くわの館(*^ ^*)

秘密保護法案の意図が気になるところです

放射線計測@柏

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
新党「日本未来の党」を結成する滋賀県の嘉田(かだ)由紀子知事は二十八日午前、自らが掲げる「卒原発」について「できるだけ速やかに(原発を)ゼロにする。見通しとして二〇二二年を考えている」と、十年後の脱原発実現を目指す考えを示した。TBSの報道番組で語った。
 嘉田氏はテレビ出演後に県庁で、衆院選には百人規模の候補者の擁立を図る考えを表明した。
 卒原発の具体的な対応について、嘉田氏はTBS番組で「ドイツは十年後をめどに動いている。ドイツ並みの卒原発プログラムをつくる」と説明。期限を設けることは「脱原発という言葉では今すぐか、二、三十年後か分からない。(原発依存から)卒業するための条件として時間感覚を入れる」と述べた。
 嘉田氏は高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について「危険であり、滋賀県や関西のためにすぐ止めていただきたい。もんじゅは不合理だ」と主張した。
 日本未来の党は同日中に新党結成を総務相に届け出る。党本部は都内に置く。
 
*******************************************
今度の選挙で原発だけ焦点にするとここが一番無難っぽいですよね。
民主はこのどさくさで韓国にまたスワップしようとしてるし
自民はいい人も個人ではいるものの政党としては原発を推進してきた政党
共産・社民系は原発だけならいいんですがうーん。。。
小沢さんは震災の時に避難してたくらいなので本人は多分原発の怖さも分かってる筈。
今もドイツ並の原発廃炉へというようなことを言ってますよね。
今いるところは日本で唯一動いてる大飯の近くなんで本当に止めて貰いたい。
ついでに動いてない原発はもっと近所にもう一つあります。。。
 
東京電力は28日、福島第1原発3号機原子炉建屋1階の北東エリアにロボットを投入し、放射線量を測定したところ、床表面付近で毎時最高4780ミリシーベルトに上ったと発表した。昨年11月にほぼ同じ場所の線量を計測した際は同1300ミリシーベルトだった。
 東電によると、調査は27日に実施。ロボット2台を入れ、約1時間40分にわたり、線量の測定や状況確認を行った。東電社員や協力企業の作業員計12人で調査を行い、最大の被ばく線量だった人は0.52ミリシーベルトだったという。(2012/11/28-20:08)
 
 
**********************************************
凄すぎる数値出てますね
作業した日には確実に死人が出ます。
どうやって廃炉にするんだか
 
福島県は27日、福島第1原発事故後の新たな県づくりの方針となる県総合計画「ふくしま新生プラン」(2013〜2020年度)を発表した。仮設住宅や県外で避難生活する人を20年度までにゼロにする指標などを盛り込んだ。12月4日開会の県議会12月定例会で同意を得て正式決定する。
 県によると、現在も県内約10万人、県外約5万9000人の避難者がいる。計画は、県外への定住者や災害公営住宅の入居者を除き、県内外で仮住まいする避難状態の解消を目指す。
 県が掲げる脱原発依存を進めるため、再生可能エネルギーの導入量を20年度には1次エネルギー全体の40.2%以上とする指標も設けた。
 原発事故後に続く県外流出に歯止めをかけるため、人口減少対策を重点プロジェクトに加えた。計画では現在約196万人の県人口は最悪の場合、40年に約123万人に落ち込むと試算する。
 佐藤雄平知事は記者会見で「若い世代が夢や希望を持てる『新生福島』を目指す」と話した。
 
************************************
福島県知事は相変わらずですね
既に福島での高線量の地区では(柏が超可愛いと思えるレベル)甲状腺が素人目に見ても
大幅に膨れてる人もいます。
(貼ってませんが写真出てます。私がみたのはおじさんですが握りこぶしくらいは腫れ上がってました。。。)
それなのに人口減ゼロにしたいって。。。。。。。。。。
現実見てない鬼畜過ぎるおバカさんに思えるんですが
 
東京電力は、福島第1原発3号機から使用済み燃料を取り出す準備を本格化し始めた。燃料貯蔵プールに誤って鉄骨を落下させた教訓から、遠隔操作によるクレーン作業訓練を今月中にも開始。放射性物質の拡散を防ぐため、原子炉建屋に1500トンの鉄骨カバーを設置する計画もある。1〜6の各号機のプールに保管されている燃料は5千体以上。全部を取り出すには10年以上かかる長い道のりだ。
 高熱を帯びた使用済み燃料などは、建屋の上部にあるプールに冷却用の水で満たされている。しかし再び震災が起きてプールが損傷する可能性も否定できず、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「早く降ろして、乾式キャスク(金属製の容器)に移すべきだ」と危険性を指摘してきた。
 3号機のプールには事故のがれきが積もり、水素爆発による建屋の大破で燃料交換機(長さ約10メートル、重さ約30トン)も水没。今年9月には、クレーンでがれき撤去中に鉄骨(長さ約7メートル、重さ約470キロ)を落下させており、規制委は今月20日、「プールの冷却水を喪失した場合を踏まえ、不測の事態に十分備えておくこと」と指示した。
 
*******************************************
10年で済むでしょうか。。。
 
 原子力規制委員会が、原子力発電所敷地内の破砕帯(断層)が活断層かどうかを確認するため国内6原発で進めている調査について、田中俊一委員長は28日の定例記者会見で、電源開発が青森県に建設中の大間原発も新たな対象になるとの見通しを示した。

 同原発を巡っては、一部の専門家が敷地内に10万年前以降に繰り返し動いた活断層が存在する可能性を指摘している。田中氏は大間原発を調査対象とするかどうかについて「いずれ、そういうことになる」と語り、「下北半島全体に色々な断層がある。疑念が生じないよう、きちっと調査する」と話した。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事