5倍は楽しく生きるために!

行きたい所、食べたいもの、したい事

全体表示

[ リスト ]

近江舞子 N04

近江をまだまだ満喫。
近江牛もまだまだ満喫。
ということで、今度は琵琶湖の東側へ移動。


10月7日

近江牛を求めて

イメージ 1
前日の夕食でも食べたけど、どうしても鉄板で焼いてもらった近江牛のステーキが食べたくて、彦根まで足を伸ばすことに。
琵琶湖を渡る『琵琶湖大橋メロディーロード』は、「琵琶湖周航の歌」のメロディーロード。琵琶湖大橋の滋賀県大津市から守山市方面(西から東)の追い越し車線に設置されていて、普通車1曲200円なり・・・
イメージ 2
近江平野は、近江米の産地。
お宿のお米も近江米で、とても美味しかった。

千成亭 別館 華見

イメージ 3
鉄板焼のお店は、彦根の近江牛専門店『千成亭 別館 華見』さんへ
イメージ 4
古民家を利用したお店。落ち着いた雰囲気。待合室も完備。
イメージ 5
いつも損するんだけど、これはドライバーには×・・・
お肉と一緒にいただけたらどんなに美味しいだろう。
イメージ 6
土・日・祝日の鉄板カウンター特別コースをオーダー。
イメージ 7
サーロインとフィレを分け合うように注文。
イメージ 8
付けあわせの焼野菜。
この日からラインナップに加わった『安納芋』も甘くて美味しい。
近江名物の赤こんにゃくが牛の形に切り抜かれていた。
イメージ 9
見てるだけで楽しくなる。焼きあがるのが、待ち遠しい。
イメージ 10
まずはフィレ。本当に3切れがあっという間なくなった・・・
イメージ 11
続いてサーロイン。完全に釘付けになっていたと思う。シェフにはどのような光景に映っていたんだろうか。
イメージ 12
ここも近江米。ご飯もうまい。
イメージ 13
本当に美味しい。説明の必要はまったく無し。最高の瞬間。
イメージ 20
お肉の筋や脂身を使って、ご飯のお供。
すこしでも捨てずに有効に利用できるように気遣ったシェフのこだわり。
イメージ 14
食後のデザート。本当に美味しかった。彦根まで来た会があったなあ。
イメージ 15
出来てから4年らしいけど、ぴかぴかに保たれている。
イメージ 16
本当においしかったし、落ち着いた良い感じのお店。
鉄板コーナー以外にも座敷もある。中庭もきれいに整えられていた。
是非また訪れてみたいお店だったなあ。
イメージ 17
『護国神社』食べるものも食べたし、ゆっくり帰ろう。
イメージ 18
『彦根城』彦にゃん人気で観光客も一杯だった。
彦にゃんに会うためには、スケジュールをしっかり確認しないと、人気者にはなかなか会えないらしい。
イメージ 19
さすがに3連休で、高速道路は車で一杯。のんびりゆっくり安全運転。

ますます滋賀の奥の深さを感じた

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事