閑談〜かんだん

柚木涼香さんを全力応援中!twitterもよろしければご覧下さい(meta0715)。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

http://www.h6.dion.ne.jp/~zwochin/banner/utaradi_ani.gif
このバナーはレンニャク様から拝借させていただきました。

それでは、番外編の感想の続きを…。
相変わらず、グダグダした内容で、申し訳ありません。

・ふつおた(その2)
その後、メールの紹介が再開されました。
私もそうですが、ゲームの続編を含めてラジオの復活を望む声が多いようです。
柚木さん「アクアプラスにメールだ。やっぱり、皆。「うたわれるもの」の続編を作れー!って。」
柚木さんも続編を期待してらっしゃるようです。

最終回ではエルルゥこと柚木さんが歌う「運命-SADAME-」のフルバージョンが流れて、柚木さんご本人がびっくりされたとのこと。
フルバージョンはどのCDにも収録されていないのですね…ムック本のおまけCDなど、是非何らかの形で収録して欲しいです。

・巨大フォーク
また、ここで番組宛に送られたものを紹介。
フィリピン製の、70、80cmほどの長さの巨大フォークです。
番組紹介のページの写真には巨大スプーンもありましたね。
飾り彫りが施されているようです。
インテリアの飾り物としてぴったりということで、力也さんと柚木さんのサイン入りで音泉のどこかに飾ることになるみたいです。いろんな意味で記憶に残る番組になりますね。番組自体がレジェンドです。

・ふつおた(その3)
「うたわれるものらじお」が始まって1年。かなり身を削ってきたという柚木さん。
しかしその頑張りのお陰で、番組は実に楽しいものでしたし、力也さんもこうして柚木さんに対してデレっとなってしまうくらい変わったことなどを考えれば、本当に大したものだと思います。力也さんもかんしんされていましたが、さすが「捨て身」の方ですね。本当によく頑張ったと思います。
しかしそこまで身を削ることができたのも、番組にかける思い(というより、力也さんにかける思い?)…は相当なものだったのではないでしょうか?本物です。

「箱根の皆さ〜ん!うたわれるものですよ〜!」の名ゼリフができたり、ムック本の撮影などで、もはや「うたわれるものらじお」の聖地と化した箱根。
現地からの反響は無かったそうなので、その点は残念でありますが、まあこれからですよ。
これから行きたいなぁ…と思っている人がここにいますので。
それは私だけではないと思います。きっと「うたわれるものらじお」関係で箱根へ行くという人が、今後増えるのではないでしょうか。時間が経てば反響も出てくるのかも…。

しかし柚木さんがご覧になったどこかのテーマパークのパレードのDVDで、主人公キャラの着ぐるみのセリフに「○○の皆さ〜ん、○○ですよ〜!」というのがあって、柚木さんは大笑いされたとのこと。
なんとなくですが、最近「○○の皆さ〜ん、○○ですよ〜!」という言葉をいろんなところで見かけるような気がします。これはみな、「うたわれるものらじお」の影響でしょうか…?

メールの中には、ファンサイトについても触れているものが…。
柚木さん「ファンサイトなんて、あったんですか?
いっぱいあるよ!
しかし、確かに私もいろんなファンサイトを拝見して、すごいなと思って感心したり楽しんだりしたものです。私はこうして感想を書いておりますが、せいぜいそれくらいのことしかできませんでした。
もっとできることはあったはずなのに…。
ですから、イラストとかたくさん載せているサイト様は本当にすごいと思いました。この場をお借りして、お礼を述べたい気持ちです。本当にありがとうございます。

ムック本について柚木センセイから「先行販売で入手したら、通常で購入する人のために写真のネット流出は止めてね☆」(一部脚色あり)というお願いがありました。
お気持ちはわかります。私も「ネタバレ」はあまり好きな方ではありませんし。
柚木センセイのご意思ならそれに従うまでです。

また「CDボックスを作ってみてはどうか」という案も。
ここでも柚木センセイがいろいろとアイディアが…。何でもドラマCDとかSuaraさんのCDとかが入るボックスで、イラストは甘露氏だそうですが、実現したら多分購入するかと…。

・ディレクター日高氏へプレゼント
メールの紹介が一段落し、話題は変わって、ディレクターの日高氏のことについて…。
番組の収録の状況は「地味」だったと振り返る柚木さんでしたが、その状況の中で、ラジオパーソナリティ初心者だった力也さんそして柚木さんを支えてくれた日高さんにお礼がしたいとのこと。

ここでも「うたらじ営業本部長」柚木センセイの本領が発揮です。
急遽、収録ブースに日高さんを呼び込むことになりました。嫌がっているようでしたが、「Radio ToHeart2」のディレクターの方が代わってくれたため、日高さんは入ってくれることに。

力也さんと柚木さんが日高さんのために用意したものは、「力也さんと柚木さんの生声入り目覚まし時計」。後でお菓子も日高さんにプレゼントです。

目覚まし時計にはショートバージョンとロングバージョンが録音されているとのこと。
柚木さん「あの、気持ちですが、受け取ってください。」
日高さん「ありがとうございます。」
日高さん、しゃべってくれました。おふたり、大喜び。日高さん、良い方だ…!

ショートバージョンの内容:
ハクオロさん(力也さん)・エルルゥ(柚木さん)「日高さーん、うたわれるものらじおですよー!」

もしショートバージョンで起きられなかった場合は…。
ロングバージョンの内容:
エルルゥ(柚木さん)「日高さ〜ん、おはようございます♪朝ですよぅ、起きてください。んもぅ、いつまで寝ているんですかっ。むぅ、ハクオロさんも言ってください。」
ハクオロさん(力也さん)「日高、起きるんだ。朝だぞ。さぁ、編集が待っている。全国のリスナーのために頑張るんだ。日高、日高!いつまで寝ているんだ!ひだかあああ!
エルルゥ(柚木さん)「ハクオロさんっ!?はっ、なんか違う人にちょっとなっていたかも…起きてください、日高さん☆」

ちなみに、この台本を考えたのは柚木センセイ。
さすが、「リリカルパーティーIII」でシャッフルアフレコのセリフを考えただけのことはあります。
ショートドラマならば、脚本も書けるのではないでしょうか?
力也さんも柚木さんも、本当に感謝の気持ちがあったから、こんな手の込んだプレゼントを考えることができたのだと思います。
こんな素敵な目覚まし時計、私も欲しいです…。

力也さんも柚木さん、そして日高さん、本当に皆とっても良い方たちだ…。
ここまで「うたわれるものらじお」が素晴らしい番組になったのは、この3人の団結があったからなのは間違いないと思います。
もし復活されることがあるならば、その時はやはり日高ディレクターで…。

・イナゴの佃煮と丁稚ようかん
また話題が変わって、番組宛に送られてきた食べ物の紹介。
ひとつは丁稚ようかん。もうひとつは力也さんが苦手の兵庫県明石のイナゴの佃煮。
柚木さん曰く、イナゴは足が美味いらしいです。柚木さんにとっては懐かしの味のようです。
また柚木さんの父はかたつむりを食べたことがあるらしいとのこと。
柚木さんのご家庭はかなりワイルドのようです。
ちなみに私はイナゴは食べたことがないのですが、中国へ行って大抵のものは食べていたので、多分問題なく食べてしまいそうです。
力也さん、「海老だと思えば」、「これは仮面ライダーだよ?」などとおっしゃり、相当我慢して召し上がったようです。こうして残りは、野島邸へ…。

しかし丁稚ようかんとなると、力也さん懐かしの味だけあって、大喜びです。
よほど嬉しかったのか、柚木さんにも分けてくれました。
柚木さんもあんこは大好きなので大喜び。
それよりも力也さんが「あ〜ん」してくれて、口に押し込む感じで食べさせてくれたのが、もっと嬉しかったようです。どんどん柚木さんに対してフレンドリーになっていく感じで、力也さんの成長振りを感じて幸せそうな柚木さんでした…。

・エンディング
ラジオCDVol.4の特別編など、まだ収録はありますが、残念ながらネット配信での「うたわれるものらじお」は今回が最後…。

もうラジオはやらないと柚木さん。ラジオは「うたわれるものらじお」が最初で最後になるのでしょうか。
一層、「うたわれるものらじお」が伝説のラジオになりそうですが、何だか勿体ない気もいたします。
やはり柚木さんがラジオに出るなら、力也さんも一緒に出ないと、ですね。

力也さん「また会いましょうね。」
柚木さん「すぐ会うじゃん。」
これからもいろいろ一緒に仕事をする機会もあるでしょうが、仕事を含めてプライベートでも仲良くしていったら良いですね。もちろんおふたりの応援を続けていきたいです。

力也さん「それでは、皆様」
力也さん・柚木さん「いつかまたお会いしましょう。」

力也さん、柚木さん、そして日高さん、最高のラジオでした!
最終回でもう終わりと思っていたので、番外編まで作ってくださるなんて、本当に嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
最後の最後まで楽しませていただきました。
本当にお疲れ様でした!

さて、まだ音泉に「うたわれるものらじお」の番組紹介のページが残っているうちに、メールをひとつ出さねば…。


ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。
最後の最後まで長くて、申し訳ありません…。

開く トラックバック(1)

http://www.h6.dion.ne.jp/~zwochin/banner/utaradi_ani.gif
このバナーはレンニャク様から拝借させていただきました。

それでは遅くなりましたが、第52回の感想を書かせていただきます。
前回で最終回が配信されたため、今回は番外編という形になっております。
これが本当に最後になるのでしょうか?

・ハクオロさんとエルルゥのミニドラマ
エルルゥ「ハクオロさん、ハクオロさ〜ん!」
ハクオロさん「ん?なんだい、エルルゥ。」

エルルゥ「最終回を迎えたはずなのに、なんで私達ここにいるのでしょう?」
ハクオロさん「ああ、それはだな、番組終了後にリスナーの皆様からたくさんのメールをいただいたんだ。」
そのため、リスナーの皆さんにお礼を言いたくて、1回だけの復活をすることになったとのこと。

エルルゥ「じゃあ、これが本当に最後なんですね。」
ハクオロさん「最後というよりは。」
エルルゥ「いうよりは?」
ハクオロさん「…番外編かな。」
1回だけと言わず、何度だって復活しても良いのに〜!

・オープニング
前回で最終回が配信されたのに、また配信…ということで、こっそりウイスパー気味で始まりです。
力也さん「皆様、こんにちは、こんばんは。ハクオロ役の小山力也です。」
柚木さん「同じく、こんばんは、こんにちは。エルルゥ役柚木涼香です。」
力也さん「すいません、終わったのに。」
柚木さん「こっそりやってま〜す。」

1回だけ復活をすることになったということで…。
柚木さん「あ、なんか私達、素敵♪」
力也さん「え?」
柚木さん「ほら、彦星と織姫みたい♪
ロマンチックな柚木さん。しかし…。
柚木さん「一度だけ戻ってきたなんて。」
力也さん「一度だけ。もう二度と会えない。
柚木さん「なんでよー!しょっちゅう会うの!二度と会えないって言うな!
…こんな感じなので、今後のおふたりの仲はあまり心配しなくても大丈夫そうです。
柚木さん「力ちゃんとゆずちゃんはうまくいってるから、みんな!」
どちらかといえば、柚木さん次第、といったところでしょうかね。

ディレクター日高さんによると、第50回までに番組宛に送られたメールの総数が、28972通。1回平均580通になる計算だそうです。プレゼントや応募を除いてもこの数。
他の番組がどれくらいなのかはわかりませんが、すごい数です。
きっとこの番外編が配信された後でも、かなりメールが来ていることでしょうね。私も出したいと思います。
力也さんも柚木さんも、メールを目に通しただけでもかなり大変だったのではないでしょうか?
本当にお疲れ様でした。

・ふつおた(その1)
今回は最終回が終わった後に送られてきたメールを次々と紹介されております。

まず1通目が、「新刊シンジツblog」のGAITOU様。番外編でしかも1番手でメールが紹介されるとは…うらやましい限りです。

2通目。「最後の10分ぐらいは涙を我慢するのが大変だった」というメールに…。
柚木さん「泣くとこありましたっけ?
私も最終回は、笑いながら楽しんで聴いていたものでしたが、やっぱりエンディングに近づいてくるとどこか寂しい気持ちが…。

その後、番組終了を惜しむ内容とか、力也さんと柚木さんの結婚NGは残念だったけど幸せだったとか、最終回の番組紹介のページに載っていた写真は、あれは絶対キスしてる(私もしていると思います。)とか、さまざまなメールが紹介。
こうして、メールをいっぱい紹介するのは、実はこの番外編が最初だったのではと思いました。
「うたわれるものらじお」はどちらかといえば、力也さんと柚木さんの楽しくてラブラブなトークがメインでしたからね…私はそう思います。
有料化になっても、多分私は聴くと思います。他はそこまでして聴かないと思いますが…これだけは特別ですね。

今回の収録では力也さんによると、柚木さんは赤いお召し物を着ており、ほっぺも赤いとのこと。
力也さんに指摘されて「うふ☆」と喜ぶ柚木さん。
最終回での箱根での撮影についてのトークの時も、柚木さんのほっぺが赤かったということを力也さんがおっしゃっているので、私見ですが、ほっぺが赤い柚木さんを気に入っているようです。
実はここへきて柚木さんの好感度がかなり上がっているのでは…と私は踏んでいるのですが、どうでしょうか?

・合同イベントDVDについて
合同イベントDVDの内容について触れているメールが読まれたということで…。
実物のDVDの封を開けてみることに。

パッケージの表のど真ん中に力也さんと柚木さんのおふたりの手がつないでいる写真が載っているのを気付かなかったと力也さん。
しかし、柚木さんが力也さんの手をつないだ時、力也さんが拒否されると思っていたところ、素直につないでくれたので柚木さんは嬉しかったようです。思い出の写真ですね。

中には今年の春に開催されたSuaraさんのライブ「惜春奏歌」のDVDの告知パンフレットが入っていました。大宮でのライブの模様が収録されるようです。
しかしDVDを除けば、入っていたのはこれだけ。ちょっと寂しいんじゃないかと思うのですが…DVDを用意するのに力尽きてしまったとか…?
柚木さん「SuaraちゃんのライブDVDが売れれば良いや。
こんなさっぱりしたところが、柚木さんの良いところかもしれません。

柚木さんはこの大宮でのライブに観客として参加されたつもりが、その時何かをやらかしたとのこと。
私はそのライブに参加してきたので知っているのですが、ライブが終了したときに、柚木さんが「Suaraちゃーん!」って叫んでしまったのですね。
あれはびっくりしたものです。あの声はまぎれもなく柚木さんでしたからね…。
ライブDVDに編集されているかどうかはわかりませんが、それを確かめるために購入される方が何名かいらっしゃるのではないかと思われます。

ちなみに私も、ライブに参加しただけに購入するつもりです。DVDの他、ブルーレイディスクもあるそうです。「メタルギアソリッド4」をプレイしたいので、PS3は遅かれ早かれ購入するつもりですが、ひとつ楽しみが増えましたね。

あと合同イベントのDVDですが、番組でも触れられたとおり、ほとんどノーカットでした。
おふたりのラブラブトークが十分堪能できるということです。
残念ながら、観客の写真の中に私と思われる人物は写っていないようでしたが、DVD本編の中に、明らかに私と思われる人物が何度か映っています。ただし後頭部ですが。
だけど良いのです、後頭部だけでも…。
力也さん「でもこの手が恥ずかしかったですね。」
柚木さん「いいじゃん。手ぐらいどうってことないよ。

ライブDVDの感想が聞きたいというメールも届いたそうですが、番外編は今回限りなので無理とのこと。
しかし音泉さんにメールを送れば、日高さんから受け取ってくれるそうです。
柚木さん「このDVD、さっきもらったんでお家で見てみます…ってか見たくないよ!
力也さん「そんなこと言っちゃ、実も蓋もございませんが。」
柚木さん「面白くないもん!
ライブパートは素敵だが、他はグダグダだったと柚木さん。
がっかりさせたらどうしようと危惧されてらっしゃいましたが、ライブパートは「真・うたわれるもののテーマ」を除けば、1曲も歌っていなかったのに、そんな寂しいことを〜。
これをご覧になった方の多くはきっと同じ感想を持ったと思われますが、あまりにも楽しすぎる内容でした。私は合同イベントに参加し、DVDも既に2回ほど見ましたが、何度繰り返し見ても、飽きることはなさそうです。

・ムック本について
そして「柚の一声」で発売されることになったムック本「メモリアルブック〜ふたりの旅路〜」。
これは「うたらじ営業本部長」柚木センセイの発言がきっかけで発売されることになったらしいです。しかも、写真のページは最初は4ページくらいのはずが、柚木センセイの文句の発言により結果的に「びっくりするくらい」載るらしいです。柚木センセイの発言力がいかに大きいかということが良くわかりました。
それにしても柚木センセイのこの仕事っぷりは素敵過ぎです。

力也さんによると、自分の顔が「かなりエロい」とのこと。
り、力也さん、柚木センセイをそのような目で見ていたということですかっ!?
…「うたわれるものらじお」が始まったばかりの、スルーばかりしていた頃と比べると、本当に変わりましたね…。想像を絶するくらいに。
今はゆずちゃんにデレっとしちゃっていますよ、力ちゃんは!
おふたりの話を聞けば聞くほど、これはいくら期待しても期待しすぎることはない内容になりそうですので、ムック本の発売を今からとても楽しみにしたいと思います。箱根で撮った写真だけでなく、ラジオCDVol.3や合同イベントパンフレット用に撮った未公開の写真も載るらしいですね。
柚木センセイ「みんなー買ってくれー!力ちゃんのエロ顔を見るんだっ!
多分、私は2冊購入するかと思います。


今回も長くなってしまいましたので、一度切ります。
長い感想で、申し訳ありません…。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事