旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

全体表示

[ リスト ]

普段ラジオをよく聞いているのですがAM放送がほとんどです。そしてNHKが多いです。その理由はそれ以外の電波が良く入らないからです。家の周囲に山が立て込んでいて電波が届かないようで周囲の家もテレビは集合アンテナから有線でアンテナを引いて視聴しているようです。私の家にはテレビが無いので不要ですが。。

ラジオというと大体はほぼ全国を対象にして放送しているのが普通です。もちろん地方のラジオ局もあるでしょうがNHKは全国版の放送中にニュースなどの一部ローカルな内容が組み込まれています。だからローカルニュース以外に自分の住む地域を意識する事はありません。アナウンサーが何か面白い事を言っても「あー、全国の人がこれを聞いて同じように笑っているのだろうな」とか思うし、投稿マニアのリスナーの地元の話題を聞いて「日本は広いねー」などとか思っています。

前回は町内放送の話題をしたのですが今回は地方のコミュニティーFMについてです。コミュニティーFMは日本各地のそれぞれの狭い範囲に向けたラジオ放送をしているFMラジオ局です。調べてみるとコミュニティーFMは日本中にたくさん有り、北は北海道の稚内から南は沖縄県の石垣島まで有ります。当然関東地方にもコミュニティーFMは有るのですが放送局自体が多い地域ではわざわざローカルなコミュニティーFMを聞くこともあまり無いようで存在自体があま知られていないのかもしれません。

それで実際にコミュニティーFMを聞いてみると結構面白いです。どうもコミュニティーFMは放送の電波が弱いようで住む地域のコミュニティーFM放送がラジオに入りにくい事もあるようですが今はインターネットが有ります。今はNHKなどの放送局もインターネットでラジオを視聴できるようになっていますがコミュニティーFMの多くもネットラジオで聞くことが出来ます。NHKなどの全国放送版のラジオをネットで聴いても面白味は無いのですが地方のコミュニティーFMをネットラジオで聞くとその土地のローカルな話題が満載でとても面白くその場所に住んでいる気分が味わえます。

ある北の地域のコミュニティーFMを聞いてみるとその地域の運動会や集会などのイベント情報を周知したり天気予報などもかなりローカルな内容を流していたりします。DJも地元の人が多く中には高校生を起用している番組も有りました。そろそろ雪が降るので車のタイヤを冬タイヤに換えましょうという注意を放送したり風邪が流行っているので手洗いやうがいをしましょうという内容を放送したりしています。これはとても面白いです。

全国放送は画一的な内容を放送するだけですがコミュニティーFMはまさにその地方でしか役に立たないような情報、要はその地域に無くてはならない情報を中心に放送しています。本当に視聴者の要望に即した内容になっているのがコミュニティーFMなのです。もちろん地域の情報だけでは時間が持たないのでメジャーな放送局の番組を流している時間帯も有ります。それから結構多いのが時間を区切って放送していることです。朝の7時から夜の11時までが放送時間であったり、土日は若干放送時間が変わっていたりと変則的な放送になっています。

今の一般的なラジオ局は24時間放送が普通なのである時間で終わってしまうコミュニティーFMはむしろ斬新に感じます。放送が終わった後の時間に音楽などを流しているコミュニティーFMも有りますが、多くの放送局の用が無くなったらきっぱりとやめてしまう姿勢の潔さが見事です。

各番組の内容も垢抜けていないものが多くてローカル色にあふれていていい意味で味が出ています。地域の方言で話すDJも居れば投稿してくる視聴者も方言を使って文章を書いてきます。地域ローカルの企業や店のCMが入ったりするのも面白いです。紋切り型で日本全国統一した内容の全国放送の放送局には無い魅力があります。

当然聞いている視聴者は地元の人が多いだろうしその放送を楽しみにして期待しているのではないでしょうか。そもそも限定した地域にしか放送されないのだからあまり規則や常識にとらわれる必要も無いので自由に番組が作れるのではないでしょうか。このように住む人の為にあるラジオ放送を形で実現しているのがコミュニティーFMなのだと思います。

コミュニティーFMには臨時災害放送局といって地震などの災害時が発生した時に地域の被災者に向けて役に立情報を優先的に放送する機能を担った放送局も有ります。

正に地域の住民の為に有るのがコミュニティーFMです。

私の家には町内放送の受信機があるのですがほとんどの日が一日2回の昼と夕方の音楽を流すだけしか使われていません。その地域に必要な情報を放送することはほぼ無いのが現状です。これで意味があるのでしょうか。何のためにわざわざ金をかけて町内放送を整備したのでしょうか。もちろん災害などの緊急時の為に有るのでしょうがそれだけではもったいないと思います。

地域にはコミュニティーセンターなるほとんど使われない施設がたくさん有ります。これは箱物行政の弊害でそんなところに入った事も利用した事も無い住民は多いはずです。こんな意味の無い建物を作るのにも相当な金がかかっているのは無駄でしかないと思います。

もしこんなものに金をかけるなら地方のコミュニティーFMを立ち上げて地域の住民に向けて役に立つ情報を提供すればいいと思います。放送の維持費はかかるでしょうが役に立たないコミュニティーセンターを作るよりは遥かに安く上がると思います。今の時代は情報の時代ですがその情報の恩恵を受けているのは若い世代が多いでしょう。年寄りはネットなどを使わないので進化した情報からむしろ取り残されているのではないでしょうか。そこでコミュニティーFMを作って一日中聞いていられる放送を作ってあげれば役に立つ情報を得るのに役に立つはずです。年寄りにはラジオです。当然私にも。

役場に行くと色々なお知らせみたいなものが掲示されていたりパンフレットになっていたりします。役場の情報に関するスタンスは「伝わったかどうかではなく、伝えたかどうかである」で有り、物事の本質的な目的より単なる過程を重視する傾向があります。重要な情報は伝わらないと意味がありません。考え方を改めるべきです。

こういった内容はコミュニティーFMの中に役場からのお知らせのコーナーを作って地域住民に周知したらいかがでしょうか。みんな聞くと思いますよ。

町内放送の設備を新しく作るのは大変ですが既存のラジオ放送にしてしまえば費用は安く抑えられます。ネットラジオでも聞けるようにすれば更にいいです。

一般のラジオ局がますます名目上の公共性を重視して形式重視で面白みの無い番組を量産している今の時代、地方の限られた地域を重視した番組づくりをするコミュニティー放送がもっと増えてもいい時代だと思います。

電波はもっと有効に使いたいですね。

ネットが全てではないです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事