旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

全体表示

[ リスト ]

軽トラの車検を通す

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 
軽トラの車検が切れるのでユーザー車検をやってみました。

車検は普通は自動車修理工場やディーラーに出しますが、ユーザー車検は個人が直接車検場に持ち込んで車検を受けるものです。

車検のための整備は色々と確認項目があるのですが、整備工場のようにはできないので見てわかる範囲の点検が中心となります。だから車検場に行って点検してもらうと思わぬ部分が問題となって車検に落ちることがあります。

今回の私の場合はラックアンドピニオンというハンドルの回転をタイヤに伝える部分についている防塵用のゴムブーツが破れている事を指摘されて落ちました。車の裏の見えない部分だったのでわかりませんでした。これは不注意でした。

車検の点検に落ちたといってもそれ以外の部分は問題ないので、そこを直してくれば車検に通してくれるといったものです。

しかし、こんな部分を自分で修理したことはないのでとりあえず部品の値段を調べがてらディーラーで修理の見積もりをしてもらいました。そして部品と工賃で1万円くらいだと言われました。

車検の費用を安く上げるためにユーザー車検をやっているのにこんな修理で費用がかさんだらしゃくなので、部品だけを取り寄せて自分で直すことにしました。

でもこれが結構大変でした。車の下に潜り込んで作業をしないとならないし、外しにくいネジなどもあります。そして最大の問題点は外したボルトがどうしてもすぐ上のシャーシーにぶつかって取れないためにニッチモサッチも行かなくなってしまったことです。30分くらい知恵の輪のように工夫して頑張りましたが結局外れず、仕方がないので知り合いの修理工場の人に電話してコツを聞き出しました。

そのコツとはそのハンドルの部品が固定されている他のシャーシーの部分のネジを外し、ボルトの上の部分に多少隙間を作りずらしながら更にシャーシーに空いている穴の部分にボルトの頭を突っ込んでボルトを外すというテクニックでした。こんなことは素人では絶対にわかりません。さすがプロです。

言われた通りにやったらなんとか順調に部品を交換することができました。かかった時間は2時間くらいです。部品代は2200円くらいなのでだいぶ安く上がりました。

そして再度車検場に行ってチェックしてもらいめでたく車検に合格することができました。

ちなみにユーザ車検にかかった費用は以下のとおりです。

・自賠責保険        21、970円
・重量税           8、800円
・検査手数料         1、400円
・用紙代              30円
・ラックアンドピニオン部品代 2、200円
・再検査手数料        1、200円

 合計 35、600円

もし、不具合箇所がなければ32、200円で車検が取れます。


それなりに手間がかかりますがユーザー車検はそれほど面倒ではありません。

私の場合はなるべく予防的には部品を換えないで、部品が実際に壊れたり、壊れそうになったりした時に整備したり部品を交換したりする方法をとっています。


この方法が良いかどうかは分かりませんが車の維持費を下げる一つの方法だと思います。でも車が古くなってくると壊れる箇所が多くなるのでやはり維持費もかさみます。


もう20歳を超える私の軽トラもいつ壊れるかわかりません。

覚悟をしておいたほうが良さそうです。。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

8318さん さすがです、ユーザー車検,
だれでもできることではありません。

2013/2/2(土) 午前 8:19 [ デザファマ ]

顔アイコン

はじめまして、私は自動車整備業を営んでいます。8318さんのようにお金の有る無しに関わらず、まずは自分で修理をする気持ちが好きですね!愛情を持って接して下さい、若い頃の自分を思い出します。

2013/2/4(月) 午後 8:25 [ さつま焼酎のむべえ ]

顔アイコン

自分の車ならば出来るだけ自分で整備したいですね。寿命を全うするまで自分で手にかけて大切にしてあげたいです。

2013/2/5(火) 午後 11:19 8318(やさいや)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事