アトモス部屋

ばたばたしていて、レス、訪問遅れてすみません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全276ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【ファイルG90】 2019.08.10 FC2ブログにお引越ししました。

とりあえず、YAHOO!ブログサービスの一方的廃止・打ち切りに伴う引っ越し先として、汎用性のあるFC2ブログを開設しました。↓



移転先の記事【仮仕様】


イメージ 1



前回もご紹介したように、Yahoo! JAPANによる、突然ブログサービスの一方的廃止・打ち切りに伴う移転です。↓

https://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/57018373.html

Yahoo! JAPANによるブログサービス廃止・打ち切りの概要記事はこちらです。↓

https://promo-blog.yahoo.co.jp/close/index.html

Yahoo! JAPANが用意した公式の移転ツールは、アメーバブログ、ライブドアブログ。Seesaaブログ、はてなブログの四つですが、これらの移行ツール及びサービスは12月15日までです。


一方、FC2ブログが独自に用意しているYahoo! JAPANからFC2ブログへ移行するツールは、Yahoo! JAPANブログの編集機能が終了する、


9月1日までしか使用できません。


実際に移行作業をしてみて、その理由が分かりました。


FC2ブログへの移行申請手続きと作業が終わって、移行実行開始をすると、いきなり、

“ブログインポート中にエラーが発生しました。”

↑ のメッセージがメールで送られてきたのです、何事かと思って、よく読むと、Yahoo! JAPANブログ側の「ゲストブック」の「ブログ紹介文」の文章中に、エラーメッセージメールに記載されている『認証キー』をコピペで貼りつける編集作業をすることによって、FC2側が確かに本人が移行を希望しているというチェックをしているようなのです。


それで、さっそく、『認証キー』を「ゲストブック」の「ブログ紹介文」の文章中にコピペ反映させ、メールに表示がされていた、『再処理が開始』のURLをクリックしたら、移行が再実行され、エラーメールが届かなくなりました。

それから約6時間後に『移行完了』の連絡メールが来ました。


つまり、FC2ブログへの移行において、Yahoo! JAPANブログ側の「ゲストブック」の「ブログ紹介文」への『認証キー』記入という“編集作業”が必要なため、Yahoo! JAPANブログの“編集機能”が終了する9月1日以降は使用できなくなるなるようなのです。

=

FC2の説明文には、移行完了まで数日。混んでいる時は一週間かかると書かれてあったので、こんなに早く移行完了できるとは思ってもいませんでした。

ただ、今後はさらに駆け込み移行が増えてくると思われますので、FC2への移行を考えておられる方は、余裕をもってお早目の移行を推奨いたします。


とりあえず、移行されたブログ記事をざっと見てみると、

.灰瓮鵐箸皸豈移行されていますが、冒頭にNo titleの表示が出てコメントしていただいた方の名前の表示が文章の後に小さく表示されているので。少し見にくいのですが、表示されることは、ありがたいことです。

当然、Yahoo! JAPANが用意した移行ツール同様、ゲストブックの移行はできない。

B亞哀螢鵐が有効なのは当然として、自分のYahoo! JAPANブログ記事へのリンク先はYahoo! JAPANブログ記事なので、いちいちFC2のリンク先への編集しなおし作業が必要なこと。特に私のブログの“小保方さんのSTAP関係”の記事は、自分の過去記事への参照リンクが多いので、かなり大変みたいです。


ということで、FC2ブログには不慣れなので、これから試行錯誤とともに、コメントを含めたYahoo! JAPANブログのPDFファイル保存や、FCブログの再編集作業が結構膨大なので、普通にブログが投稿できることのありがたさを実感したところです。


長い間お世話になりました。Yahoo! JAPAN様、そして、なにより私の拙いブログを読んでいただいた方々に感謝いたしますとともに、今後ともFC2ブログ版『アトモス部屋 眼とろん星人のブログ』御愛顧のほどよろしくお願いします。


改めて移転先のFC2ブログ版『アトモス部屋 眼とろん星人のブログ』のURLはこちらです。↓

https://metoronjr7.fc2.net/

本当にありがとうございました。

【ファイルSI 135】 2019.08.05 小保方晴子さんのSTAP細胞について(その130)

偉大なる天才科学者、故笹井芳樹博士の逝去から5年を迎えて。


本日、2019年(令和元年)8月5日をもって、世界のライフサイエンス界を牽引してきた偉大なる天才科学者笹井 芳樹【ささい よしき:1962年(昭和37年)3月5日- 2014年(平成26年)8月5日】博士が亡くなって5年が経ちます。


在りし日の笹井博士。

イメージ 1



翻って、私のブログのSTAP関連記事は前回記事から2年以上が経ちました。↓


【ファイルSI 134】 2017.07.11 小保方晴子さんのSTAP細胞について(その129)

◆ BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送人権委員会がNHKの放映した番組「NHKスペシャル」に関して極刑にあたる小保方さんに対する「人権侵害あった」と勧告を行いました。(臨時稿その5)

https://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/folder/1605449.html

 ↑ 

つまり、NHKは自らも加盟する第三者機関によって、死刑判決ともいえる勧告を受け乍ら、なんらBPOの勧告に従わず、検証も対策も講じず、それどころかBPO勧告に反論する始末。

NHKは、第三者委員会に従わなくてもかまわないという、自らの自浄作用を否定する自殺行為をやったわけです。


では、小保方さんを一方的にES細胞すり替え犯人と決めつけ、論文捏造を行った証拠というものが出てきたかというと、そんなものは全く存在しません。


それどころか、当時世界のライフサイエンス界のトップリーダーであった笹井博士が、

『STAP現象を否定する科学的な反証仮説は現時点で存在しない』

と、記者会見の資料で“科学的”に指摘した事象に対する、有力な反証仮説は今もって存在しません。


とりわけ、STAP細胞は継代増殖せず、継代増殖するSTAP幹細胞どころか、光る胎仔・胎盤のマウスを誘因するFI幹細胞は、若山博士が作成し、光る胎仔・胎盤のマウスはES細胞やiPS細胞では発生せず、これに対する反証仮説は一切存在しないのですが、

2014年12月25日、第三者による「研究論文に関する調査委員会(桂 勲委員長=以下“桂委員会”と記述)」の調査報告書では、光る胎仔・胎盤マウスは『残存ストック無し』で片づけられているのです!

“桂委員会”調査報告書(スライド) P7『表 理研による全ゲノム解析結果』の4行目 (不明)FI幹細胞にちゃんと書いてあります。↓

http://www3.riken.jp/stap/j/h9document6.pdf

さらにSTAP関連試料が多数【ほとんどが小保方さんに有利な試料】逸失しているにもかかわらず。

“桂委員会”は、

調査報告書(全文)(2014年12月26日修正※)P30の“まとめ”において

http://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf

『第一は、本調査により、STAP 細胞が多能性を持つというこの論文の主な結論が否定された問題である。その証拠となるべき STAP 幹細胞、FI 幹細胞、キメラ、テラトーマは、すべて ES 細胞の混入に由来する、あるいはそれで説明できることが科学的な証拠で明らかになった。STAP 論文は、ほぼすべて否定されたと考えて良い。』と結論。

↑ FI 幹細胞は不明株で『残存ストック無し』といけしゃあしゃあと書いておいて、なにが『STAP 論文は、ほぼすべて否定されたと考えて良い』って、“桂委員会”は、正気なのか?

“一検証委員会”に過ぎないものが、科学論文を一方的に裁く権限を持つと考えること自体、科学を愚弄し、常軌を逸しているのです。

何度も言いますが、“科学的真理”は、科学のコミュニティーにおける着実な論争、実験の積み重ねによって、徐々に姿を現していくものなのです。


さらに報告はこう続けます

『これだけ多くの ES 細胞の混入があると、過失というより誰かが故意に混入した疑いを拭えないが、残念ながら、本調査では十分な証拠をもって不正行為があったという結論を出すまでには至らなかった。これは、本調査委員会の能力と権限の限界でもあると考える。』


ES細胞を故意の『悪意」で混入したのが小保方さんと確実な証拠でもって特定されない限り、STAP論文は、小保方さんの不正と断定できるはずが無いのですよ!

そしてそれを証明する責任はまさに、小保方さんを不正研究者呼ばわりした雇用者である理化学研究所と、“桂委員会”側にあるのです。


それなら、理研は被疑者不詳でES細胞の故意の混入で偽計業務妨害の刑事告訴をなすべきなのですが、それもせず、代わりに理化学研究所(理研)の横浜研究所OBの石川智久(としひさ)氏が所管の神戸市の水上警察署に刑事告発し、兵庫県警は受け取らないことにはメディアが面倒なので一応受理しましたが、

検察は捜査の結果、「窃盗事件の発生自体が疑わしく、犯罪の嫌疑が不十分だ」として、2016年5月18日、不起訴にしました。


理研CDB潰しに尽力して圧力をかけたのは、第2次安倍内閣において、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策)で、実質的に中華人民共和国のチベット虐殺、民族浄化を応援した北京オリンピックを支援する議員の会(幹事)だった、


山本 一太 現 群馬県知事!


その日本の科学潰しに大きく貢献した自民党は、所謂『モリカケ』問題において、『やっていないという証明は“悪魔の証明”だ』と開き直ったのには呆れ果てました。

『お前が言うな!』という話です。


“悪魔の証明”というのは正論です。通常、人を嫌疑をかける場合の証明責任、説明責任は嫌疑をかけた側にあるのです。


皆さん、ある日、マスコミに、やってもない事件の犯罪者呼ばわりされて、説明責任を求められて、説明のしようがありますか?、『やってない』としか答えようがありません。だから立証責任はマスコミ側にあるのです。


政治家は公人なので、嫌疑には一定の説明責任はありますが、私人にはそんなものありません。


それでは、小保方さんが研究不正をやっいたという証拠はいまだに出ていないのに、

説明責任という“悪魔の証明”をこともあろうに小保方さんに押し付けたNHK、毎日新聞、日経サイエンスを始めとして屑メディアやインチキ学者や、文化人、評論家、芸能人、それに便乗して圧力をかけた、安倍内閣、とりわけ、当時の山本一太内閣府特命担当大臣。


責任を取ってください。

笹井博士の命を返してください。小保方さんの時間を返してください。


笹井博士が心血を注いで育て上げ、世界的に高い評価を受けていた超一流の研究施設、理研CDB(多細胞システム形成研究センター)は解体され、2018年4月1日より、BDR(生命機能科学研究センター)へ承継。跡形もありません。


これは日本社会が科学を愚弄し、人殺しをした歴史的汚点として永久に歴史に残ります。

【ファイルG89】 2019.07.31 Yahoo!ブログ サービスの一方的廃止・打ち切りについて。

私が何気なく、休眠状態のYahoo!ブログ のMYブログページを覗いたら、下記の赤字の表示が目に飛び込んできてびっくり。

イメージ 1


その概要記事はこちらです。↓

https://promo-blog.yahoo.co.jp/close/index.html

ソフトバンクの子会社Yahoo! JAPANは、突然、メインコンテンツの Yahoo!ブログ サービスの打ち切りを一方的に通告してきました。


どうでもいいネット仕様の改善というか改悪を一方的に繰り返し、挙句の果てに放り出すそうです。



一番の問題は、皆さんからいただいた、貴重なコメントやゲストブック訪問記事が、今回移行可能とされているブログには一切反映しないということです。


いろいろ調べてみたのですが、他ブログへのコメント、ゲストブック移行は一切不可能のようです。


よって、せめてもの皆さんの御好意を無にしないため、コメントを表示した記事や、ゲストブックを私のパソコンにPDFファイルとして保存することにしました。

現時点で今回を含めなくても過去のUP記事は1,378件。

これを一つ一つPDF保存するのは、気が遠くなる作業です。


それで、9月1日をもって、『記事・コメント・トラックバックの投稿および編集機能終了』ということなので、この日までに、引っ越し先の告知記事を本Yahoo!ブログに掲載しなければなりません。


移行可能なブログとしては、

アメーバブログ、ライブドアブログ。Seesaaブログ、はてなブログが指定されています。


それ以外にはFC2ブログにYahoo!ブログ 記事を移行する機能があるようです。↓

https://fc2blogstaff.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

Yahoo!ブログには、これまで他ブログに引っ越すためのデータを吸い上げるエクスポート(バックアップ)機能が存在せず【他ブログには存在している】、他のブログにインポートできないので、一旦Yahoo!ブログ開設すると、容易に引っ越せない仕様にすることによって“利用者の囲い込み”を行ってきました。


それが、いきなり、『ブログを廃止することになった。他ブログへの移行ツールを用意したから、早々に立ち退け!』

というのですから、酷い話です。


とはいえ、四の五の言っても始まりません。

まずは、コメント、トラックバックのPDF保存を始めるのと並行して移転先ブログの検討を始めようと思っています。

それにしても、時間が…!


そもそも『日本最大のポータルサイトYahoo!ジャパンが提供する無料ブログサービス』を誇っていたYahoo!ブログの廃止。

大手のYahoo!ブログがこれなら、他のブログもこのまま存続が可能か?憂慮すべき事態です。


ツイッターやFacebookといった、文章構成力の無い人用のおしゃべりSNSが隆盛を極め、そこそこの論理展開ができるブログが衰退することは由々しき文化的事件です。


引っ越しする人のブログは残るとして、

すでに物故された方の作製した貴重なYahoo!ブログは、これをもって世の中から消滅します。

書籍類については、国会図書館法により、国会図書館に寄贈義務があるので保管され、電子図書についても、保存の話が進んでいると聞いていますが、


そういった商業系の書籍よりずっと貴重な情報をブログによって沢山得た経験を持つ私としては、個人ブログの保存についても、国として何らかの措置を講じる社会的義務があると私は考えます。


というこで、取りあえずの御報告でした。

イメージ 1


 本日、令和元(西暦2019)年5月1日をもちまして令和の御代の新帝陛下が御即位なさいました。
 譲位された平成の御代の先帝陛下におかれましては、度重なる大きな災害の度に、罹災地にお迎え体制の混乱が起きないタイミングを十分配慮されたうえで、罹災者の視線に合わせて励まされるお姿を拝見するにつけ、どれだけ国民が心を一つに勇気づけられたか、その感謝は計り知れません。

 近年は、おみ足の状態が良くないにもかかわらず、相も変わらず、膝を屈して罹災者に思いやりのお声をかけられるのを拝見し、万感胸に迫るとともに、そこまでご無理をなさらなくてもという心配が勝っていたところに、陛下御自身による譲位の御決断。

 責任感の強い先帝陛下のことですから、どれだけ悩まれ、熟慮されたうえでの御決断だったかは想像に余りあります。

 災害の時以外にも、普段の国事行為や、国内外のご公務におかれてご高齢になられるまで、誠実なお人柄で激務を粛々とこなされ、世界に誇れる皇室の姿をお示しになられたことが、どれだけ世界における我が国の評価や信頼を高められたことか。

 それから先帝陛下をずっと御支えになってれてこられた、皇后陛下のご努力も民間から即位なさったということも考え合わせるに、どれだけ陛下のお力になられたでしょう。頭が下がる思いです。

 本日譲位により上皇陛下、上皇后陛下になられて、当面は新帝陛下、同皇后陛下に対するお気遣いもあろうかと存じますが、負担が幾分でも軽減されこれからは、御自身のための御暮しもなさっていただければ、それが国民のささやかな恩返しになろうかと存じます。

 新帝陛下は、還暦前の御即位、大変だと存じますが、徐々に表情に明かりが射してこられた皇后陛下とともに、決してご無理をなさらず、神武帝以来の皇統をお守りいただき、我が国の国体を護持いただければ、どれだけ国民に勇気と発展に貢献なさっていただけることでしょう。
 皇室は、ただ皇統を引き継いでいただくだけで有り難い存在なのですから。

 上皇后陛下も心無いメディア報道で、一時声を失われ、皇后陛下も、ただでさえ精神的負担が大きいお立場であるにもかかわらず、加熱する報道により、神経を酷く痛められました。

 皇室の方々は、御立場上名誉棄損の法廷に立てないどころか、反論もできないのです。それを良いことに、日本の世界最長の至宝であり、国体そのものである皇統を廃絶するという確固たる悪意でもって、さらに下世話で刺激的で心無い虚報で売り上げ収入を増やすという賤しい心根を、国民は断じて許してはなりません。

 少し日本史を勉強すれば、日本は皇室とともに、世界に誇れる歴史を紡いできた国だということに、容易に気が付くことができます。

 現在、日本の国体そのものである男系男子の皇統が断絶の危機にさらされています。今の世代で策を講じなければ、日本の未来はありません。江戸時代に新井白石が閑院宮家を創設したことにより、今の皇室はかろうじて存続しているわけですが、我が国の衆知を結集して日本の将来に禍根を残さないような方策を一刻も早くとることが我々世代の大きな責務です。

 最後に、上皇陛下、同上皇后陛下に感謝するとともに、新帝陛下、同皇后陛下はじめ皇室の、弥栄(いやさか=ますますの繁栄を)祈念いたてしまして、御祝賀の言葉とさせていただきます。

【ファイルG87】 2019.01.01 平成31年新年明けましておめでとうございます。

今年の干支(えと)は、「己亥」です。これは「つちのとい」、または「きがい」だねえ。

新年明けましておめでとうございます。


今年は平成31年。皇紀2679年です。

平成の御代、最後の年です。


この新年のご挨拶が、実に1年ぶりのブログ投稿記事です。


書くことが無かったのではなく、私事でいろいろごたついていた上に、逆に書くごとがありすぎて、途方に暮れていたというのが本当のところです。


小保方さんの研究者としての人生を潰し、笹井芳樹博士という天才科学者を死に至らしめたインチキメディアや自称科学者や理研CDB潰しに加担した安倍自民党内閣、付和雷同した世論は完全に無能の馬脚を現したにもかかわらず、暴走を止めようとしません。

この『落とし前』は、絶対につけてもらうつもりです。


今年の干支(えと)は『己亥【「つちのとい」、または「きがい」】』で、

十干(じゅっかん)が『戊=「つちのと」(土の弟=“陰の土”)』。本義は『“紀”に通じ、分散を防ぐ統制作用。』


十二支(じゅうにし)が『亥(い)』のいのしし年で、“陰の水”。本義は『核かくで、生命の完全な牧蔵ぼくぞう含蓄がんちく』となっています。


つまり、十干(じゅっかん)が『戊=「つちのえ」の“陰の土”の気で、十二支(じゅうにし)が『戌(じゅつ)』のいのしし年で、これは“陰の水”の気なので、

陰陽五行では、相剋(土剋水=土は水を濁す。また、土は水を吸い取り、常にあふれようとする水を堤防や土塁等でせき止める)となり、


その年は、相手を打ち滅ぼして行く、“陰の関係”になるんだって!


これって、足の引っ張り合いじゃないの?うへえ!大変だねえ。


 ちなみに本日は
 西暦だと2019年
 イスラム暦だと1440年
 ユダヤ暦だと5779年
 チベット暦だと2146年です。
 

平成30年は、日銀が異次元の金融緩和の出口を見いだすことができなかったにもかかわらず、年間騰落率では株式が全敗。

それなのに、イザナギ景気以上の好景気滞空期間なのだそうで、デフレが脱却できないまま政府自民党は、消費税率を10%に増税。

影響を緩和させると称して、複雑怪奇なルールのばらまき政策。

この人たちは、それに伴う労力や人件費について考えが至らないのでしょうか?

だったら結果が見えている消費増税なんか最初からやめればいいのに。


世界各国で移民による暴動や、特に女性・子供・お年寄りのような弱者をターゲットにした卑劣極まりない凶悪犯罪が頻発し、警察すら危険で立ち入ることができない無法スラムが次々と出来ているにもかかわらず、政府は実質無制限の移民受け入れ推進。

本来移民は性暴力の危険にさらされる可能性の大きい女性文化人、女性記者、女性アナウンサー等々が声高に反対すべきなのに、どういう訳か移民受け入れ=人権尊重の素敵なブローバル化などと大きな勘違い。

移民の必要性をしたり顔で御教示なさいます。

これってなんの罰ゲーム?

大阪万博は、日本語がしゃべれない移民が家族を呼び入れ居座らせるための方便としか思えません。

日本人は、ドンパチ戦争をしなくても、国を侵略する方法があるという、こんな簡単なことも理解できないのでしょうか?


すでに支那資本の台湾鴻海(ホンハイ)シャープが大量のリストラ。

まず切られるのは移民から、移民は日本人と違い我慢せずに、即刻暴動ですよ。

支那は、すでに経済的に死に体で、その死地に日本人社員を人質として送り込んだカルロス・ゴーン氏は、拘置所の中で越年。あれだけ無茶苦茶なリストラをやっておいて、自分は超高額報酬の上に不正不法利得。

日本の経済評論家の方々は、ルノーには日産の危機を救ってくれた恩があるって、国際金融資本の手前勝手なルール変更、すなわちBIS規制とジャパンプレミア等で日本の銀行に日産を救済する余裕がなかった時に乗っ取りを仕掛けたハゲタカ・ルノーに感謝って、お目出度にも程があるし。


そういった意味で、平成30年は、「日本人の知能が、とても“おめでたい年”」ではありました。

本年はそのツケを払わされる一年になる可能性が濃厚です。

とはいっても、いくら嘆いても、時の流れを止めることはできません。

前を向いて進んでいきましょう。


改めて、明けましておめでとうございます。


旧年中はお世話になりました。

全276ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事