5倍は楽しく生きるために!

行きたい所、食べたいもの、したい事

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2012年11月中旬

11月15日

BEAUJOLAIS NOUVEAU 2012

イメージ 1
今年のボジョレーヌーボーも当然解禁日に頂きました。
毎年同じワインを今年も。あんまり味はわからないけど、その日にそのワインを飲むことに意味がある。ということで・・・


11月19日

フランス旅行準備

イメージ 2
ついに憧れのパリに行くことになり、出発の日。
飛行機が夜なので、朝から旅行の準備のために梅田へ。
イメージ 3
梅田は最近行っていないなあ。
しばらく行かないうちに、どんどん変わってしまった・・・
イメージ 4
阪急百貨店もリニューアル。なんかうろうろするだけで、どっと疲れが出そう。
イメージ 5
お目当てのものを買いにハービス大阪まで
イメージ 6
『地球の歩き方』へ
イメージ 7
すっかり街はクリスマス。

憧れのパリはすぐそこ

開く コメント(0)

わたらせの朝の空気を感じて

イメージ 1
いつものように、朝少し汗を流す。
少し冷たい空気が心地よい。温泉を上から見下ろす。
イメージ 2
朝のお風呂も、最高。泊まった部屋の横にある、家族風呂も無料で入ることが出来る。
イメージ 3
誰にも気兼ねせず、朝ごはんまでのんびりと手足を伸ばすことが出来る。
イメージ 4
部屋に帰って朝ごはんの前に、前日にお夜食に用意してもらっていたおにぎりを食べる。前日は、飲んでたので食べずにそのまま残していたっけ・・・
本当は、前日に食べないといけなかった。

豪華な朝食

イメージ 5
朝食も、食堂に用意されている。
イメージ 6
食欲をそそられる御飯。ついついおかわり。
イメージ 7
朝から暖かいものってありがたい。目の前で焼ける魚と湯豆腐。
イメージ 8
御飯がおいしく感じるお味噌汁と出しまきで、これまたお変わり。
イメージ 9
お粥も選べるが、当然両方選択。
イメージ 10
和歌山のみかんは美味しい。
イメージ 11
食事が終わって、ロビーでコーヒーを一杯。温泉で入れたコーヒーでほっと一息。
のんびりとすごせた1日になりました。

高野龍神スカイライン

イメージ 12
紅葉が見たくて、帰りは海沿いではなく高野龍神スカイラインを抜けていくコースを選択
イメージ 13
道の駅『田辺市龍神ごまさんスカイタワー』で休憩。
天気が良かったら、紅葉のすばらしい景色が見えたのになあ。残念。
イメージ 14
ここには熊野の妖怪『だるだる』が遊びに来ていた。
いいやつか、悪いやつか知らないけど、なんとなく悪いやつではなさそう。記念撮影を1枚。
イメージ 15
紅葉を見るには、最高の時期だったんだろう。
天気がちょっと残念。

高野山〜精進料理〜

イメージ 16
お昼ごはんは、高野山で。
精進料理で有名な『花菱』さんで
イメージ 17
干菓子が置かれていて、高野山のイメージどおり
イメージ 18
茶托もかわいらしい座布団になっている。
イメージ 19
これが精進料理。初めて食べるけど、すごくヘルシーで食べやすい。茄子の田楽が美味しかった。
イメージ 20
デザートのプリンも豆乳で作られていた。干し柿がおいしかった。
イメージ 21
高野山の紅葉も最高潮。もう少しゆっくり見れたら良かったかなあ。観光のお客さんもたくさん来ていた。
イメージ 22
高野山山門。重厚感を感じるなあ。

バンフ

イメージ 23
おやつは、河内長野の『BANFF』さんで。
イメージ 24
秋の味覚、当然『モンブラン』

がんばって体重を元に戻そう・・・

開く コメント(0)

わたらせ温泉でのんびり

イメージ 1
梅干と柚子のお菓子。両方とも、この地方の名産品。
イメージ 2
お風呂には、つり橋を渡って、皮の向こう岸へ。
イメージ 3
大浴場は、5つの大きなお風呂がある。とにかく贅沢なお湯。

お待ちかねの夕食

イメージ 4
夕食は、食堂で頂く。季節の良い11月の週末で、お客さんも一杯。
イメージ 5
食前酒は『紀州南高梅 梅酒』先附『里芋磯まぶし 甘海老ししゃも和え しめじピーナッツ和え』
イメージ 8
凌ぎは『蟹御飯』
イメージ 6
お造り『鮪 鯛 太刀魚の糸造り あしらえ一式』
イメージ 7
このあたりのブランド牛、熊野牛がにらみをきかす。
イメージ 9
日本酒も進む進む・・・
イメージ 10
白ワインも進む進む・・・止まりそうもない
イメージ 15
台物『鮟鱇ちり鍋 白菜 三つ葉 しめじ 白葱 豆腐 もみじ麩』
イメージ 11
焼物『サーモンバターネーズ焼き 串レモン 生姜』
イメージ 12
蒸物『彩り野菜万頭 海老そぼろ庵 三つ葉 柚子』
イメージ 16
陶板焼『熊野牛サーロインステーキ』
満足の局地。最高の気分。美味しい!!
イメージ 14
牛肉には、当然赤ワイン。赤ワインも進む進む・・・
イメージ 13
油物『鮎せんべい 薩摩芋 千社唐 海老姿揚げ じゃが芋巣ごもり』一つ一つが手の込んだ一品
イメージ 17
吸物『鯛の子つみれ 紅葉真丈 香木の芽 芽葱』
香物『白菜漬 しば漬 壬生菜漬』御飯が本当に美味しく感じた
イメージ 18
デザートは『みかんプリン 生クリーム 梨 メロン カラーチョコ』

夢ごこち・・・夢の中・・・飲んだらすぐ寝る・・・

開く コメント(0)

わたらせ温泉 ホテル ささゆり

イメージ 1
わたらせ温泉到着
わたらせ温泉には、ホテルが3つあり、『ホテルささゆり』さんにお世話になることに
イメージ 2
前を横切る川
目の前にかかるつり橋が印象的
イメージ 3
広々としたロビー落ち着いた雰囲気
イメージ 4
お部屋も広くてゆったりした気分
イメージ 5
ロビーで頂くお菓子と暖かいお茶。

熊野古道

イメージ 6
ホテルから、車で送ってもらい熊野古道を散策
イメージ 7
三軒茶屋から熊野本宮までの30分程度のコース。マイナスイオンを感じながら、体が徐々に透き通って行くような気分。
イメージ 8
展望台からの眺め。新宮川沿いの大鳥居が一望。

熊野本宮大社

イメージ 9
熊野古道を歩いていくと、熊野三山の一つ熊野本宮大社の裏手に通じる。
イメージ 10
日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている八咫烏。
イメージ 11
ザックジャパンやなでしこジャパンの選手もここのお守りを持っているとか。
イメージ 12
僕もサッカーをとりあえずやっているので、チームの勝利のために・・・
イメージ 13
お参りの答えは『中吉』。いいことあるんだろう!
イメージ 14
熊野は「人生甦りの地」ともいわれ、今日的に換言すると、いわゆるパワースポット。その中心地が熊野本宮大社らしい。
イメージ 15
熊野古道の展望台から見えていた大鳥居。昔神社はここにあったらしい。
イメージ 16
高さ約34m、幅約42mという巨大さで、日本第一の大鳥居

お待ちかねの温泉と晩ご飯

開く コメント(0)

わたらせ温泉 11月10日

紀ノ川SA じゃばらソフト

イメージ 1
南紀の温泉、わたらせ温泉へ。
わたらせ温泉は、2回目の訪問。阪和自動車道を南下。途中の紀ノ川SAで休憩。
イメージ 2
SAと言えば、ソフトクリーム。
イメージ 3
和歌山県東牟婁郡北山村原産で、同地のみで産する果実『じゃばら』のご当地ソフトクリーム

レストラン 珊瑚礁

イメージ 4
白浜の海辺にある『レストラン 珊瑚礁』でお昼ごはん。
イメージ 5
海辺にあるだけに、海の幸が満載。
イメージ 6
『伊勢海老ランチ』をオーダー
食べる前に、活きた姿を見せてもらう。少しかわいそうだけど、食欲には変えがたい・・・
イメージ 7
白浜のご当地ビール『なぎさビール』
僕は眺めるだけ・・・
イメージ 8
さっきの伊勢えびを、丸ごと一匹。食べごたえ十分。
イメージ 9
伊勢えびの出汁がしっかり出ているお味噌汁も最高のお味
イメージ 10
目の前には南紀白浜のシンボル『円月島(えんげつとう)』
贅沢なお昼ご飯を満喫!!
イメージ 11
お腹も落ち着いて、晩秋の海の眺めもいい感じ

道の駅 熊野古道中辺路

イメージ 12
白浜から山の中へ向かう国道311号沿いの『道の駅 熊野古道中辺路』で休憩
イメージ 13
ここでも『じゃばら』。柑橘系のすっきりした味わいが、サイダーにマッチ。

食いしん坊ツアーの始まり!!

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事