稿記事

大変ご無沙汰をしております。
しばらくブログ更新をせず、大変申し訳ありませんでした。

さて、本日は東京ビッグサイトにてcomic1☆4が開催されます。
私のサークルスペースは「ふ17a」です。
新刊を出す予定で準備しておりましたが、間に合わせることができず、ペーパー配布となってしまいました。
大変申し訳ありません。

ペーパー以外では、既刊としてシャマルさんの本や柚木涼香さんの本など用意いたしました。よろしければどうぞお立ち寄り下さい。

GWが始まりましたが、原稿を書いたりしてゆっくり過ごそうと思います。
先日の3/14の日曜日、浅草のROX3にて「タミヤグランプリ イン東京」というラジコン大会が開催、私は「ビギナーズ」クラスに参加してまいりました。

イメージ 1


タミヤが主催するラジコン大会の参加は今回が初めてです。
そしてラジコンカーのレースは、中学生の時に一度やったことがあった記憶がありますが、おそらくそれ以来です。しかし、タイム計測をきちんと行った本格的なレースは多分今回が初めてでしょう。

今回の大会では、私のようなレース経験が少ない人のみ参加できる「ビギナーズ」クラスの他、小中学生のみ参加できる「ジュニア」クラス、「GTチャレンジ」クラス、下の写真のようにジャンプ台やでこぼこ道がある「スーパーラリー」クラスがありました。
イメージ 2


私が参加した「ビギナーズ」クラスですが、他の参加者の方々はとても速かったです。
きっと事前に練習を積んだり、他の大会に参加したりしてこられたのでしょう。
私も時間を見つけて練習をしてきたつもりですが、まだまだ初心者の域を出ません。
まともなレースすらほとんどやったことがなかったというレベルです。
数回練習して、ようやくまともに走らせることができるかどうかです。
コース取りは甘くコーナーでは大回り。当然ながらとても遅かったのです。

イメージ 3

ちなみに私が当日用意したマシンがこれです。痛ラジコンです。
声優・柚木涼香さんが演じたキャラのイラストをいろいろ貼り付けたフェアレディZです。

予選は2回行われ、その結果下位に沈み、書くまでもない結果となりました。
それでも人数が少なかったようで、決勝戦に参加できることになりましたが。
決勝戦でも大苦戦。しかし2回の予選を経験して、予選よりはややまともに走れていたと思います。
それでもまだまだ遅いですが…。

イメージ 4


他の参加者の方々のマシンは中にはとてもきれいなマシンがあったりして、他のレースを見るのも楽しかったです。
上級者のレースはすごいですね。コースのライン取りがうまく、無駄な動きが無く、速いスピードでコーナーを駆け抜けていきました。

結果は全然だめでしたが、レースの時は夢中になってをラジコンカーを走らせていました。
やっぱりひとりで走らせるより、何人かで走らせた方が楽しいですね。
ラジコンカーを作るのも楽しいですが、走らせるのは、レースをするのはもっと楽しいです。
昔、「RCカーグランプリ」という番組があって、私はその番組でラジコンカーのレースを見てきたものでしたが、多分あんな風にレースがしたいなと思っていたと思います。
その日はひとつの夢が叶った気がいたしました。
朝から夕方までラジコンカーを満喫させていただきました。

これからも機会があれば、また参加したいなと思っております。
その時はもっと練習をして腕を磨かなければ…。
そして、また新しい痛ラジコンをお見せしようかと思っております。、

追伸:
この場をお借りして書かせていただきます。
当日、私にアドバイスをしてくださった方、とても助かりました。
改めまして、本当にありがとうございました。

開く トラックバック(1)

今回も感想がすっかり遅くなってしまいました…。
大変申し訳ありません。

これまでのお話で、そよぎちゃんも凪君に愛の告白をし、キスをして本格的に「凪君争奪戦」に加わる形になりました。
…というわけで、凪君と一緒になるべく凪君の取り合いになったことは言うまでも無く…。

これでは埒があかなくなってしまい…雫ちゃんはひとつの提案をしました。
ジャンケン一回勝負で勝ったら1人2時間凪君と過ごすことができるというもの。
巫女の3人の白熱なバトルが繰り広げられたことでしょうが、肝心の凪君は置いてけぼりな状態でした…。

最初に勝ったのは火凛ちゃん。
火凛ちゃんの部屋で恋愛ものの映画のDVDを見たりしていちゃいちゃして過ごしました。
そして恋人ができたらふたりで映画を見ることに憧れていたんだと言い、凪君ならいろんなことをして良いんだよと迫りました。

ドキドキする凪君でしたが…しかし、そこで時間切れ。

次はそよぎちゃん。
そよぎちゃんは凪君と料理の練習です。
これまで凪君から教わったこともあったのか、包丁さばきはだいぶ良くなってきた様子。
凪君が指をくわえて味見をすると、私にも味見させてくれとそよぎちゃんは凪君の指をくわえてしまいました。
純粋にそよぎちゃんは味見をしたかっただけのようですが、凪君は結構ドキドキでした…。

最後に雫ちゃんでしたが、海に行くには日が傾いてきたからと、雫ちゃんは凪君がしたいことで良いと言ってきました。
凪君と一緒なら何でも良い、と…。

凪君は皆と一緒に近くの店まで行くことに決めました。
皆と一緒でしたが、それぞれ楽しく過ごしたようで、一件落着といった感じでした。

それでも、雫ちゃんはうずまきパンを加えて凪君に迫るあたり、やっぱりふたりきりの方が良いのでしょうね…。

「comic1☆4」のお知らせ

少し先ですが、4/29に開催される「comic1☆4」にサークル参加させていただくことになりました。

ちなみに、ジャンルは「リリカルなのは」です。
新刊の予定は、今検討中ですが、最近まともに漫画の同人誌を出していないので、そろそろちゃんとしたシャマルさんの本を出したいなと思っております。

スペースは「ふ17a」です。

当日に向け、お知らせすることができましたら、追って告知をさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
第61話の感想を書かせていただきます。
こちらもすっかり遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

凪君とそよぎちゃんのキスの後、ふたりは船で奥津島に戻ったようです。
そして翌朝…。

火凛ちゃんが凪君を起こしに行くと、そこには、凪君とキスをするそよぎちゃんの姿がありました。
火凛ちゃんが驚くのも無理はありません。

しかし、そよぎちゃんがキスをしたのは、凪君と約束をしたからだとそよぎちゃんは言いました。
奥津島へ帰る船の中での出来事です。
結局凪君はそよぎちゃんには何も買ってあげることはできませんでした。
それを凪君は少し後悔しているようでした。
ならばと、そよぎちゃんは願いをひとつ聞いて欲しいと凪君に言いました。
それは、これから凪君にいっぱいキスをしたいということ。
そして、凪君からいっぱい自分にキスをして欲しいということ。

これはもう凪君にとってはたまらない願いなのですが、だめなのかとうつむかれると、凪君は聞いてあげるしか無かったようです。
こうして約束は交わされたのでした。

そして以前火凛ちゃんが、自分が凪君のことが好きだからこれから遠慮はしないということを、そよぎちゃんや雫ちゃんに伝えたように、そよぎちゃんもまた、これから遠慮はしないで、凪君から寵愛を賜ることを火凛ちゃんに言いました。
火凛ちゃんが自分の思いを伝えた時は、そよぎちゃんはまだ火凛ちゃんのことを理解できないでいました。しかし好きという思いをさらけ出し、そよぎちゃんなりに好きになる心というものを理解しました。
こうしてそよぎちゃんも凪君争奪戦に加わるための準備ができたようです。

しかし既に自分の気持ちを伝えて先手を打っている火凛ちゃんは、負けるつもりは毛頭ありません。
すぐに凪君にキスをしてしまい、その後は火凛ちゃんとそよぎちゃんは大喧嘩…。

一方で、雫ちゃんはそよぎちゃんの変化に喜んでいるようでした。
そよぎちゃんが凪君のことで思いつめている感じだったことに心配していたようです。しかし凪君と一日過ごしたことで、元気になったことを喜んでいるようでした。
幼少の頃から雫ちゃんはそよぎちゃんのことを知っており、巫女になったことで、巫女の使命にこだわり自分の思いを閉じ込めていたという点で雫ちゃんはそよぎちゃんと似ていることを感じていただけに、気掛かりだったようです。

しかし…雫ちゃんとて凪君争奪戦に負けるつもりはないようです。
それに、早かれ遅かれ3人で争奪戦をやることになると予想していたようですね。
凪君がそよぎちゃんとキスの約束をしたことが雫ちゃんに知られて動揺する凪君でしたが、雫ちゃんは平然としていました。凪君が私達の前に現れてから、私達の日常は終わったと雫ちゃんが言いましたが、凪君と会うことで、火凛ちゃんもそよぎちゃんもきっと自分のように凪君のことを好きになると思っていたのでしょうね。動揺しないあたり、雫ちゃんの余裕が感じられました。
しかし実際のところ、キスの約束について内心どう思ったのかはわかりませんが…。
きっと雫ちゃんなりに燃えているのではないでしょうか。

これから遠慮無しに、凪君争奪戦が始まることになるのでしょうか。今後の展開に期待したいと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事