栗田智仁と物知り博士のブログ

栗田智仁は世の中の不思議について興味深々な人なんです。

栗田智仁の「暑中見舞い」と「残暑見舞い」はどう違う?

こんにちは。 栗田智仁 です。 「暑中見舞い」と「残暑見舞い」はどう違う? 「暑中見舞い」とは 「暑中見舞い」とは、文字通り「暑中」に「見舞」うことを言います。 知人などを訪ねていったり、安否を気遣う手紙を出したりします。 現在でははがきで暑中見舞いを出すのが習慣となっていますね。 なんとなく、暑い時期に出すのはわかりますが、正確にはいつ頃だすのか、いつから残暑見舞いになるのか、はっきりとはわかりにくいですね。 暑中見舞いを出す時期 暑中見舞いを出す時期は「暑中」ですから、暦の上では小暑から大暑の間の期間をいうようですが、夏の土用の期間に出すのが慣わしです。 うなぎの蒲焼 夏の土用は、丑の日にうなぎを食べたりしますが、立秋の前日までの約18日間すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事