稲葉のパズル談話室

小銭ウォッチャー稲葉直貴の、東京に行ってピクルスを抜くブログ

全体表示

[ リスト ]

春の遠足

たまには唐突に昔話でもします。

私の通っていた小学校では、遠足が春と秋の二回ありました。
『秋の遠足』の方はバスに乗って行くんですけど、
『春の遠足』では文字通り足で歩いて目的地に行きます。

確か私が小学2年生のときだったと思います。そのときの
『春の遠足』の目的地が「五町公園」とかいう公園でした。

それで、その五町公園に到着して自由時間になったときのこと、
私は砂場に「ジューC」の筒が落ちているのを見つけました。
もちろん中身は空っぽです。

子供ですから、当然拾いますよね。
それを拾った私は、近くにあった切り株の上を這っていた
アリの上に、その透明なプラスチック容器をかぶせました。

突然周りを壁に塞がれたアリは、何とかその空間から脱出しようと
せせこましく出口を探しますが、そんなものはありません。
私は容器の外側からしばらくその様子を観察していました。

そこへ同じクラスの友達がやってきました。

「何してるの?」

私はその問いに答えました。ただ単にアリを苛めていた訳では
ありません。私はアリが『浮く』ところが見たかったんです。

当時、重力は大気の存在によって生じるものだと信じてました。
その頃から宇宙に行くと重力がないのは知ってましたが、
それは空気がないからだと勝手に納得してたんですね。

それで、閉じた空間内部にアリを入れておけばアリが空気を
『消費』し、そのうち中の空気がなくなるだろうと考えて、
このような行為に至ったと、こういうわけなのです。

友達にそのことを話したら、

「真空と無重力は関係ないよ。」

と言われました。衝撃でしたね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事