全体表示

[ リスト ]

そろそろ野球少年の中学生は、高校が決まっている頃だね。
 
硬式のクラブチームで活躍した子などは、何校かから声がかかる。
 
しかし、最後の夏が終わった後「こんな高校来ない方がよかった」とならないために、
 
しっかりと選んだ方がいいぞ〜ポイントとしては、まず、寮制なら食事の内容。
 
月に何万も徴収しておいて、とんでもない食事内容の学校もある。
 
体はペラペラになって野球どころではなくなるからね。
 
次に野球環境狭いグラウンドでは、ホームランバッターはでにくい。小さなグラウンドに
 
感覚を合わせてしまうという心理が働くからね。
 
最後に一番重要なのは、監督(指導者)これを間違えると、心をズタズタにされて
 
甲子園どころか、野球が嫌いになって3年間を終える子もいる
 
そうなれば、元も子もないからね。くれぐれも気をつけてほしい。
 
経験不足な30代の監督は、個人的にはNGそれがその学校のOBともなると、
 
選手らを後輩としてしか見れないので「俺の時代はな」とヒストリー自慢になって、
 
選手らに圧力をかけるのがいるそれで強くなったらいいが、プレッシャーで
 
潰れる子の方が多いのと違うかい
 
30代でも立派な監督もいる。菊池君がいた花巻東の佐々木監督だ。とにかく選手の気持ち
 
を上手くコントロールできる30代監督だ。菊池君などは、佐々木監督の下で野球を
 
やりたいと入学したほど
 
要するに、情報がなければどんな監督かしっかりと聞いて回った方がいい。
 
その監督がいるから、その学校を選んだという監督はまずはOK。
 
私学強豪で、ここ何年か甲子園に出場できていない学校の場合は、監督のプライドが高く、
 
「今年は選手の質が悪く、来年は良いのをとってこないと」というような不躾な発言をする
 
ような監督、部長がいる高校は、いくらプロ輩出が多いといえどもお勧めできない。
 
今回も関東の方の某有名校の部長が雑誌の取材で、のうのうと選手の責任にしていたアホがいた
 
おまけに監督ときたら「史上最弱チームや」と選手らに公言してしまう始末。
 
いくら甲子園優勝経験校といえども、こんな指導者の下に大切な子どもをあずけたら
 
子がかわいそうや要するに、名門校ゆえの外部の批判に耐えきれず、プライドの高さが
 
自分達の指導力不足ということを言えないでいる。最後は選手が悪いとオチをつける。
 
どう思う?甲子園に行けなかったのは選手の責任?
 
一般企業の社長が「売上落ちたのは社員の責任や!」こんなん言うか?
 
これは指導者意識の欠如やな。ネームバリューで行くのは避けたいな。
 
「選手任せで甲子園に行ってました。ごめんなさい、われわれには指導育成力などございませんので、
ほっておいても勝てる選手を集めてきます。」
 
こう言ってるようなもの。どうか甲子園を目指す人は、しっかり学校・監督選びをして下さい
 
二度とない青春ですから・・・公立高校も最近では、スポーツに力を入れている高校もある。
 
ふた昔前のように、公立を排除せずしっかりと選択肢に入れてほしい
 
かんきちでした。

この記事に


.


みんなの更新記事