ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
さよなら201系H4編成の笹子ツアーで訪れた 笹子トレーニングセンター 2010.5.8
5月8日(土)に参加したツアーで見学させてもらった笹子駅の横にある、JR東日本のトレーニングセンター。このトレーニングセンターは、技術力向上や新人教育などに寄与することを目的に、それまで保線、信号通信部門の訓練センターであったものを、土木、建築、電力部門も含めて訓練設備を充実させたほか、研修棟の整備を行い、設備部門の総合訓練施設として生まれ変わったものだそうです。
この施設は、笹子駅に隣接しています。笹子駅は笹子峠にかかる駅で、単線時代はスイッチバック駅だったそうです。昭和41年12月12日の複線化に伴う工事で線路改良され、スイッチバックはなくなり、線間に現在のホームが建設されました。スイッチバック時代の駅跡地にこの設備が作られたという事です。(※ここまでの文章は、いただいた資料をほぼそのまま載せました。)

普段は一般公開していないこの施設を見学できる、貴重な経験をしてきました。

簡単に、このトレーニング施設の紹介をします。
イメージ 5
入り口脇には、歓迎の横断幕。
このような訓練施設なので、少々堅苦しい雰囲気なのかな?と思っていましたが・・・。
歓迎の言葉を見ると、少し親近感が湧いてきました。
客へのサービス精神は、このような施設でも忘れてはいませんね。企業の姿勢が伺えます。





イメージ 2
入り口を入ってすぐの所に、トロリー線の太さを検測するための高所作業車(軌陸車)が止まっていました。この車は、DMVのように、踏切から線路に入線し、鉄輪で線路上を走行。写真はありませんが、ある機械を使って、トロリー線の太さを検測するそうです。銅でできているトロリー線。堅いパンタグラフとの摩擦で、削れていくわけですが、通常で太さ12mmだったかな?10mmが限界値で、これ以下になると、交換をするそうです。作業車についているパンタグラフは、通電させて走るためのものではなく、感電防止のためのものだそうです。
イメージ 3
↑これは、「レールスター」。災害時などに、レール上をこれで移動するそうです。四六時中災害が起きている訳ではないので、そんなには、使用されることはないそうです。これには乗車できたので、乗ってみました。レール上を走るゴーカートのような感じでした。


イメージ 8      イメージ 4
■トンネル断面測定器。レーザーポインターで、トンネル内の建築限界からの余裕量をチェックするものです。中央線のトンネルは、明治時代頃につくられたものがそのまま使われており、老朽化が進んでいる事とともに、狭小トンネルが多いこともあり、列車が安全に運行できるように、このような検査
が行われているそうです。
イメージ 6イメージ 7
奥の高所作業車に乗って行っている検査は、トンネル内部のレンガをハンマーで叩き、空洞の有無を確認する作業をしています。これは、機械ではなく人間の手によって検査されているそうです。これには、熟練した感覚が必要になるそうです。

ちなみに、この模擬トンネルの壁面にはE233のイラストが貼付けられていました。行き先は「ササトレ」!





イメージ 9
トンネルの前に止まっている車両・・・。
レール敷設の際に使用するとか・・・。詳しい話は忘れていまいました。(ごめんなさい。)

この車両・・・昭和27年製とかって書いてあったような気がします。
  




イメージ 10 イメージ 11
レーザを当てて、線路からホームまでの高さと、車両とホームの離れを測定する装置だそうです。このような測定をしているからこそ、毎日安全に運行されている訳ですね。


イメージ 12
 イメージ 13
線路下の空洞を発見するための装置。線路上を手で押して、地中の空洞をモニタリングしながら、確認していく。


イメージ 14 イメージ 15
■緊急時のレスキュー車
右が保線、左が電力関係のレスキュー車。ここでは、保線の仕方の話をじっくりと聞きました。
何度か見た事がある家の目の前で行われている、深夜の保線作業。どんな意味があって、どんなことをやっているのかの謎が解けました。

最後に・・・。

イメージ 16
軌道資材(線路・枕木や保線の道具などを見学)
同じ中央線でも、高尾以東と高尾以西でも、使用されているレールが違うと初めて知りました。

この写真のレールは、右がキングオブレールと呼ばれている、60kレール(60kとは1mで60kgのレールという意味。)左は、日本で初の鉄道(新橋〜横浜間)で使用されていたレール。最新のレールと、日本最古のレールの並びです。


これで、見学は終了・・・。

このあと、普電に乗って大月へ・・・。
笹子のホームに入って、ふとトレーニングセンターの方を見ていると、


イメージ 17
施設の方々がお見送り・・・。
列車が走り出すと皆さんが手を振って、見送ってくれました。入り口の横断幕と、最後の手厚いお見送り・・・。
裏方の仕事しているとは言え、素晴らしい精神だと思います。普段は見る事の出来ない「笹子設備トレーニングセンター」。見学をしたおかげで、いくつかの新たな発見がありました。

センターのみなさん、ありがとうございました。
楽しい一日でした!




  • おはようございます!

    一般公開されないのが不思議なくらい立派な施設なんですね!!


    壁のイラストが、115系とかじゃなくてE233なのも親近感が沸きますね(笑

    [ ダッチ ]

    2010/5/10(月) 午前 8:49

    返信する
  • ダッチさん。
    近所の学校の社会科見学かなんかで、公開したら子供たちも喜ぶのでは?と思いました。

    岩鐵

    2010/5/10(月) 午後 3:08

    返信する
  • 顔アイコン

    岩鉄さん、お久しぶりです。笹子へ行かれたのですか?実は笹子まで行ったのですけど、施設に入れませんた。(参加者ではないので)でも201系の笹子入線シーンはばっちりです。あとでお見せしますのでしばらくお待ちください。

    [ てつまさ ]

    2010/5/10(月) 午後 10:52

    返信する
  • 伊川さん。お久しぶりですね!
    笹子にいらっしゃっていたんですか!
    笹子の入線シーン・・・楽しみにしていますね!

    岩鐵

    2010/5/10(月) 午後 11:20

    返信する
  • 当たったんですか。羨ましいです。
    中はこんな感じなんですか…貴重な体験ができてよかったですね。
    しかし233の「ササトレ」はおもしろいwww

    [ レールくん[移転しました] ]

    2010/5/11(火) 午後 1:34

    返信する
  • レールくんさん。
    ラッキーにも当たりました。
    普段見られるものではなかったので、良かったです。

    岩鐵

    2010/5/11(火) 午後 5:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事