旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

全体表示

[ リスト ]

**************************************************

    のらびとメールマガジン(第317号)

**************************************************

野良人(のらびと)の生活におけるそこはかとない話題
を野菜や畑の情報と共にお届けするメールマガジンです。

--------------------------------------------------
         今週の話題
--------------------------------------------------

先週末から雨ばかりが続いています。雨が降るとなかな
か仕事が進みません。特に畑を耕耘するのは良い天気が
数日は続かないとならないので今の梅雨の時期はなかな
かタイミングを計るのが難しいです。7月20日くらい
から秋冬向けの野菜の種まきが始まるので梅雨明けがい
つ頃になるか気になっています。

--------------------------------------------------
        今週の主な野菜
--------------------------------------------------

 ・玉ねぎ
 ・人参
 ・ジャガイモ(北あかり)
 ・ズッキーニ
 ・キュウリ
 ・ピーマン
 ・甘唐辛子
 ・インゲン
 ・ナス
 ・トマト

  など

※出荷する野菜はS、M、Lのセットによって異なります。

--------------------------------------------------
        旬の野菜の紹介
--------------------------------------------------

トマトとナスが少しだけ採れ始めました。ピーマン類はだ
いぶ量が採れるようになってきました。甘唐辛子とシシト
ウは見た目が似ていますが先が尖っているのが甘唐辛子で
ピーマンを細長くして皺がたくさん入った感じのものがシ
シトウです。食べた感じは両方とも似ていて私にはどうも
区別がつきません。

3月末に種まきした人参ですがそろそろ終わりが近いです。
人参は秋冬向けのものを7月20日頃に種まきする予定で
す。秋冬向けの種まきはこの人参を最初に始まるのですが
同時にキャベツやブロッコリーも種まきする予定です。

--------------------------------------------------
        のらびとコラム
--------------------------------------------------


夏野菜の現状について

梅雨が明けるといよいよ夏本番ですが夏野菜の今の状態を
お知らせします。

夏野菜というとトマトやナス、ピーマンを思い出しますが
ピーマンや甘唐辛子、シシトウは今のところは快調な滑り
出しです。トマトは今年も残念ながらハウスを建てること
が出来なかったので露地栽培なのですが雨に弱いトマトは
早くも苦戦しています。トマトは雨が当たると割れてしま
うし病気にもかかりやすくなります。そして何より食味が
悪くなってしまいます。トマトは水分をあまり与えない方
が甘くなるので、雨が当たる状況では甘いトマトを作るの
はかなり難しいです。まあ酸味が多くて自然に近い味だと
も言えますが、やはり甘いトマトの方がおいしいのは事実
です。トマトの栽培はこれからも課題が多いです。

ナスも生長初期にアブラムシがついて草勢が芳しくなくて
生長が遅れてやっと今頃に実が成り始めた状態です。ただ
去年に引き続いて病気にかかるものが出ており、今度果た
してナスの状態がどうなるのかが分からないのです。ナス
が復活を果たしてたくさんの実が付くといいのですが、こ
のまま本調子が出ないままグダグダと秋まで行ってしまう
ことも考えられます。今のところ様子を見るしかないです。

ズッキーニは実が成り始めてから約一か月くらいでダメに
なってしまうのですがそろそろ終わりが近いです。キュウ
リはやっと本格的に実が成り始めました。しかしあまり一
気に実がついてしまうと直ぐに終わってしまうので、伸び
る弦を剪定してあまり実が付きすぎないようにする必要が
あります。キュウリは生長が早くて毎日収穫しないとなら
ないのでとても世話が大変な夏野菜です。インゲンも一度
にたくさん成るのですが収穫しないとどんどん大きくなっ
て栄養を余計に食ってしまいます。だからあまり大きくな
る前にどんどん収穫しないとなりません。これも面倒です。

インゲンに限りませんが本来野菜は種を作るために実を付
けているのですが人間が食べるのは未熟な状態の実にあた
ります。人が実を収穫しないと野菜の木は種を作るために
どんどん栄養を使ってしまい次の実が成らなくなってしま
います。だから野菜のためにはなりませんが、たくさん実
を成らせる為には適切なタイミングでどんどん収穫する必
要があるのです。

カボチャやスイカもだいぶ弦を伸ばしつつあります。両方
とも初期からなかなかいい調子で生長してきたのですが、
梅雨に入ってからカボチャがうどんこ病にかかりつつあり
ます。うどんこ病は葉っぱ全体が粉を吹いたように白くな
ってしまう病気なのですが出てしまうと無農薬ではどうし
ようも有りません。ひどくなるとどんどん葉が枯れてしま
うのですが勢いのある他の葉がどこまで耐えてくれるかが
分かりません。今までカボチャはいい感じで生長してきた
のでなんとか耐えきって実を付けて欲しいです。

スイカも初期はアブラムシに悩ませられますがやっと生長
が盛んになって小さな実が付きつつあります。スイカはカ
ラスなどの動物に実が食われやすいので気を付ける必要が
あります。畑にたくさんのスイカが転がっている豊作の風
景を今年も見たいです。

これ以外にもトウモロコシや枝豆、モロヘイヤや空心菜、
ツルムラサキやオクラなどもだいぶ育ちつつあり、そろそ
ろ収穫できるものも出てきました。トウモロコシなどは虫
や鳥に喰われやすいので収穫に関してはギャンブル的な部
分も有ります。農薬を使わない栽培は虫や病気の被害で一
気にダメになってしまうことも有るので安心はできません。

それからなかなか芽の出なかった里芋もだいぶ葉っぱが大
きくなってきたので土寄せをして生長が早くなってきまし
た。これからも何度か土寄せをして10月末頃には収穫で
きるでしょう。山芋はやっと葉が伸び始めた時期にイノシ
シの被害で3分の1位が喰われてしまいました。これは痛
恨でした。イノシシ被害はひどくなる一方であり対策に頭
を悩ましています。サツマイモもだいぶ弦が伸び始めまし
たがイノシシの大好物なのでこれも対策が急務です。本当
にイノシシは作物を作るものにとっては悪魔に近いです。

そして最後に米ですが田植えから2週間と少しが経ってだ
んだんと葉が伸びてしっかりとして分けつも始まりました。
1回目の除草を終えてこれから一気にスピードを上げて生
長してくると思います。これも楽しみです。

これからの時期に怖いのは大雨と台風ですが九州の方では
被害が出るくらいの雨が降っているらしいので心配です。

天候さえ安定していればそれなりの収穫はできるのですが
ひとたび気象災害となれば簡単に壊滅するのが農業です。

とにかく穏やかな普通の天候が続いてほしいです。

-------------------------------------------------
         あとがき
--------------------------------------------------

天井裏に隣の家の猫が巣を作って居座り、しばらく子猫の
ミャーミャーという声がしていたのですが最近は声がしな
くなりました。どこかに行ってしまったのでしょうか。

居るとうるさく感じるのですが、いざ居なくなってしまう
と今度は寂しく感じてしまいます。

それとは別に家のすぐ近くにイノシシが出始めて所かまわ
ずに穴を掘って困っています。夜中にやっているようなの
でどうしようもありません。

退治もしようがないので困り果てています。

--------------------------------------------------
発行日:2019年7月3日


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事