旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

根菜類

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大根の種をまく

イメージ 1

イメージ 2

今年も大根の種をまく時期になりました。

畑を準備してから、足のつま先とカカトをくっつけて足跡をつけながら歩いていきます。

そして足跡の中に順番に大根の種を蒔いていき、その後に土をかけるだけです。簡単です。

勝手に約30センチ間隔になるのでこの方法で蒔いています。

となりでは秋ジャガがそろそろ芽を出しつつあります。。

玉ねぎの収穫をする

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 
畑に残っていた晩生の玉ねぎの収穫をしました。

この畑の玉ねぎは何を作っても良くできないこの畑のご多分に漏れずあまり出来が良くないです。

もともと苗もあまりよくなかったのですが、他の畑の方が太った玉ねぎができました。


となりでは長ネギがトウダチしてネギ坊主が熟しています。

長ネギの黒い種ができているので収穫して秋に蒔こうと思います。

長ネギの種はF1(一代交配)でないので採った種が使えます。


種代節約のためには種の自給が大切ですね。

色々種取りしてみようと思います。。


しかし雨の降らない日が続いています。

今年は空梅雨でしょうか。

生姜を植える

イメージ 1

イメージ 2

今日は生姜を植えました。

生姜は4月ごろから畑に作ったビニールトンネルの中で芽出しをしてました。

生姜はとても寒さに弱いので芽を出すのにかなり暖かくしてやる必要があります。

その甲斐あって芽が出ていました。

去年はほとんど収穫できなかったので今年は気合が入っています。

乾燥に弱くて結構難しい野菜です。

うまく育ってくれるといいのですが。。

玉ねぎの保存

イメージ 1

イメージ 2

早生の玉ねぎを収穫したので保存しています。

玉ねぎの葉っぱをまとめて紐で縛ります。そして蔵の屋根の下に吊り下げました。

玉ねぎの葉は取ってしまうと実が痩せてしまうのでつけたままにします。ただ本当は10センチくらい有ればいいようです。これはそのままの状態で保存しています。

場所は風通しのいい日の当たらない場所に吊り下げるのがいいようです。

これから中手、晩手の玉ねぎも出来てくるので順次保存していくつもりです。

春野菜が採れ始めた

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

いよいよ春野菜が採れ始めました。

カブはゴルフボールからテニスボールくらいまでに大きくなりました。甘くて美味しいです。

そしてラディッシュもカラフルに育ちました。

大根もだいぶ大きくなり、人参もやっと大きくなってきました。

人参は去年の夏に発芽を大失敗して冬の分が全くなかったのでほぼ1シーズンぶりの収穫です。まだあまり太ってないのですがこれからだんだん太ってくると思います。


エンドウ豆も採れ始めました。絹さやとスナップエンドウです。グリーンピースもあります。

茹でたら目にしみるような鮮やかな緑色になり本当に甘くておいしいです。でもエンドウ豆はあっという間にすぐに終わってしまうので残念です。。


野菜では無いのですが塩麹を作ってみました。作り方は麹に塩と水を入れてしばらく待つだけです。

塩しか入れてないのにどういうわけだがとてもコクのある味がします。

麹というのは本当に素晴らしい食べ物だと感じました。


これから夏に向かってどんどん野菜が充実していくのが楽しみです。。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事