旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 
6月と言えばニンニクと玉ねぎの収穫の時期です。

玉ねぎは葉がパタッと倒れたら、ニンニクは葉が枯れてきたら収穫をします。

この判断が結構難しくて、早すぎても遅すぎても割れたり傷んだり、まだ未成熟だったりします。

今年は赤玉ネギが結構よくできました。でも普通の玉ねぎの出来はいまいちです。同じ場所に同じタイミングで植えてもだいぶ生長は違います。畑のあっちとこっちでも違ったりします。原因はいまいちわかりません。土の質や堆肥の入り方にも関係がありそうです。

玉ねぎの種をまいたのは去年の9月なので収穫まで10ヶ月という長い時間がかかります。ニンニクは10月なのでやはり9ヶ月という時間が掛かります。

それだけ時間が掛かって野菜の出来が悪いとがっかりです。

まあ今年のニンニクと玉ねぎはそこそこの出来だと思うことにします。

次はもっとうまく作りたいです。

1年に一回しか試せないので農業は気が長いですが、そこが面白くもあります。


昼間が長いので労働時間も長いです。

日暮れ時の雲が綺麗な日でした。。
 
 

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

長ネギの土寄せ、除草

イメージ 1

イメージ 2

 
4月に定植した長ネギがだんだん育つと共に雑草がはびこり始めたので除草をかねて土寄せをしました。

梅雨に入った今頃の雑草は信じられないくらいに生長が早いです。畑を1週間見ないと景色が変わっているくらいです。

特に長ネギは日当たりが悪いことを嫌う野菜なので定期的に除草をしないとなりません。

掘ってあった溝に雑草を埋め込みつつ土寄せもしていきます。長ネギの白い部分を長くするためにはなるべく高く土寄せをする必要があります。

管理機があれば楽なのですが三角ホーで手動で土寄せをすると大変な手間が掛かります。

収穫できるようになるまではまだ何回か除草と土寄せをする必要があるので手を抜けません。

野菜づくりは根気が重要です。
 
 

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事