くわの館(*^ ^*)

秘密保護法案の意図が気になるところです

放射線計測@柏

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
プール冷却など9設備停止
東京電力は19日、福島第1原発で停電が発生した問題で、停止したのは1、3、4号機の使用済み燃料プールや共用プールの冷却設備など九つに上ることを明らかにした。停電の原因として、3、4号機の仮設電源盤に何らかの不具合が発生したことが考えられるという。
 東電によると、19日午前10時時点で、停止した9設備のうち、復旧したのは窒素ガス分離装置だけにとどまっている。同社は同日中の全面復旧を目指すとしているが、めどは立っていないという。
 使用済み燃料プールのうち、温度上昇率が最も高いのが4号機で、東電は午前10時時点の値として、30.5度と見積もっている。停電発生前の18日午後4時時点と比べると、5.5度上昇している計算。
 東電はプールの温度を65度以下に抑えるとしており、65度に到達するのは最も早いとみられる4号機で4日程度かかるとしている。
 他のプールの水温は19日午前10時時点で、共用プールが28.6度、1号機プールは17.1度、3号機プールは15.9度。
 東電は代替注水のための消防車などを用意しているとしており、尾野昌之原子力・立地本部長代理は「(注水を)
しようと思えばできるが、必要な場面まで至っていない」と述べた。
**************************************************************
この会見見てましたけどこちらに書かれてる数値も評価値というもので計算して出したもの。
実測値ではないのです。
東電的には3,4号機の仮設電源板(メタクラ)が怪しいと思ってるようですが
高線量なところなので近づけても無い様子(はっきり言ってません。回りくどくいってます)
その仮設メタクラのあるところが3,4号機で開放してる扉近くらしいです(とんでもなく高線量)
現地点では少しは復旧したものもあるようですが一番根本的な原因に多分なってるものは調査中で
解決してません。
発生から18時間。
65度まであとどれだけか実測できてないので判りません。
ちなみに65度にあがるとコンクリが劣化して危険だとか。。。
どうなるんでしょう。

フクイチ 産経の記事

福島第1原発停電 代替設備で冷却可能も…ほど遠い「事故収束」

2013.3.19 01:26 (1/2ページ)原発
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130319/dst13031901280002-n1.jpg
東京電力福島第1原発(左から)1、2、3、4号機。左下矢印が免震重要棟
 東京電力福島第1原発で18日夜発生した停電は、19日未明になっても復旧のメドが立たず、現場は対応に追われた。深刻な事態に発展するには数日間の余裕があり、代替設備による冷却も可能なため、直ちに放射性物質が放出されるような事態には至らないと考えられる。しかし、同原発では昨年6月にも4号機の燃料貯蔵プールで一時冷却が停止、水温が約43度まで上昇するトラブルが起きている。同原発は今も不安定で、事故収束にはほど遠い状況にあることが改めて示された。
 東電によると、停電前の18日午後4時時点の各プールの温度は、1号機が約16度▽3号機が約13・7度▽4号機が約25度▽共用プールが約25・2度。東電は安全確保のため、プールを65度以下に管理するよう目標値を設定しているが、65度に到達するまでに、1号は27日、3号は14日、4号は4〜5日、共用プールは7日間の余裕がある。
2013.3.19 01:26 (2/2ページ)原発
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130319/dst13031901280002-n1.jpg
東京電力福島第1原発(左から)1、2、3、4号機。左下矢印が免震重要棟
 一時は免震重要棟も停電したが、その後復旧。しかし、原因を特定しないで無理に電流を流すと、再び停電が発生して他の機器にまで悪影響が及ぶ可能性があるため、東電では、停電が発生した場所に電流を流しているケーブルや電気を分配する装置などを中心に、問題点を調べている。ただ、「原因特定にかかる時間は未定」という。
 このまま冷却が止まった状態が続けば最悪の場合、水温が100度を超えプールの水は蒸発、燃料溶融の可能性が出てくる。しかし、対応策はまだ複数残されている。
 東電によると、プールの冷却が2日以上停止するような状況になれば、非常時に備えて用意されている注水施設を使い、消防ポンプ車などで冷却を開始することになっているという。
 この方法が使えない場合も、福島第1原発の敷地内には、原発事故直後にプールに注水を行ったコンクリートポンプ車が数台待機しており、プール上部から注水することも可能だ。東電の担当者は「今すぐ燃料貯蔵プールの中の水が失われるような状況ではないが、早急に原因を特定して冷却を再開したい」と話している。
************************************************************
早く冷却装置復旧してほしいですが・・・
本日10時に東電の記者会見があるようなのでそれから情報が入ってくるかな
 
 
 
 

福島第一原発で停電 冷却システム止まる
3月18日 23時1分

東京電力福島第一原子力発電所で、18日午後7時前、停電が発生し、1号機と3号機、それに4号機の使用済み燃料プールで、核燃料を冷やすシステムが止まっていて、東京電力が原因を調べています。
18日午後7時前、福島第一原発の事故の収束作業の拠点となっている免震重要棟で瞬間的に停電が発生し、東京電力が調べた結果、敷地内にある電源設備の一部が停止していることが分かりました。
1号機から3号機での原子炉への注水に影響はないということですが、1号機と3号機、それに4号機の使用済み燃料プールで核燃料を冷やすシステムが止まっています。
1号機と3号機、4号機の使用済み燃料プールでは、水温が18日午後4時現在で13.7度から25度となっていて、温度の上昇は1時間当たり0.1度から0.3度程度で、東京電力の社内の規定で定めている65度を超えるまでに4日程度と見込まれています。
東京電力は原因を調べていて、原因が特定されしだい使用済み燃料プールの冷却システムの復旧作業に入ることにしています。
国の原子力規制庁によりますと、電源設備のうち、高圧の配電盤につながるケーブルの付近でトラブルがあったということです。
このトラブルで、原発の周辺に設置されている放射線の値を測定するモニタリングポストの値に変化はないということです。
東京電力は発表が遅れたことについて「設備の状況を確認したうえで取りまとめて発表しようとしていたが、確認に時間がかかってしまった。大変申し訳ない」と話しています。
 
*****************************************
結構ヤバいニュースと思うのになんであまりニュースも流さないんだろう。。。
 

福島第一原発で停電、冷却・除染装置が停止

読売新聞 3月18日(月)22時27分配信
 東京電力によると、18日午後7時頃、福島第一原子力発電所で停電が発生した。

 事故対応の指揮所である免震重要棟はすぐに電源が回復したが、1、3、4号機の使用済み燃料プールの冷却装置と汚染水の除染装置「キュリオン」は同日午後10時現在、停止している。使用済み燃料プールの温度は25度程度で、当面、過熱の危険はない。原発周辺の放射線にも変動はない。

 東電と原子力規制庁が原因を調査中。
 
 
********************************************
心配ですね
冷却装置が停止

<福島第1原発>ベント前 放射性物質が10キロ圏に拡散

毎日新聞 2月22日(金)2時31分配信
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg08LXQ1B.ghlyIoriKfdfZw---x166-y200-q90/amd/20130222-00000013-mai-000-3-view.jpg
2011年3月12日の福島第1原発周辺で観測された空間放射線量推移
 東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で、11年3月12日に1号機格納容器の水蒸気を外部に放出する「ベント」を始める約5時間前から、放射性物質が約10キロ圏に拡散していたことがわかった。福島県の放射線モニタリングポストに蓄積されていた観測データの解析で判明した。放射線量が通常の700倍超に達していた地点もあり、避難前の住民が高線量にさらされていた実態が初めて裏づけられた。

【発見されたデータは】福島第1原発ベント前 放射性物質の拡散 データは放置

 県が原発周辺に設置していたモニタリングポストは25基。5基が津波で流され、20基は地震による電源喪失でデータ送信できず、事故当時、住民の避難に活用することはできなかった。県は昨年9月下旬までに20基の蓄積データを回収し解析。県のホームページに解析結果を掲載し、関係自治体に連絡した。しかし、ベント前に放射性物質が拡散していたことは周知されておらず、国会と政府の原発事故調査委員会も把握していなかった。

 最初のベントは3月12日午前10時17分に試みられ、4回目の同日午後2時半ごろに「成功した」とされる。しかし、観測データによると、主に双葉町の▽郡山地区▽山田地区▽上羽鳥地区▽新山地区−−の4地点でベント前に放射線量が上昇していた。震災前の線量は毎時0.04〜0.05マイクロシーベルトだったが、原発の北2.5キロの郡山地区では3月12日午前5時に0.48マイクロシーベルト、同6時に2.94マイクロシーベルトと上昇。さらにベント開始約1時間前の同9時には7.8マイクロシーベルトになった。西5.5キロの山田地区ではベント直前の同10時に32.47マイクロシーベルトと通常の約720倍を記録した。

 国の平時の被ばく許容線量は毎時に換算すると0.23マイクロシーベルトで、各地で瞬間的に上回ったことになる。数値の変動は風向きの変化によるとみられる。国会事故調の最終報告書などによると、1号機では11日夜から12日未明にかけて、全電源喪失を原因として炉心溶融(メルトダウン)が発生。圧力容器などが損傷し、放射性物質が外部に漏出したと推定されている。

 当時、住民への避難指示は、県が11日午後8時50分に2キロ圏▽国が同9時23分に3キロ圏▽ベントを前提に国が12日午前5時44分に10キロ圏−−に拡大。だが10キロ圏内の住民(約5万人)の多くが圏外へ避難を始めたのは12日午前8時ごろとされ、放射性物質が広範囲に拡散し始めたのは、4回目のベントとその後の同日午後3時36分の原子炉建屋の水素爆発によるものとみられていた。4回目のベントの約30分後には、原発の北西6キロの上羽鳥地区で線量が1591マイクロシーベルトに急上昇している。

 ベント前に観測された線量は、1時間浴びたとしても胸部X線検診1回分を下回る。放射線防護に詳しい野口邦和・日大歯学部准教授は「ただちに健康に影響する線量ではない」としながらも、「どのように放射性物質が拡散し、住民がどのくらいの線量を浴びたのかは検証されなければならない」と指摘した。【神保圭作、栗田慎一】

 ◇避難指示が出る前に放射性物質の拡散が始まる

 東京電力福島第1原発事故で、国の10キロ圏避難指示が出る前に放射性物質の拡散が始まっていたことが県の解析データで判明したが、当時、周辺で暮らしていた住民はその事実を知らず、避難もしていなかった。東日本大震災で福島第1原発周辺のモニタリングポストが電源を失い、機能不全に陥っていたためだ。これは住民放射線防護の根幹に関わる重大な問題だ。

 福島第1原発事故ではモニタリングポストのほか、事故対応に当たるオフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)やSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測システム)も活用できなかった。これらの事実は、従来の備えでは深刻な原発事故に対処できないことを示している。

 モニタリングに関しては、国の原子力規制委員会で事業者や自治体を交えた議論が進む。その会議に参加した福島県の担当者は積極的な発言はせず、司会者から促されて、事故時にモニタリングポストが使えなかったことなどを伝えるだけだった。

 だが、観測データを住民避難に生かせなかった失敗を福島県が重く受け止めているのであれば、モニタリングポストの電源や通信手段の多重化を図るよう、原発のある他の自治体に提言することもできるはずだ。

 「同じ事故を二度と起こしてはならない」と主張する福島県は、自らの事故対応を再検証し、国が新たに作る「原子力災害対策指針」策定の中心となり改善を求めていくべきだ。【神保圭作】
********************************************************************
お久しぶりです(^^;)
結構踏み込んだ記事だなと感じました。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事