旬野菜_野良人(のらびと)

美しいより美味しい野菜、安いより安全な野菜を作りたい。

葉物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

玉ねぎと葉物の除草

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 
だいぶ玉ねぎの苗が大きくなってきました。

豊作への最後の追い込みとして除草をしました。マルチの穴から生えていた雑草を1つ1つ手で抜いていきます。気の遠くなるような地道な仕事ですが、ここで手を抜いて今までやってきた苦労が無駄になったら悔しいので頑張ります。

育ち始めている春蒔きの葉物の除草もします。最初に蒔いたものはだいぶ大きくなりました。

えんどう豆も花がだいぶ咲いて実がなるのもそろそろの感じです。えんどう豆は育つのがゆっくりですが育ち始めると一気に実がなって終わってしまう打ち上げ花火のような野菜なので気合を入れて収穫したいです。


うちの縁の下に勝手に住んでいる猫がだんだん図々しくなり、人前に姿を見せるようになりました。この前は家の中に入り込んで食べ物を物色していきました。油断は出来ません。

結構かわいいヤツなのですが困ります。
 

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 
去年の今頃に畑に定植したニラとアスパラのことを思い出して畑を見てみました。

たまに思い出しては除草などをしていましたがほとんど忘れていました。

ニラは冬の間は枯れていましたが春になり新しい葉っぱが伸びてきており、アスパラも枯れてしまったと思っていたら瑞々しいアスパラ(?)が伸びてきていました。


ニラとアスパラは種をまいてから収穫できるまで2年もかかる気の長い野菜です。両方とも今年も種まきして苗を作っているので2回目を育ているつもりです。

いつになったら本格的に収穫できるのかと思っています。

ニラアスパラ炒めが食べたいです。
 
焦りは禁物ですね。。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
春一番で種まきした葉物が芽を出して育ってきました。

それからセルトレーに蒔いてハウスで育てていた長ネギのですが、畑に置いておいたのが育ってきました。この長ネギはセルトレーの下の穴から根を張って育っています。ハウスで育てていると水のあげ方が難しく、多すぎたり少なすぎたりして枯れてしまったりします。

その点、畑にセルトレーごと植えてしまうと水やりの心配がなくて楽です。定植する時はトレーごと根を切って剥がして1セルごとに畑に植えていきます。

それから冬の間はヒョロヒョロで大丈夫だろうかと心配していた玉ねぎの苗がだいぶたくましくなってきました。

春から夏向かってどんどん野菜が元気に育っていくのが楽しみです。

豊作になって欲しいです。。

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 
ハウスで育てていた苗が大きくなってきたのでキャベツとレタスを定植しました。

キャベツとブロッコリーは苗が結構うまくできました。定植後はしっかりと防虫ネットを掛けて虫対策をします。レタスもサニー、サラダ、玉レタス共にいい苗です。今年は少し株間を広めにとって余裕をみて定植しました。

あと苗を作っていた春菊も定植しました。そういえばレタスもキク科ですね。何か不思議です。


今週末にかけてまた寒くなるようです。

早く安定して暖かくなって欲しいのですが。。

 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 
今年の冬はとても寒くて多くの野菜は傷んでしまったのですが、不思議と少し暖かくなってきた頃から葉物がたくさん採れました。

まだ寒い頃はホウレン草や小松菜、ルッコラが採れ、やや暖かくなってくると菜の花やカラシ菜、カキ菜、長ネギなどが豊富に採れたので出荷をするのに大変助かりました。

でももう多くの野菜はトウ立ちをし始めたので冬越しの葉物も終わりです。これからは春先に蒔いた種が育ってくるまで野菜の収穫は厳しくなります。端境期は毎年苦労します。

しかし今年は葉物に助けられた冬でした。。


それから冬の間はサツマイモをたくさん食べたのですが、甘くて美味しいサツマイモは大きく太ったものではなく、実は細くて貧弱な感じのするサツマイモだと分りました。このようなさつまいもは見た目が良くないのでで市場には出ませんが食べてみると本当に美味しいです。

これは人参も同じです。小さくて痩せた感じの人参はとても美味しいです。これもスーパーでは売ってないんので野菜を作っている人しか気づきません。

1つの野菜に含まれる絶対的なおいしさの量が同じだとすると、野菜自体が大きいほど大味になるのは当然かもしれません。小さいものを食べてしまうことは贅沢なことなのでしょう。

鳥の玉子や子豚を食べてしまうようなものでしょうか。。

 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事