稲葉のパズル談話室

小銭ウォッチャー稲葉直貴の、東京に行ってピクルスを抜くブログ

全体表示

[ リスト ]

キャラメル

N村くんからキャラメルをもらったときのお話。

その名も「ジンギスカンキャラメル」です。明らかに危険です。
そう、まるでこの世のあらゆる不吉をはらんでいる様な、
そんなオーラを放ってますね。視ただけで精神が折れそうです。

しかし、食べもしないで不味いと決めつけるのも悪いです。
たぶん変な名前ってだけで普通と変わらないキャラメルでしょう。
先入観がある分、意外とおいしいと感じるかもしれませんよ。

私は一抹の不安を抱きながらも、そうやって自分を納得させ
キャラメルを包んでいる紙の一部がはりついたまま残らないよう
慎重に剥がした後、その中身をおそるおそる口に放り込んだ。

「これは…」

キャラメル独特の歯にねっとりと絡み付くような甘さと
羊肉の臭みが互いに引きたて合って口の中で混然一体となり、
口に含んでいる間は一刻も早く溶け切ることを願うのみに。
食べ終わった後も、ギトギトとしつこい油っぽさが残暑の如く
いつまでも口の中に居座り続けるという文句無しのまずさ。

これは是非ミギー氏にも食べさせてあげないと。

〜翌日〜

稲「これおいしいから一つ食べてみてください。」
ミ「稲葉さんがおいしいものを人に勧めるわけないでしょう。」

稲「そんなことありませんよ。ほら騙されたと思って。」
ミ「本当に騙されるから良いです。」

稲「いや、本当においしいから。ねえN村くん。」
西「めちゃめちゃ説得力ありませんね。」

稲「N村くんも助かるし。」
ミ「助かるんですか。」

説得すること10分、ようやく口に入れさせることに成功。
誠意をもって話せばいつかはわかってくれるってことですね。

稲「うまいですか? おいしいですか?」
ミ「それ選択肢ありませんね…モグモグ。」

稲「どうでしょう。」
ミ「…お茶飲んで良い?」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事