旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

レタスの種まきをする

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今年もいよいよ押し詰まってきたこの時期、来年の春向けのレタスの種まきをしました。

しばらくハウスの中で育苗してから1月末くらいに畑にトンネルを張って定植します。

レタスは積算温度でトウ立ちするので寒くてもゆっくり育ちます。それに対してあぶらな科の葉物などは積算時間でトウ立ちするので寒いと小さいままですぐにトウが立ってしまいます。

結構たくさん種まきしたのできちんと育てたいと思います。ちゃんと芽が出て欲しいです。


それからたくあん用の大根を干しています。本当は細長いのが良いのですが土に埋めて保存したもののどれが細長いものか分からないので端から掘ったものを干してます。

これもしばらく干したら漬ける予定です。


それから山芋も掘りました。

今年の山芋は結構小さめのものが多いです。極端に小さいのはそのまま来年の種芋にします。

山芋は寒さに強いのでこれからちょこちょこ掘りながら出荷していく予定です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

冬に限ったことではないが私の暖房と風呂に係わる仕事は大変だ。私の生活は冬の暖房は薪ストーブ、風呂も薪で焚く風呂を実践しているがガスや電気、灯油などに頼った生活に比較するととてつもない手間がかかる生活なのだ。

とにかく薪を確保しないとならない。薪はすぐには使えないのでだいたい前のシーズンの冬の間に確保しておく必要がある。色々なところから間伐材などを集めてくるのだがこれが本当に大変だ。薪に向いている木材は広葉樹である。杉などの針葉樹は燃えやすいが火持ちが悪くてススが多い。そこでクヌギなどの広葉樹を選んで切って集めてくる。

切るのは主にチェーンソーを使って行うのだが、まずチェーンソーが必要だしその手間はバカにならない。チェーンソーはホームセンターでも3万円くらいから売っているが扱いは容易ではない。何しろエンジンで高速回転する刃のついたチェーンで木を切るので危険を伴う。チェーンソーで怪我をすると大変な大怪我をすることとなり下手したら自分を切り倒す事に成りかねない。実際そのくらいの大怪我が有りえる。

苦労して切った木材はトラックに積み込んで運ぶのだが、これがとんでもなく重い。水分をたくさん含んだ木材はとにかく重い。たった1mくらいの丸太が持ち上げられないくらいに重い。木がこれほどに重いということをどの位の人が実感しているだろうか。

運んだ木材はそのままでは薪には出来ない。ほぼ半年は乾燥させる必要が有る。暑い夏の間にきっちりと乾燥させる必要があり、冬が始まる頃にようやく使える薪となる。

薪は薪ストーブの中に入るような予めに長さに切っておく必要が有るが、私の場合は面倒なので乾燥後に切っている。そうするとやはり堅くて切りづらい。何でも早めにやってしまえば楽なのだが春から夏は忙しいのでどうしても出来ない。

農閑期にやっと入る12月頃に薪作りを本格的に始める。薪を作らないと温かい風呂にも入れないし薪ストーブの暖かい温もりにも浸れない。

風呂やストーブを使うのに方法は他にもある。灯油を使ったりガスを使ったりするのが普通だろう。そうすればスイッチ一つですぐに温かい風呂に入れて快適で暖かい部屋で過ごす事が出来る。

薪で焚く風呂は少なくとも1時間以上はかかる。その間に何度も薪をくべたり火の状態を確かめたりすることになる。薪ストーブも火をつけてから暖かく感じるまでに30分位はかかる。薪ストーブは鉄の塊なので暖まるのに時間がかかるのだ。その間に何度も火の状態を見て手入れも繰り返す必要が有る。

薪で焚く風呂や薪ストーブに憧れている人もいるだろうが想像以上に大変なことは事実だ。でもその大変さを受け止めてあえて言うならば好きな人には本当に楽しいということだ。火が好きな人、面倒なことが苦にならない人にとっては薪ストーブや薪ストーブはとにかく楽しい。

暖かいとか風呂に入りたいとか言うのは二の次である。

実は私は昔から火遊びが好きだった。だから火を燃やすということに関しては全く苦にならない。焚き火をしているとそれだけで至福の時間だった。でも雨の日などは外で風呂を焚くのはやはり大変だと知った。

単に好きなのと生活でどうしても必要なのとは違う。

その違いが分かるならば薪生活も楽しいでしょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

**************************************************

    のらびとメールマガジン(第94号)

**************************************************

野良人(のらびと)の生活におけるそこはかとない話題
を野菜や畑の情報と共にお届けするメールマガジンです

--------------------------------------------------
         今週の話題
--------------------------------------------------

今年も残りが1週間あまりとなりました。今年の天候は
秋の深まりが遅くて11月は気温が高かったのですが、
12月に入るといきなり寒くなりました。その寒さも例
年よりもかなりきつくてマイナス5度以下位まで下がっ
ています。畑も野菜もバリバリに凍って水溜りは厚い氷
が張る日々です。地球温暖化は確実に進んでいるようで
すが一部では寒冷化の様な傾向も有るようです。

--------------------------------------------------
        今週の主な野菜
--------------------------------------------------

 ・ジャガイモ(トウヤ)
 ・人参
 ・大根
 ・チンゲンサイ
 ・白菜
 ・カブ
 ・生姜
 ・キャベツ
 ・ブロッコリー
 ・長ネギ
 ・玉ねぎ
 ・里芋
 ・ターサイ
 ・かぼちゃ
 ・タカノツメ

※出荷する野菜はセットによって異なります。

かぼちゃは久しぶりの出荷です。種類はカチワリといいま
してとても日持ちのする品種です。7月に収穫してから翌
年の4月くらいまでもつのでカボチャの中ではダントツの
長持ちのカボチャです、冬至には間に合いませんでしたが
長持ち野菜としてのカボチャをお試しください。

白菜は冬の代表的な野菜です。鍋物などには欠かせないで
しょう。比較的に寒さに強い白菜ですがこの頃の寒さでだ
いぶ葉っぱが傷んできています。白菜はキャベツなどと同
じようにどんどん葉を剥いていっても大丈夫な野菜ですが
剥きすぎてしまうと中心の方は硬くなってしまいます。
中身まで柔らかい葉物を作るのが今のところの夢です。

今年のターサイは種をまくのが遅かったのか生長が悪いで
す。ターサイは育つにつれて丸い座布団のように肉厚に生
長するのですがどうも芳しく生長しません。これからはど
んどん寒さが厳しくなるのですがターサイは大きくなるの
でしょうか。数少ない冬の葉物のには頑張って欲しいです。

--------------------------------------------------
        のらびとコラム
--------------------------------------------------

薪で焚く風呂と薪ストーブ

冬に限ったことではないが私の暖房と風呂に係わる仕事は
大変だ。私の生活は冬の暖房は薪ストーブ、風呂も薪で焚
く風呂を実践しているがガスや電気、灯油などに頼った生
活に比較するととてつもない手間がかかる生活なのだ。

とにかく薪を確保しないとならない。薪はすぐには使えな
いのでだいたい前のシーズンの冬の間に確保しておく必要
がある。色々なところから間伐材などを集めてくるのだが
これが本当に大変だ。薪に向いている木材は広葉樹である。
杉などの針葉樹は燃えやすいが火持ちが悪くてススが多い。
そこでクヌギなどの広葉樹を選んで切って集めてくる。

切るのは主にチェーンソーを使って行うのだが、まずチェ
ーンソーが必要だしその手間はバカにならない。チェーン
ソーはホームセンターでも3万円くらいから売っているが
扱いは容易ではない。何しろエンジンで高速回転する刃の
ついたチェーンで木を切るので危険を伴う。チェーンソー
で怪我をすると大変な大怪我をすることとなり下手したら
自分を切り倒す事に成りかねない。実際そのくらいの大怪
我が有りえる。

苦労して切った木材はトラックに積み込んで運ぶのだが、
これがとんでもなく重い。水分をたくさん含んだ木材はと
にかく重い。たった1mくらいの丸太が持ち上げられない
くらいに重い。木がこれほどに重いということをどの位の
人が実感しているだろうか。

運んだ木材はそのままでは薪には出来ない。ほぼ半年は乾
燥させる必要が有る。暑い夏の間にきっちりと乾燥させる
必要があり、冬が始まる頃にようやく使える薪となる。

薪は薪ストーブの中に入るような予めに長さに切っておく
必要が有るが、私の場合は面倒なので乾燥後に切っている。
そうするとやはり堅くて切りづらい。何でも早めにやって
しまえば楽なのだが春から夏は忙しいのでどうしても出来
ない。

農閑期にやっと入る12月頃に薪作りを本格的に始める。
薪を作らないと温かい風呂にも入れないし薪ストーブの
暖かい温もりにも浸れない。

風呂やストーブを使うのに方法は他にもある。灯油を使っ
たりガスを使ったりするのが普通だろう。そうすればスイ
ッチ一つですぐに温かい風呂に入れて快適で暖かい部屋で
過ごす事が出来る。

薪で焚く風呂は少なくとも1時間以上はかかる。その間に
何度も薪をくべたり火の状態を確かめたりすることになる。
薪ストーブも火をつけてから暖かく感じるまでに30分位
はかかる。薪ストーブは鉄の塊なので暖まるのに時間がか
かるのだ。その間に何度も火の状態を見て手入れも繰り返
す必要が有る。

薪で焚く風呂や薪ストーブに憧れている人もいるだろうが
想像以上に大変なことは事実だ。でもその大変さを受け止
めてあえて言うならば好きな人には本当に楽しいというこ
とだ。火が好きな人、面倒なことが苦にならない人にとっ
ては薪ストーブや薪ストーブはとにかく楽しい。

暖かいとか風呂に入りたいとか言うのは二の次である。

実は私は昔から火遊びが好きだった。だから火を燃やすと
いうことに関しては全く苦にならない。焚き火をしている
とそれだけで至福の時間だった。でも雨の日などは外で風
呂を焚くのはやはり大変だと知った。

単に好きなのと生活でどうしても必要なのとは違う。

その違いが分かるならば薪生活も楽しいでしょう。

-------------------------------------------------
         あとがき
--------------------------------------------------

クリスマスというとクリスマスケーキを思い浮かべるが最
近はしばらく食べていない。クリスマスに食べるケーキが
クリスマスケーキなのだろうが普通のケーキと何が違うの
だろうか。イチゴの数だろうか。

クリスマスは靴下を枕元において寝るとサンタクロースか
らプレゼントをもらえるらしい。

大人になるにつれてその迷信が嘘だったのだと分かってか
らもう30年以上経つが、サンタクロースが本当に居たら
嬉しいという気持ちはまだ残っている。

明日の朝に起きたら枕元にプレゼントが有ったら嬉しい。

来年のジャガイモの種芋でもいいよ。

--------------------------------------------------
発行日:2014年12月24日

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事